全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

ことばのネットワークづくり

『ことばのネットワークづくり』

 ーきこえない子のための日本語の基礎第1集ー   1,200円

EPSON062.JPG


 

 

 

 

 

  ☆テキストの内容

基礎編

1.どっちのなかま?(名詞) 2.ここはどこ? 3.どっちのなかま?(動詞・形容詞編)

net6.jpgのサムネール画像のサムネール画像【例】『なかまはずれはどれ?』 観点が異なると「仲間はずれ」として選ぶものが違ってきます。いろいろな観点をみつけ出し、ものの見方をひろげる課題です。

 

 

 

 

 

 発展編

1.なかよしは どれ?   2.なかまはずれは どれ?   3.はんたいことばは どれ?  4.どこが にているの?  5.どんなようす?

net7.jpgのサムネール画像のサムネール画像【例】『どこがにているの?』 二つのものの共通点・類似点や相違点をさがします。共通する概念でものを分類できることは、ことばの概念カテゴリーを構築する基本。共通概念を言語化できることが大切です。

 

 

 

 

応用編 

1.どっちにもはいるのは?   2.なにを よういする?   3.なかまを あつめよう!   4.いもづるれんそうゲーム   5.サテライトれんそうゲーム   6.まとめのもんだい 

net8.jpgのサムネール画像                     【例】『どっちにもはいるのは?』 一つの観点だけでなく、同時に二つの観点から考えて、両方にうまく合うものを選ぶ課題です。ものごとの関係性を考える力を育てます。

 

 

 

 

 

【別冊付録】 保護者と教師のための学習メモー解説と解答編ー

memo.jpg

 

1.なぜ、きこえない子に日本語が必要か?

2.語彙獲得のつまづきとは?

3.語彙の概念的弱さとは?

4.語彙は増えるほど獲得スピードも概念的豊かさも増す

5.どんな活動が必要か?

6.学習教材の内容について

 

 

 

 

オプション教材『ことばのネットワークづくり練習問題CD』          

 600円

network.cd.jpg

このCDには、練習問題55枚、まとめの問題6枚のほかに、絵・手話・日本語のワーク284枚(「おやこ手話じてん」対応の約1,200語)が入っています。 

☆CDの内容

【例】 「どっちのなかま?」 動詞に合わせて下の絵を選択して切り取り、貼ります。必ずことばで確認します。例えば「わたる」にもいろいろあります。「横断歩道を~」「橋を~」「踏切を~」など。

 

net1.jpg

例】「どんなようす?」 擬音語・擬態語・擬声語と絵、ことばを線で結ぶと「ゴツンとぶつかる」のように文が完成します。日本語にはこのような「オノマトペ」を使った豊かな表現が沢山あります。net2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【例】「基本形を書こう」  絵と手話をみて、それに合うことばを書きます。日常生活に使う1200語について、手話と日本語が結びついているか確かめることができます。

net4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆書籍の感想

・「内容が濃く、上位概念を分かりやすく教えられるし、こういうのを求めていました!!!!こどもがさっそく取り組んでいて、楽しく学べています。」(大阪府・読者)

 

・ 「カテゴリー作りやネットワーク作りなど、語彙習得に関する種々のワークシートが詰まっていて、とても役立つ一冊です。」(教員養成系国立大学教授)

 

・「まず、『ことば絵じてん』などの取り組みで視覚と手話と日本語音韻との3点で語彙の基盤がしっかり作られたら、その土壌の上にこの『ことばのネットワーク』つまり語彙のカテゴリー構造が連動的に構築されるだろうと思います。二つをセットで取り組むことが大切と思います」(国立大教授)

 

・「今の聾教育の現場に最も必要とされている内容だと思いました」(国立大教授)

 

・幼児期に必要な語彙獲得のための課題をコンパクトに1冊にまとめてあり、回答にも切

る、貼る、言う、書くなど、単調でなく、子供が飽きない工夫がしてあると思いました(言語聴覚士)今の聾教育の現場に最も必要とされている内容だと思いました(大学教員)

・発達障害の子にも使えそうです。奧の深い教材です。(特別支援学校教員)

・成人の方の日本語指導教材に適当な教材として使っています(言語聴覚士)

 

「ことばのネットワークづくり」は、海外で日本語を学ぶ子ども達に使用させていただ

 

き、まだ文字が読めない書けない子どもに大変有益に使わせていただいております。一般的

 

な幼児向け国語ドリルでは歯が立たなかった子どもでも、こちらの教材は理解しやすく、

 

切ったり貼ったりの作業もあったりして、楽しんで取り組んでくれます。ひらがなが読

 

み書きできるようになるために、日本語の語彙と自然な表現をどれだけ理解し、身につけて

 

いけるかが土台となることを実感しています。これからもこちらも教材でいろいろな境遇の

 

子どもが楽しんでことばを学んでくれるようにと願っています。」(海外の日本語教育関係

 

者からの感想)

 

・聴覚障害児だけでなく、言語障害を抱える成人の方にも役立つ、とても幅広い可能性をもった教材です。(愛媛県・言語聴覚士)

 

 

☆セットがお得です!

「ことばのネットワークづくり」+「ことばのネットワークづくり練習問題CD」セット⇒両方で1,800円がセット価格1,400円になります

 

☆出版物購入方法 

出版物の申込は、下記の出版物申込用紙をダウンロードして必要事項を記入し、①メール(写メ添付可)または②FAXでお申込み下さい。③申込用紙ではなく、メール本文に直接、購入書籍教材・教材名、送り先を記入して送信していただいてもかまいません。教材送付と同時に郵便振替用紙(1,000円以上当方手数料負担)を同封いたします。お支払いは同封する郵便振替または銀行口座振込でお願い致します。  

出版物申込用紙⇒ book_fax6.pdf

FAXの場合⇒ 03-6421-9735(木島)または 048-916-6250(江原)

メールの場合⇒nanchosien@yahoo.co.jp   (難聴支援事務局)

    またはsoukisien@yahoo.co.jp (早期支援事務局)

★郵便振替口座 00100-9-718706 難聴児支援教材研究会

★銀行口座 ゆうちょ銀行・店名038(ゼロサンハチ)普通8396021 難聴児支援教材研究会