全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

掲示板

[スレッド表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

お名前

メールアドレス

タイトル

本文

URL

添付File

暗証キー
(英数字で8文字以内)

画像認証
(右画像の数字を入力) 投稿キー

  

No.900手話はなぜ必要か?〜言語は認識を深める 投稿者:きいじい(掲示板管理者) ...2017/03/02(Thu) 17:22

この問いへの応えはいくつかありますが、ここでは、1歳頃に言語をもつともたないのとでは、ものごとを認識する力が違ってくるという点からその理由を書きたいと思います。
 
 まず、次のような実験があります。周りの大人のことばを少しずつ理解しはじめた頃の10か月の赤ちゃんを対象とした実験です(添付ファイル参照)。
舞台の上を玩具のあひる(赤ちゃんはまだ「あひる」ということばを知りません)が左から右に動いていきます。途中に衝立があって、左から入ったあひるは、衝立の後ろを通って右端から出ていくように見えます(これは実験者が手で動かしているのですが)。次に、同じあひるが右から入って衝立の向こう側を歩いて左端から出ていくように見えます。

 この時、赤ちゃんはあひるが何匹いると思っているでしょうか? 同じように見えるあひるでも似ているだけかもしれないので、2匹という答えもあり得ますが、赤ちゃんは、連続して動いていくものは一つと認識することがわかっているのでこの場合、赤ちゃんは、「あひるは1匹だ」と思います(赤ちゃんは3つくらいまでの数は直感的に理解できるようです)。
 
 次に、隙間のある二つの衝立のある舞台の上を、さきほどと同じように左端からあひるが通っていきます(添付ファイル1参照)。そして、左の衝立から入ったあひるは右の衝立の右端から出てきます。ところが、衝立の隙間からあひるが歩いていく姿は見えなかったのです(同じあひるなら通って行くのが見えるはずです)。
 今度は、右の衝立の右端から同じアヒルがはいっていきます、先ほどと同じように隙間からあひるは見えず、左の衝立の左端からあひるが出てきます。この場合、赤ちゃんはあひるが何匹いると思っているのでしょうか? 衝立の隙間を通っていく姿は見えなかったので、同じあひるのように見えても実は違うあひるだとわかるのです。あひるは2匹いると10か月の赤ちゃんは推論できるのです。
 つまり、赤ちゃんは動きの時間的な連続性と空間的な連続性を手掛かりに、いくつのものがあるのかが理解できるのです。
 さてここまでは、言語は関係ありません。言語があるかないかに関わらずこのような認識は可能です。
 
 さて、次の実験は言語が関係してきます(添付ファイル2参照)。
 今度は2つのもの(あひると犬)が登場します(赤ちゃんは「いぬ」ということばもまだ知りません)。
最初の実験と同じように、左からあひるが入りますが、右から出てくるのは犬です。そして今度は犬が右から入って、左から出てくるのはあひるです。私たち大人は当然、玩具のあひると玩具の犬は別々に動いているはずだと思います。赤ちゃんはどう思うでしょうか? 

この一連の動きを見せた後、衝立を取り払います。そこにはあひると犬のおもちゃがなければならないはずです。もし、そこにあひるか犬のどちらかしかなければ、赤ちゃんは驚くはずです。ところが、1個のおもちゃしかなくても赤ちゃんは驚かないのです(赤ちゃんは自分の予想と違うと驚きをじーっと見つめる反応で表現します)。

これは何を意味しているのでしょうか? ことばを知らない段階の赤ちゃんは、モノがどんなに見かけ上違っていても、それは関係なく、時間・空間上の動きが連続しているか否かによってだけ、モノが同一のモノかどうかを決めているのです。10か月であればあひると犬の見かけ上の違いは赤ちゃんにもわかっています。
しかし、見かけ上の違いではなく、動きの連続性で赤ちゃんはそれが同じモノかどうかを判断しているのです。

そこで、今の実験に「ことば」を加えます。あひるが登場した時は「見て、あひるだね」と、犬が出てきたときは「ほら、犬だよ」などとそのものの名前を言います。そうすると、そのものの名前が初めてきく名前であっても、赤ちゃんはあひると犬がちゃんと別々のモノであると理解し、二つの違ったモノが衝立の後ろで動いているとわかるのです。つまり、見た目ではなく、ことばが同じか違うかを頼りに赤ちゃんは、同一のモノか違うモノかを決めているわけです。
このことから、1歳前の赤ちゃんでも、言葉があるかないかで、ものごとの認識の仕方・深まり方が変わるのだということがわかります。ことばが認識を育てるのです。

