全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

出版物購入方法

☆出版物購入方法 

出版物の案内・申込は、下記申込用紙をダウンロードして必要事項を記入し①メール(写メ添付可)または②FAXでお申込み下さい。③申込用紙ではなく、メール本文に購入書籍教材・教材名、送り先を記入して送信していただいてもかまいません。なお、下記のいずれからも全ての出版物がお申込みいただけます。教材送付と同時に郵便振替用紙を同封いたしますのでお支払いは郵便振替でお願いいたします。銀行口座振込もご利用いただけます。   出版物申込用紙⇒ book_fax6.pdf

FAXの場合⇒ 03-6421-9735(木島)または 048-916-6250(江原)

メールの場合nanchosien@yahoo.co.jp   (難聴支援事務局)またはsoukisien@yahoo.co.jp  (早期支援事務局)

★郵便振替口座 00100-9-718706 難聴児支援教材研究会

★銀行口座 ゆうちょ銀行・店名038(ゼロサンハチ)普通8396021 難聴児支援教材研究会 

 

『聴こえない・聴こえにくい子どもの理解のために』

(南村洋子著, 2018,ろう難聴教育研究会 )1,200円

 

「乳幼児相談に訪れる保護者の大半はきこえる人で、長い間、きこえる世界のみで生きてきた人たちである。そうした人々が、ある日突然、「お子さんはきこえない」と言われてとまどい、不安と絶望の中で、さまざまな思いや考えに心を揺さぶられることは当然のことと言える。」(本書まえがきより)

 

南村著作.jpgこの本は、著者自身、きこえない子を育て、きこえない子の早期教育に40年近く携わってきた経験から、渾身の思いを込めてきこえない子の子育ての在り方と同時に、真にきこえない子どもの立場に立った早期支援機関での乳幼児教育相談の在り方を綴った貴重な一冊である。

 

内容(目次)

1章 最近の乳幼児相談

2章 早期支援の意味

    1.早期支援は保護者支援

    2.保護者支援の意味

    3.保護者の意識改革

    4.コミュニケーション支援

    5.子育て支援

    6.子どもにとっての最適な居場所

    7.日本語習得の基礎

3章 早期支援の実際   

    1.家庭訪問支援                         

    2.来校支援                                         

    3.保護者向け学習会

    4.保護者向けワークショップ

4章 人工内耳について

    1.人工内耳装用について思うこと

    2.人工内耳の選択

    3.人工内耳装用児の保護者の話

4.人工内耳を選択しなかった保護者の話

5.人工内耳選択についての支援