全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

絵でわかる動詞の学習

『絵でわかる動詞の学習』ーきこえない子のための日本語の基礎・第2集ー(改訂版は書名を変更しました) A4・86頁 1,700円   

  絵でわかる動詞の学習.jpgこのワークブックは、日本語のベースになっている動詞の語彙の拡充と多様な活用を学習するためのテキストです。日本語では、話者が最も伝えたいことは文末に位置する動詞に表現されます。ですから動詞の語彙が少なかったり、活用の仕方をしらないと十分に意図を伝えることができません。このワークでは、理屈で説明するのではなく、イラストを使って動詞の使い方が子どもでも自然に理解できるように工夫されています。

〇動詞語彙編のページから

 

undokai.JPG 「運動会」という行事の中で繰り広げられるさまざまな活動・動き。それが「動詞」です。ほかにも沢山あります。

 

 

 

 

 

 

 

〇動詞活用編のページから

yaimorai.JPG授受表現

英語はgive一語で済みますが、日本語はどの人の立場から言うかによって言い方が異なります。きこえない子には苦手な表現。教科書にも沢山出てきます。しっかり身につけたい表現です。

 

 

 

受動文

ukemi.JPGこれもきこえない子には苦手な表現です。自分ではない、だれかの立場にたった言い方から練習します。この場合は、「牛乳くん」の立場からの言い方。これが受動表現の基本です。

 

 

 

 

『付録・解説と解答』

  絵でわかる動詞の学習付録.jpg動詞にはさまざまな意味が込められています。文法用語では、使役、受身、可能の「態」。

継続・連続などの「相」。過去や未来を表す「時制」。肯定・否定。自分の気分や推測、同意などの「ムード」。これらの意味が一つの動詞に入り込んで大きく意味が変わったり微妙に変わったりします。子どもに指導する前に私自身がその変化の仕方について学んでおく必要があります。

そこで、別冊付録・解説編の中で、教科書に出てくるさまざまな動詞の使い方について説明しています。

 kanryo.JPG 

〇寄せられた感想から

①「国語科教科書を視野に入れて作成されている点がこれまでにない視点と感じました。本書の構成を見て、子どもたちの類推ができるようにしてあるところやヒントがあるところは、子どもたちに何よりも学習上の安心感を与えるように思います。」(大学教員)

 

②「イラストがたくさんあって、子どもたちが飽きずに楽しんでできます。解説がしっかり書かれているので、保護者や先生方がこれを読んで課題の意義をよく理解して、子どもと一緒に取り組むことが大切だと思います。」(専門機関言語聴覚士)

 

③「別冊『文法の解説と解答』がとても参考になりました。難しいことが簡潔に明快に解説されており、感動しながら読んでいます。 文法指導をするしないに関わらず、教える側が日本語の仕組みを知っておく上にもぜひ読んでほしいです。」(聾学校教員)

 

オプション教材『はじめての動詞の活用』CD 900円

EPSON050.JPG

 この中には、ワークブックと同様の練習問題やまとめの問題80枚のほかに、 基本動詞「ていねい形」「否定形」「タ形」「テ形」の授業用パワーポイントが入っています。 このパワーポイントを使って動詞の活用の授業ができます。

☆セットがお得!

「絵でわかる動詞の学習」+「はじめての動詞の学習CD」セット⇒両方で2,600円がセット価格2,200円になります

 

 

☆出版物購入方法 

出版物の申込は、下記の出版物申込用紙をダウンロードして必要事項を記入し、①メール(写メ添付可)または②FAXでお申込み下さい。③申込用紙ではなく、メール本文に直接、購入書籍教材・教材名、送り先を記入して送信していただいてもかまいません。教材送付と同時に郵便振替用紙(1,000円以上当方手数料負担)を同封いたします。お支払いは同封する郵便振替または銀行口座振込でお願い致します。  

出版物申込用紙⇒ book_fax6.pdf

FAXの場合⇒ 03-6421-9735(木島)または 048-916-6250(江原)

メールの場合⇒nanchosien@yahoo.co.jp   (難聴支援事務局)

    またはsoukisien@yahoo.co.jp (早期支援事務局)

★郵便振替口座 00100-9-718706 難聴児支援教材研究会

★銀行口座 ゆうちょ銀行・店名038(ゼロサンハチ)普通8396021 難聴児支援教材研究