これまでの聴覚障害教育の中で、きこえない子は「9歳の壁が越えられない」と言われてきましたが、それは結局、発達の初期から言語をもたなかったことが影響しているのではないかと私は考えています。言語がなければ認識が深まらない。言語は一歳から持つ必要があることはこの赤ちゃんの実験からも明らかです。
聞こえない子にはまだこの実験をしたことはありませんが、手話という言語を使って、一度、「手話(言語)が赤ちゃん(子ども)の認識(思考)を育てる」ということを確かめてみたいと思っています。

あひるは何匹? - きいじい(掲示板管理者)   2017/03/02(Thu) 17:30 No.901
添付ファイル1

次は、隙間のある衝立が2つ。その後ろをあひるが通っていきます。左から右へ。ところが、隙間からあひるは通って行ったようには見えない。にもかかわらず右の衝立から同じかたちのあひるが出てきます。
 同様に右から左へ。さて、あひるは何匹?

あひると犬が登場。さて、赤ちゃんは? - きいじい(掲示板管理者)   2017/03/02(Thu) 17:35 No.902
添付ファイル2

動き方は最初の実験と同じですが、ここではあひると犬が登場します。見た目で違うモノだということは赤ちゃんはわかっています。ところが・・・

No.898手話からスタートして日本語はいつ? 投稿者:きいじい(掲示板管理者) ...2017/02/19(Sun) 22:43

以前に、きこえない子の言語獲得は手話からスタートするほうがメリットが大きいと書きました。では、日本語の獲得はどのような過程をとるのでしょうか? 本当に大丈夫でしょうか?
 
 手話獲得後の日本語獲得は、大きく分けて2つのタイプに分かれます。一つは前にも書きましたが(本掲示板NO828)、聴覚活用と発語を通して音声言語で日本語を獲得するタイプです。これは中等度難聴の子どもや90デシベル台の高度難聴の子たちに多いです。もちろん、100dB台でも口話併用の手話を使い、家庭が音声に意識的であれば、それは可能です。例えば以下のような例です(育児記録より)。

事例1(1歳7か月)100dB
「のどが渇くと、手をグーにして口に当てて飲むサインをするが、その度に『お茶ほしいの?お茶飲むの?ちょうだいなのー?』と問い掛けていたら、『おちゃー』とたまに言うようになった。二階に行きたい時は『うえー』と言うようになった。毎日のように踏切に電車を見に行くが、最近両手の人差し指を使って踏み切りのまねをするようになった。『シュー』と閉まる音つきなのがおもしろい。」

 また、音声で発語することばは、ほとんどが手話ですでに獲得された語ですから、一度、手話で意味・概念を獲得した語を音声日本語でもう一度獲得しなおしているということもできるでしょう(言語の二重符号化)。
 ただ、音声言語が出てくる時期は、1歳代の半ば以降が多いので、まだまだこの時期に「あ」「か」「い」といった日本語の音韻(音節)一つ一つが区別されているわけではありません。音韻意識が出てくるのは、きこえる子でも通常は4歳以降と言われていて、その頃になると『しりとり遊び』(語尾を取り出せる)ができたり『あのつく言葉さがし』(語頭が取り出せる)ができるようになります。こうした音韻意識が持てることは読み書きにはとても大切なことです。

 では、聴力が厳しく、音声言語からではなく、指文字や文字から日本語獲得するタイプの子たちは、いつごろから獲得が始まるのでしょうか? この子たちの聴力は100dBとか110dB以上といった子どもが多いです。こうしたタイプの子たちは、手話を身につけ、人の名前など限定されたものに指文字を「手話的に」使うようになるのが2歳代の前半あたり、さらに、例えば「電車」が自分の知っている手話という言語とは別の言語(指文字や文字で『でんしゃ』と表せる視覚日本語)であらわせることに気づき(メタ言語認知)、そのことに興味・関心をもち、指文字や文字でさかんに尋ねたり、自分で表現しようとする時期が3歳頃にあります。例えば以下のような例です。

 事例2(2歳10か月)100dB
「学校の帰りにYが上を見上げて、『さくら』の指文字をしていた。ちょっと曖昧でしたが・・下の方にあったツツジを見て、『さくら』とやるので『ちがうよ。これはつつじ』と返すと、何度も繰り返して指さして『さくら』『つつじ』の指文字を私にやらせていた。」

 それでは、指文字や文字で音韻が分解できるのはいつ頃でしょうか? 音声での音韻(音節)分解は平均的には4歳なのですが、指文字や文字で視覚的に日本語を習得している子は、意外に早いのではないかと感じています。例えば、以下のような例です。

 事例3(3歳0か月)100dB
「A子が指文字表の「ろ」を指して「ケロのろ」、「め」を指して「ヤメピ(ケロとバムシリーズのキャラクター)のめ」、「こ」を指して「B子、C子のこ」と言っていた。“指文字ブーム到来!」

 日々、指文字や文字で視覚的に日本語の単語を見ているA子は、一つ一つの音韻(音節)の“ならび”によって単語が構成されていることに気づいたのでしょう。音韻分解を自分でやったわけです。濁音や半濁音などどこまでちゃんと音韻分解ができていたのかわかりませんが、もしかしたらこの年齢の頃に文字を紙に書いて『しりとり遊び』をしたり、指文字で『あのつくことばさがし』をしてみたら、意外とできたかもしれません。いつか機会があったら指文字や文字の獲得時期と関連して調べてみたいものです。

No.889語彙力を伸ばす絵本の読み聞かせ方 投稿者:きいじい(掲示板管理者) ...2017/02/12(Sun) 13:25

 親の子どもへの関わり方は、幼児期や小学校になってからの語彙力や学力にどう関係しているのかを調査した研究があります。その中で、絵本を母親に読んでもらい、その読み聞かせ方の違いがどう子どもの語彙力などに反映していくのかということが検討されています。(『しつけスタイルは学力基盤力の形成に影響するか』2012,浜野隆、内田伸子)
 
 今日は、その具体的な事例がについて紹介してみます。取り上げている絵本は『きつねのおきゃくさま』(あまんきみこ)。これは小2国語(教育出版)でも取り上げられています(添付ファイル参照)。
 あらすじは、お腹をすかせて歩いていた一匹のきつねが、痩せたひよこに出会います。きつねはそのひよこをすぐに食べるのではなく、「ふとらせてからたべよう」と決め、家に連れて帰ります。しかし、ひよこの「きつねおにいちゃん」という呼びかけに対して、きつねの心は揺らぎ、ひよこを大切に育てます。同じ様にきつねは、あひるとうさぎも育てることになります。ひよこ、あひる、うさぎが順調に「ふとってきた」頃、くろくも山からおおかみがやってきます。きつねは3匹を守ろうと勇敢に戦い、おおかみを追い払います。しかし、その夜、きつねは恥ずかしそうに笑って死んでいきます。
 
 この話をそれぞれタイプの異なるお母さんに、わが子に読み聞かせてもらいます。
まず最初のタイプの親の読み聞かせは以下のようです。Mは母、Cは子どもです。

タイプ1
 M 読み聞かせ終了後:分かった?(Cを見る)
M きつねさん,ほんとはどうしたかったんだっけ?(Cを見る)
C 食べたかった(Mを見て,小さな声で)
Mだけど,その前に戦って(ページに戻す)死んじゃったんだって。ほら。(Cを見る)
C なんで戦って?(Mを見て,小さな声で)
Mんとね(その前のページに戻す),おおかみって,きつねより全然大きいでしょ。
C うん(絵を見ている)
Mだから強いの。見て(おおかみを指さして),だって,こんな牙だってすごいんだよ,爪だって。
C ちょっと生えてる(きつねの爪を指さす)
Mえ,でも、だってこんなにすごいんだよ(おおかみの爪を指さしてCを見る)
C (黙る)

 もう一つのタイプの親の例は、以下のようです。
タイプ2
M きつねさん、死んじゃった(Cを見る)
C (Mと目を見合わせて悲しそうな顔をする)
M みんなを守るためにね…ゆうきりんりんで戦ったから
C (ページを戻して3ページ前からもう一度見ていく)
Mどうしてどうして? きつねさん、こんなぼろぼろになって死んじゃった
C (Mと一緒にページを持ってめくる)

 これら二つのタイプの違う親の読み聞かせについて研究ではこう解説されています。
「最初の例は、物語の余韻にひたる間もなく、母親がお話に対する理解を問うような質問を投げかける場面である。そして、子どもからの質問に対しては、説得的に説明している様子が見られる。子どもの「ちょっと生えている」というささやかな反論も、母親は自分の考えを押して、子どもを黙らせてしまう様子が見られる。」
 
