全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

『たのしい指文字』(大・小)

『たのしい指文字』(小)A4版 両面パウチ版  350円

☆5枚以上購入の時⇒1枚300円、10枚以上購入の時⇒1枚250円になります。

お風呂で指文字.jpg

 ラミネート(パウチ)加工がしてあるので、お風呂の壁に貼って使うことができます。お風呂から上がる前に「1,2,3・・・」だけでなく、「あ、い、う、え、お、か、き・・・」を唱えるのもよいと思います。また、「あ、か、さ、た、な・・」と50音を横に覚えることもよいと思います。50音は日本語を身につけるために必ず必要なので、3歳頃から少しずつ覚えていくようにしましょう。

 この指文字表は片面は「自分指文字・動詞編」、片面は「相手指文字・名詞編」になっていますので、例えば、動詞編の「あ・あそぶ」なら、「あ・そ・ぶ」と指文字で綴りながら、次に手話<あそぶ>をして指文字と手話を結びつけるとか、名詞編の「あ・あめ」なら「あ・め」と言いながら、<あめ>の手話をするなどして、手話と指文字・文字のマッチングをするのもよいと思います。この表だけでも名詞・動詞合せて100語を身につけることができます。

 

  『たのしい指文字』(大)B3版・2枚組 1,000円

IMG145101.jpg

 1枚は自分で指文字をするときの手指のかたち(自分指文字・動詞編)。もう1枚は相手の指文字を見る時の手指のかたち(相手指文字・動詞編)になっています。2枚あるので、1枚は切って「指文字カード」として使うこともできますし、2枚とも切ってカードにして遊ぶことができます。カードにしたときの1枚のサイズは6.5cm、横4.5cmなので、カードとして使うにはちょうど良い大きさです。ここでは、指文字カードを使ったあそびをいくつか紹介します。 IMG145102.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 〇あそびかた

【その1】指文字マッチングゲーム(音韻の同定)

 日本語の音韻を身につけるためには、まず同じ文字・指文字がわかることが必要です。そこで動詞編と名詞編の両方をカードにして、「神経衰弱」ができます。とはいってもいきなり両方合わせて100枚の枚数で「神経衰弱」はたいへんなので、ア行からタ行までの20枚×2種=40枚でやるとか、あるいは、動詞編だけを床上に表にして並べておき、名詞 〇のつくことばをさがそう!.JPGのサムネール画像のサムネール画像 編を裏にして山積みにしておき、山から名詞編カードを1枚めくって床に置き、そのカードが「か」だったなら、動詞編の「か」を皆で一斉に探し、速く探した人がもらえるといったやり方をすると年少さんでもできます。但し、大人は5数えてからさがしてよいなどのハンデをつけましょう。

【その2】ことばをさがそう!(音韻の抽出)

 指文字カード名詞編を裏にして山積みにしておきます。順番を決め、最初の人が1枚めくります。「く」だったとします。写真例のカードは「く・くつ」ですが、くつ以外のものを一つ探して言います。言えたらそのカードをもらえますが、言えなかったらそのカードはもらえず場に残します。                                   次の人が同様に1枚山からめくります。言えたらボーナスとして場に残されたカードから自分がわかるカードをさがして言い、言えたらそのカードももらえます。                            ことばを知らない子もいるので、わからないときは3回まで「ことば絵じてん」を調べてもよいなどのルールをつくるとよいでしょう。                                                                            

【その3】どっちが多い?(音韻の分解) どっちが多い?.JPG

 指文字カード名詞編を裏にして山積みしておきます。その中から互いに5枚とり、自分の前に並べておきます。その裏にした5枚の中から1枚だけ選び、いっせのせで開きます。写真の例では、自分のカードは「あめ」、相手のカードは「いす」です。音韻数を数えます。自分のカードも相手のカードも2音ですから、この場合は引き分けです。引き分けの時は、そのカードは場の中央に出しておきます。                          同様に勝負して、音韻数の多いカードを出したほうが勝ちです。勝った時は、場に残されたカードももらうことができます。

【その4】文を作ろう!(音韻操作と構文力)        音韻の操作&構文力.jpg 指文字カード動詞編を裏にして山積みします。順番を決めて1枚めくります。「ほ・ほめる」が出たとします(写真例)。「ほめる」という動詞を使った文を作ります。「ママがほめる」「妹をほめる」など適切に2語文ができればそのカードはもらえますが、できなければ場に出しておきます。次の人が同様にやり、できたらカードをもらいます。さらにボーナスとして場に出たカードから1枚選んでチャレンジし、文が作れたらそのカードももらえます。カードが多いほうが勝ちです。ゲームが終わったら、次は、自分がとったカードでことばを作ります。このゲームは、カードが残らないようにことばが作れたほうが勝ちです。

日本語の音韻が習得できないと日本語に苦手感が残り、そのあとの読み書きの学習がいやになってしまいます。幼児期にしっかり時間をかけて、❝楽しくあそびながら❞「日本語ってけっこうたのしい!」という経験を積んでほしいです。