全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

『絵でわかる動詞の学習』の使い方

まず、このテキスト(ワーク)は、「語彙編」と「活用編」からなっています。

解説目次.jpg幼児期にまず大切なことは、日本語の動詞語彙をたくさん身につけるということです。ですからこのテキストも『語彙編』から始めて下さい。テキストには40枚弱の練習問題があります。足りない場合はCDのほうにも練習問題が40枚近く収録されていますのでそちらをプリントアウトして使って下さい。

このワークの「語彙編」をやっていく過程で、お子さんに動詞があまり獲得されていないなと感じられた 動詞①一日の生活すごろくを作ろう.jpgら、生活の中でのいろいろな工夫が必要になります。とはいってもことばを増やすのは一朝一夕にはできないので、長い目で取り組んでいくことです。例えば、「一日の生活の流れの中から動作語(動詞)を集めてすごろくを作ってみよう」。右の例は絵本の中の絵を使って、朝、起きるところからm夜、寝るまでにやることを大きな紙に貼り、すごろくを作るという遊びですが、実際にお子さんの動作を写真にとり、それを並べたほうがもっと親近感が出て、面白く遊べるかもしれません。 動詞.jpg

また、「自分指文字(動詞編)」は、「あそぶ」「いく」「うたう」「えらぶ」「おわる」など動詞が絵と共に入っています。このA4版(パウチ版)はお風呂に貼って50音を覚えると同時に動詞を覚えることができますし、B2版の大型のものは一つ一つ切り離して、かるたとして使うことができます。「おもちゃであそぶ」とか「学校にいく」「うたをうたう」など絵に合せて2語文程度で読み札を作り、かるたを楽しみながら、50近い動詞を覚えることができます。

動詞②手話と日本語の変換.jpg

その下の教材は、手話での動詞はたくさん知っているのに、日本語はさっぱり、という子用のプリント。手話と日本語を線で結んでいくという課題です。また、右の例は、手話の音韻である手の形「人差し指を立てる」形を使って、動詞を集めるというあそび。「言う」「行く」「会う」「明日」「昨日」・・いろいろありますね。

動詞③動詞を集めよう.jpgのサムネール画像小学生や年長児なら、例えば「教室ですること」すな わち「教室の中の動詞を探そう」という活動です。たくさんの動詞を集められそうです。 動詞活用掲示.jpg

それから動詞の活用を少しずつ意識させていきたいのが幼児期の年中から年長あたりです。教室の黒板には今日の予定が書いてあります。一つ一つの活動に「いつ、どこで、なにを、どうする」という内容で文が書いてあります。一つ一つの文の文末の動詞は「~する」と未来形で書かれていますが、終わった活動は「~した」と完了形・過去形になっています。一つ一つの活動が終わるたびに短冊カードを裏返し、動詞の活用を意識づけているわけです。また、左下の掲示は動詞の命令形が使われています。これは全体活動「忍者ごっこ」の中で使うことばから命令形を意図的に取り出したものです。このように、幼児期は動詞の活用を少しずつ意識づけて いくことです。

動詞⑤活用導入ゲーム.jpg また、この時期に遊びとして取り組めるのが「食べますか?食べませんか?ゲーム」。これは二つのカード「食べますか?」と「食べませんか?」のカードと、「食べます」「食べません」のカードを準備します。一方が前者の二つのカードといろいろな絵が描いてある絵カードの中から1枚だけ取り出して相手に隠し、「これ、食べますか? 食べませんか?」と尋ねます。相手はカードを見ないでどちらにするか決めて言わなければなりません。「食べます」と言ったとします。もし、そのカードが「ケーキ」だったら大当たりで、ケーキを食べる真似をしますが、もし「トイレットペーパー」なら大はずれ。でもトイレットペーパーを食べる真似をしなければなりません。同様に「食べましたか?食べませんでしたか?」と過去形に変えたり、動詞を変えて「行きますか?行きませんか?」などに変えてもできます。結構盛り上がります。

動詞④動詞の特徴発見!.jpg 語彙編が終わったら、活用編に入りますが、動詞を集めてきて並べると、語尾がすべて「ウ段」になることに気づかせたいですね。同様に「イ段」で終わるのが形容詞ですね。この二つの品詞の特徴は対比させてグループが違うということへ気づかせていくのもよいと思います。

活用編には、「時制」だけでなく「肯定・否定」、「可能」「意向」「アスペクト」「自動詞・他動詞」「授受表現」「受動文」「使役文・使役受動文」など 動詞活用表.jpg一通り動詞に関する文法事項が載っています。また、CDのほうにも80枚の練習問題が収録されていますので、ぜひ、そちらも使っていただきたいと思います。

*『絵でわかる動詞の学習』及び『はじめての動詞の活用CD』のご購入はこちらから↓

http://nanchosien.com/cat21/post_28.html

 

*動詞活用表の指導方法については、本ホームページ>日本語文法指導>文法指導の順序>動詞・形容詞の指導をご覧ください。また、右の1グループ動詞活用表の用紙は、2グループ動詞、3グループ動詞、形容詞活用表など含めて「動詞・形容詞活用練習ノートCD」(1,000円)に収録されています。