 これに対して二番目の例ではこう解説されています。
「この事例は、子どもが、主人公のきつねが死んでしまうという、予想もしていなかった出来事に直面した場面のものである。母親が、子どもの驚きや悲しみの気持ちを受け止め、共感していることが窺える。そして、答えを明示してしまうのではなく、子どもが納得して次へ進むまで、十分に考える時間を与え、共感的に待つ様子が見られる。」

 さて、これら二つのタイプですが、最初のタイプの親と後のタイプとでは、子どもの内面に育つものは違ってきます。親が自分に共感してくれ、理解してくれるとき、子どもは自由に考え、頭も働かせます。そして、その結果として知識を広げ思考する力も高めます。このようなよい循環をつくることが結果的に語彙力や学力を高めることにつながると考えられます。
 実際、3000人近い幼児の語彙力、学力の調査の結果は、後者の親のタイプの子どものほうが、豊かな語彙と読み書きの力が高いことが数字の上でも立証されています(この調査は、韓国、中国、ベトナム、モンゴルなどとの国際比較によっても同じ結果が得られました)。

二つのタイプの違い - きいじい(掲示板管理者)   2017/02/12(Sun) 13:32 No.890
 研究の中では、こんな例も紹介されています。例1がタイプ2、例2がタイプ1です。

親のしつけスタイルの違い - きいじい(掲示板管理者)   2017/02/12(Sun) 13:48 No.892
 この研究で明らかになったことは、親の関わり方として「共有型」と「強制型」があり、「共有型」の親に育てられた子のほうが、語彙力が高いという結果でした(ファイル)。
 「絵本の読み聞かせ方」のタイプも、実はこの「共有型」と「強制型」の違いです。「共有型」の親は子どものペースに寄り添い、子どもの言おうとしていることを待ち、そこに共感しています。決して自分の考えを先に押しつけることはしていません。

子どもは楽しいこと、好きなことは自分から進んでやりたがります。子どもにとって遊びとは自発的で頭がいきいきと活動している状態です。無理やりやらされていることには頭も働かない。実際、脳の偏桃体は、「面白い!」「楽しい!」と感じるとワーキングメモリーに情報伝達物質が送られ、海馬が活性化し、情報を記憶貯蔵庫にどんどん蓄えることができると言われています。このようなよい循環をつくることが結果的に語彙力や学力を高めることにつながると考えられます。

No.884口話併用手話の利点は? 投稿者:きいじい(掲示板管理者) ...2017/01/30(Mon) 09:23

 前回、手話から獲得し始めた高度難聴の子どもでも、やや遅れて音声言語の獲得が始まると書きました。その子たちの音声言語での発語状況を保護者に尋ねてみると、異口同音に「手話で身についた言葉が音声を伴って出てきている」ということでした。
 そこで、前回例に挙げたA児の1歳10か月時の発語をきくと、以下のような50語の単語が表出されているということでした。

☆固有名詞(2〜3音節の人の名前)6語
☆挨拶・呼びかけの言葉、一般名詞 26語
「おしまい、バイバイ、どうぞ、ちょうだい、オッケー、いいよ、大丈夫、ごめん、ありがとう、おーい、おめでとう、遊ぼう、おいで、ママ、先生、おっぱい、あいうえお、耳、鼻、目、口、蓋、皮、順番、まる、ばつ」
☆動詞・形容詞 18語
「ほしい、大きい、同じ、違う、ある、ない、痛い、怖い、可愛い、冷たい、待って、青い、赤い、黄色、赤、ピンク、黒、白(色名はモノの状態なのでとりあえず形容詞に分類)」

 A児の場合、まず視覚言語としての手話で単語を獲得し(表出は語彙表チェックで190語なので理解語を含めるとその2倍はあるでしょう)、意味・概念が伴っている単語の中から、固有名詞、あいさつや呼びかけなど日常生活の中で頻度多く使う語が音声に多く変わっているらしいこともわかります。

 一般に二言語習得者は情報を複数の形態に符号化できるため、情報を理解したり記憶したりする認知能力が、単一言語使用者に比べて優れている(井上智義,2016)と言われていますが、口話併用手話の場合は、聴覚からの音声語をききながら、手話(視覚)を同時に見るという特徴があるため、意味・概念をすでに獲得した手話から得ながら、同時に入力される曖昧な音韻情報を音声言語に変換し、一つの単語を手話と音声言語で二重に符号化しているのだろうと思われます。
 そして、こうした二重符号化ができると、単語や文の記憶に両面からアプローチできる利点があるため、文の記憶テストにも好成績を収めることができるのだろうと思います(「聴覚障害者のリハーサル方略」長南浩人・井上智義、1998)。

