全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

小1国語でなぜ動詞「~ています」が多用されるか?

 小1国語教科書の説明文での動詞の使い方をみると、最初に使われる動詞のかたちとして、基本形の「~ます」も使われますが、「~ています」という、表現が多いことに気づかされます。

 

じどうしゃくらべ.pptx.jpg例えば、1国語下「じどう車くらべ」(光村図書)をみると、最初の二頁に使われている6つの文の文末には、「~ています」が4か所、「~てあります」と~「あります」がそれぞれ1か所使われています。どのような意図があるのでしょうか? 

  上記の単元の冒頭の文を以下のようにしてみるとどう印象が変わるでしょうか?

「いろいろな じどう車が、 どうろを はしります それぞれのじどう車は、どんなしごとを しますか?   そのために、どんなつくりに なりますか?

 自動車について一般的なことを言っているだけで、挿絵に描かれている自動車のことを言っているのか、どうもよくわからない文になります。


〇動詞のアスペクト

日本語では、動詞の過去は「タ形(~ました)」で表します。一方、未来や現在はどのように表すのでしょう? 例えば「犬がいる」「本がある」「遠くが見える」「音が聞こえる」といった状態を表す「状態動詞」は、行為の全体でも部分でも変わりはないのでそのまま「ル形(~ます)」で現在を表すことができます。また、未来も表すことができます(「見える・聞こえる」は「見えている。聞こえている」も現在形)。

 その一方で、「ごはんを食べる」「太郎が歩く」「車が走る」といった物や人の動きを表す「動作動詞」は、その動作・行為の全体を表すと同時に、未来をも表しています

例えば「ごはんを 食べます」という文では、ご飯を食べるという行為全体を表す場合もありますし、これからごはんを食べるという未来を表す場合もあります。では、過去の表し方はどうでしょうか? 「ごはんを 食べました」ですね。また、これはその行為が完了したすなわち今食べ終わったというときにも使います。

では、動作動詞の「現在」を表すかたちはどんなかたちでしょうか? 今ちょうど食べている最中が現在ですから「ごはんを 食べています」が現在になります。現在というのは、「」であり、まさに、ある動きが「進行し継続している」状態です。

「~ます」と「~ています」の違い.pptx.jpg 

そこで、「車が走る」を例に考えてみましょう。添付ファイルのように、「車が走る」という一連の動きを時間の経過とともにとらえると以下の文のようになります(これを動詞のアスペクトと言います)

「車が走る」(未来)⇒「車が 走っています(現在)⇒「車が走りました」(完了)

 こうした一連の動き・動作の流れに位置付けて国語教科書の文をもう一度みてみると、なぜ、「~ています」という現在形が使われているかがよくわかります。教科書の挿絵をよくみると、道路に架かった歩道橋のようなところから、カメラを据えて道路の車の動きを観察しているような印象を受けます。小1の児童は、認知発達的にもまだ自分の視点から物事を考えることが多く、自分以外の他者の視点からものごとを考えることは苦手ですから、このような、まるで自分が「今」まさに歩道橋から道路の車の流れを見ているかのような、いわば視点を固定して定点カメラで見ている感じがわかりやすいのです。


〇「~ていく」「~てくる」の登場

このように、小1国語教科書の説明文では、まず「ル形(~ます)」と「~ている」が出現しますが、その次に「~ていく」「~てくる」といった移動や時間経過を伴った表現が登場します。光村図書では、「どうぶつの赤ちゃん」がそれです。この単元では、例えば、「よそへいくときは、おかあさんに 口にくわえて はこんでもらうのです。」という文、「どのようにして、大きくなっていくのでしょう。」という文があります。前者は空間的な移動ですが、後者の「大きくなっていく」は、時間的な推移が含まれた表現で、現在から未来(「~ていく」)に向けた視点での言い方です(過去から現在に向けた視点が「~てくる」)。「どのようにして、大きくなるのでしょう。」という言い方よりも「大きくなっていくのでしょう。」のほうが、時間が徐々に流れていく感じがします。


〇きこえない子に、「~ている」「~ていく・~てくる」をどう教えるか?

 

アスペクトの指導.pptx.jpgこえない子も、聴力の軽い子や人工内耳の子たちは、日常生活の中で音声言語を使って「~ている」や「~ていく」「~てくる」を使う場面は当然ありますが、具体的な生活場面で自分で使えているからといって、自分の経験とは関係なく書かれた教科書の文章の中で理解できるとは限りません。それが生活言語と学習言語の違いです。ですから、生活経験の中で使えている語や文法の力を普遍的な力にするためにも、教科書の中でその使い方を改めてとりあげたり、文法的にとりあげた問題などをするなかで、確かなものにしていくことが必要です。また、聴力が厳しく、
~ていく、~てくるの指導.pptx.jpg「走る。走らない。走った」などの活用はわかるけれど、「走っている」という現在形・進行形をどのようなときに使うか、「茎が伸びてくる」「茎が伸びていく」など時間経過をどのように表現するか、まだ十分わかっていない子どもたちもいます。このような単元の中で動作化や視覚化をしたり、添付ファイルのような問題を解くことを通して考えさせていく必要があるでしょう(右添付ファイル参照)。

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp