全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

自動詞・他動詞の指導方法

動詞は自動詞と他動詞という二つの種類があります。

自動詞は、そのものの動きについて言うときに使う動詞です。例えば、「あ、しまる、まわる」などです。これらは「~が+自動詞」のかたちで使います。助詞「~を」をとることは基本的にありませんが一部例外があります。

自動詞・他動詞の指導①.pptx.jpg

 他動詞は、そのものを動かす動きについて使う動詞です。例えば、「あける、しめる、まわ」などです。これらは「~が~を+他動詞」のかたちで使います。必ず、それを動かす主体(主語・動作主)があります。

但し、「~が~を+自動詞」になる場合があります。例えば「太郎 橋 わたる」「電車 トンネル 出る」などです。

これは、助詞「を」の意味・用法のうちの「場所の『を』」で、「橋 わたる」は

自動詞・他動詞の指導②.pptx.jpg

「通過の『を』」、「トンネル 出る」の「を」は「出発点の『を』」です。どうやって見分ければよいでしょうか?

 *助詞「を」の指導法については、本HPの

TOP>日本語文法指導>助詞の指導をご覧ください。



〇自動詞と他動詞の見分け方~手話による区別の仕方

自動詞と他動詞を区別するには手話の文法を使います。自動詞のときは、①そのモノの

手話による自動詞・他動詞の区別.pptx.jpgのサムネール画像

状態を表すCL表現(SASS・サス)をした後、②そのモノへの指さしをします。例えば「ドアが あく」の場合は、ドアが自然にあいていく様子をしたあと、ドアに指差しをします。

 他動詞のときは、①そのモノを操作する様子を表すCL表現(Handle)と、②主語(動作主)に指差しをします。「ぼくが ドアを あける」なら、取っ手を持ってドアをあける仕草をしたあと、ぼく(私)を指さします。

*SASSとHandleのわかりやすい例は「車」の手話表現。親指と四指を向かい合わせて車のかたちを作り前に動かす「車」の手話がSASS、自分が車のハンドルを握って運転している様子で「車」を表現するのがHandleです。

自動詞・他動詞の指導③(手話による区別).pptx.jpgのサムネール画像

 では、下のもうひとつのファイルで手話表現の練習をしてみましょう。①「きこえるきく」、②「こぼれるこぼす」、③「あがるあげる」です。①「音楽がきこえる」は、音楽がきこえてくる様子を身振り表現(CL表現)で表し、きこえてくる方向(音楽)を指さします。「音楽をきく」は音楽、聴いている、私(指さし)。ここでは自動詞と他動詞を区別する必要があるので必ず最後に指差しを入れます。

  さて、少し前に戻って「太郎 橋 わたる」「電車 トンネル 出る」というのは「を」を使うのに自動詞と言いましたが、本当でしょうか? これも指さしを使ってやってみるとわかります。前者の例は、手話では「太郎、橋、渡る(太郎がわたっている様子)、(指さし・太郎)」になり、太郎に主語を示す指差しが入ります。後者では「電車、トンネル、出る(電車がトンネルを出た時の様子)、(指さし・電車)」で電車に主語を示す指差しが入ります。他動詞は何かを操作する対象が必要でしたがここでは操作する対象はありません。ですから「を」を使うけれども自動詞なのです。


〇ペアになる自動詞と他動詞

自動詞・他動詞の指導⑤ペアになる自動詞・他動詞リスト.pptx.jpg

 自動詞と他動詞の区別がわかったら、日本語の動詞のうちペアになっている自動詞・他動詞を探してみましょう。関連付けて覚えると覚えやすいものです。

右のファイルは「動詞・形容詞活用練習ノートCD」に入っているリストです。一度、子どもと一緒にこのようなペアになる動詞を探して一覧表に整理してみましょう。

また、右下のファイルのように絵が入っていればさらに意味がわかりやすいと思いま

自動詞・他動詞の指導⑥ペアになる自動詞・他動詞20.pptx.jpg

す。ここにあるリストは20のペアが掲載されていて問題形式になっています。子どもにぜひやってみたいと思われる方は、下記までメールをいただければデータでお送りできます。

 nanchosien@yahoo.co.jp へ。「自動詞・他動詞ペア20のワークが欲しい」とメールを下さい。

 また、その下は『絵でわかる動詞の学習』

自動詞・他動詞の指導④ペアになる自動詞・他動詞.pptx.jpgのサムネール画像

(本会発行)に掲載されている問題です。こちらもぜひ使ってみてください。

『絵でわかる動詞の学習』はこのHP>TOP>

出版案内⑥日本語のワークから購入できます。

http://nanchosien.com/publish/cat58/post_23.html


〇自動詞・他動詞発見のルール

 最後に問題です。正しいものには〇を間違っているものには×をつけてください。

①(  )動詞の語尾が「aru(例:集まる、あがる、まざる)となる動詞は、全て自動詞である。

②(  )動詞の語尾が「reru」(例:かくれる、ぬれる、離れる、汚れる)となる動詞は、全て自動詞である。

③(  )動詞の語尾が「su」(例:うつす、出す、残す、冷ます)となる動詞は、全て他動詞である。

 

*答は全て〇です。実はこれが自動詞と他動詞を区別する共通のルールですので、ぜひ覚えておいてください。

 

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp