全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

『ことばのネットワークづくりーきこえない子のための日本語の基礎ー

『ことばのネットワークづくり』ーきこえない子のための日本語の基礎          

2015年6月発行  頒価1,200円

FAX申込書(PDFダウンロード)pdf.publish.fax.pdf


出版物_0002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆テキストの内容

基礎編

1.どっちのなかま?(名詞) 2.ここはどこ? 3.どっちのなかま?(動詞・形容詞編)

net6.jpgのサムネール画像のサムネール画像【例】『なかまはずれはどれ?』 観点が異なると「仲間はずれ」として選ぶものが違ってきます。いろいろな観点をみつけ出し、ものの見方をひろげる課題です。

 

 

 

 

 

 

 

発展編

1.なかよしは どれ?   2.なかまはずれは どれ?   3.はんたいことばは どれ?

4.どこが にているの?  5.どんなようす?

net7.jpgのサムネール画像のサムネール画像【例】『どこがにているの?』 二つのものの共通点・類似点や相違点をさがします。共通する概念でものを分類できることは、ことばの概念カテゴリーを構築する基本。共通概念を言語化できることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 応用編 

1.どっちにもはいるのは?   2.なにを よういする?   3.なかまを あつめよう!

4.いもづるれんそうゲーム   5.サテライトれんそうゲーム   6.まとめのもんだい

 

net8.jpgのサムネール画像                                                                                                                 【例】『どっちにもはいるのは?』 一つの観点だけでなく、同時に二つの観点から考えて、両方にうまく合うものを選ぶ課題です。ものごとの関係性を考える力を育てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【別冊付録】 保護者と教師のための学習メモー解説と解答編ー

memo.jpg

 

1.なぜ、きこえない子に日本語が必要か?

2.語彙獲得のつまづきとは?

3.語彙の概念的弱さとは?

4.語彙は増えるほど獲得スピードも概念的豊かさも増す

5.どんな活動が必要か?

6.学習教材の内容について

 

 

 

kaisetu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ことばのネットワークづくり練習問題CD』          

2015年6月発行  頒価 600円

network.cd.jpg

このCDには、練習問題55枚、まとめの問題6枚のほかに、絵・手話・日本語のワーク284枚(「おやこ手話じてん」対応の約1,200語)が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

☆CDの内容

【例】 「どっちのなかま?」 動詞に合わせて下の絵を選択して切り取り、貼ります。必ずことばで確認します。例えば「わたる」にもいろいろあります。「横断歩道を~」「橋を~」「踏切を~」など。

 

net1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【例】「どんなようす?」 擬音語・擬態語・擬声語と絵、ことばを線で結ぶと「ゴツンとぶつかる」のように文が完成します。日本語にはこのような「オノマトペ」を使った豊かな表現が沢山あります。net2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【例】「基本形を書こう」  絵と手話をみて、それに合うことばを書きます。日常生活に使う1200語について、手話と日本語が結びついているか確かめることができます。

net4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆書籍のお申し込み先

「ことばのネットワークづくり」+「ことばのネットワークづくり練習問題CD」セットは、

両方で1,800円のところ、セット価格1,400円で、お得です。

 

注文は以下のところにお願いします。

お名前・ご住所・連絡先・希望の書籍・教材名の注文数をご記入の上、メールかFAXでお申し込みください。

代金のお支払いは、書籍・教材に同封した郵便振替用紙または銀行口座振込でお願いします。

送料は別途必要ですが、1万円以上ご購入の場合の送料はこちらで負担致します。

1,000円以上ご購入の場合の郵便振替費用は、こちらで負担致します。

FAX申込先 048-916-6250(江原)   03-6421-9735(木島)

FAX申込書(PDFダウンロード) pdf.publish.fax.pdf


メール申込先 nanchosien@yahoo.co.jp

 

☆書籍の感想

・ 「カテゴリー作りやネットワーク作りなど、語彙習得に関する種々のワークシートが詰まっていて、とても役立つ一冊です。」(教員養成系国立大学教授)

 

・「まず、『ことば絵じてん』などの取り組みで視覚と手話と日本語音韻との3点で語彙の基盤がしっかり作られたら、その土壌の上にこの『ことばのネットワーク』つまり語彙のカテゴリー構造が連動的に構築されるだろうと思います。二つをセットで取り組むことが大切と思います」(福祉系私立大学教授)

 

・「今の聾教育の現場に最も必要とされている内容だと思いました」(国立大学教育学部教授)

 

・幼児期に必要な語彙獲得のための課題をコンパクトに1冊にまとめてあり、回答にも切る、貼る、言う、書くなど、単調でなく、子供が飽きない工夫がしてあると思いました(言語聴覚士)今の聾教育の現場に最も必要とされている内容だと思いました(大学教員)

・発達障害の子にも使えそうです。奧の深い教材です。(特別支援学校教員)

・成人の方の日本語指導教材に適当な教材として使っています(言語聴覚士)