 以上のことから、最初に手話を獲得して、そののち音声言語獲得に至るという口話併用手話の言語獲得方略のメリットが見えてくるのではないかと思います。

No.878手話は口話(発語)を促進する? 投稿者:きいじい(掲示板管理者) ...2017/01/21(Sat) 22:24

これまで手話を使うと口話が身につかなくなると言われてきました。それは違うなあという実感はあっても、「では、実証できるデータはあるの?」と言われても示せないままでした(勿論、手話が口話習得を妨害するというデータも存在しないのですが)。

しかし、手話を早期から導入している、ある聾学校の最近の保護者育児記録をみているうちに、「手話を使ったから音声の発語が促されているのでは?」と考えるしかない事例がいくつか存在することに最近気づきました。その中から2例、ファイルで示してみました。

まず、添付ファイル1ですが、いずれも高度難聴の聴者家庭の幼児で、生後半年前後から聾学校乳幼児相談に通い、まず手話の使用からスタートしています。父親も協力的で手話教室に通ったり、家族皆で手話を使うよう努力している家庭もあります。
記録が十分ではないのですが、2名のうち90dBの子の喃語は「手指喃語」、80dBの子は音声の「規準喃語」が出ていたようです。しかし、初語はいずれも手話です。その初語は、「アンパンマン」「電気」などで、いずれもグーやパーの手型が使われていて、幼児にも表出しやすい手型が使われる傾向があることがわかります。
初語表出以降、それぞれ個人差はあっても、ちゃんと手話での「語彙爆発」の時期があり、表出手話の語彙数は表のとおりです。語彙爆発について17名の聴幼児を調査した最近の研究(2012)では、聴児の語彙爆発期における単語表出速度1日あたり0.83語ですが、それに対して、A児は0.93語です(B児はデータが不足)。毎日、1語の割合で手話単語が身についていっているということが推測されます(ただ、これは語彙チェック表によるチェック数なので実際にはそれ以上と思われます)。

手話は口話(発語)を促進する? - きいじい(掲示板管理者)   2017/01/21(Sat) 22:32 No.879
さて、音声言語の表出についてですが、これは添付ファイル2です。
 B児(90dB)の例ですが、手話でどんどんことばを獲得していく過程で、1歳を過ぎてから音声での発語も出始めます。特徴的なのは、手話で獲得している語の日本語の単語だということです。これはどういうことでしょうか? 
 
 これはあくまで仮説にすぎないのですが、言語を身につけていく時に、B児は見たものをまず手話という視覚言語で身につけていっており、例えば母親が「バスに乗るよ」という手話をしたら、それを見たB児の頭には、これまで経験したバスに関するイメージが浮かぶということでしょう。そうした頭の中にある単語のファイルが増していくと、単語と単語の間にもいろいろな関連性がついていきます。例えば「バス」のファイルには人が沢山乗っているけれど、「トラック」にはそうではなく荷物が載っているとか。単語と単語の間にネットワークが作られ、荷物を載せる車は「バス」とは言わないこともわかってきて、「バス」しか知らなかったときの「バス」のファイルより「トラック」を知ったあとの「バス」のファイルのほうが概念の豊かさが増しているわけです。語彙が爆発的に増加するとこうした単語と単語とのネットワークもどんどん作られていきます。
 そこに「/バス/」という音声からの情報がもう一つ加わってきて、視覚情報と聴覚情報が結合し、これは同じ「バス」の概念を表しているようだ、ということがわかってきたということではないでしょうか?
 この結合は、すでに知っている(つまり概念としてもっている)「バス」について起こっていて、知らないもの・ことについてはまだできていないというところがポイントではないかと思います。
 
 ちなみに、聴覚・音声の立場からの研究(加我ほか2000)では6か月以前補聴開始した4名(平均聴力100dB)は、規準喃語表出の平均が14か月ということですから、初語の表出はさらにそれ以後ということだと思います。つまり、あいまいな入力の音声ではどうしても音声の初語は遅くなるということだと思います。手話は口話を妨げると考えて音声だけで言語獲得をめざすよりは、手話から入って手話言語やものごとの概念をまず獲得し、それを音声に結び付けていくほうが音声言語獲得にもかえって早いのでないかという気がします。
 今後、検討していきたい問題です。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -

┃代表  木島照夫

〒345-0045
埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台西6-1-134
FAX:0480-34-9631


┃事務局

〒120-0015
東京都足立区足立1-19-12-101 永井方
FAX:03-5980-8158
mail:nanchosien@yahoo.co.jp