全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

算数文章題は、なぜ難しいか?

 算数の計算はできるけれど、文章題が・・というきこえない子はけっこうたくさんいます。文章題で使われている、「ひく」はわかるのに「とる」はわからないとか、「ちがい」とな さんすう.jpgるともっとわからないなど言葉を知らないために、問題のイメージが描けないのです。

右の図は、小学校1年生の算数の教科書に出てくることばですが、子どもはこれらの語の意味がちゃんとわかっていないのです。

 

実際の生活の中では、私たちは数を使う機会はけっこう多いのですが、いちいちモノを操作しながらことばで言うことはしません。「えっと、冷蔵庫にあるたまご5個のうち、3個使おう。そうすると残りはいくつになるかな?」なんて一人で声を出してぼそぼそ言いながら料理するわけではないでしょう(頭の中で材料をイメージしています)。

 しかし、きこえない子どもには、あえてそのプロセスをことばに出して言うことが必要なのです。

Aちゃん、冷蔵庫にいくつたまごあるか見てきて」「はーい。1,2,3・・・。ママ、5つあるよ」「じゃあ、そのうち3つ持ってきてくれる?」「うん、わかった」「ありがとう。今度お料理するときに、残りのたまごを使いたいんだけど、いくつ残っているかな?」「ええっ? えっとー、さっき5つあって、3つもってきたんだから・・・」

まあ、こんな感じのやりとりを年長さんくらいになったらお手伝いをしてもらいながらやるのです。そうしたやりとりの中で、算数で使うことばを、口に出して使うわけです。じゃあ、どんなことばを? 最低、上のファイルにあるようなことばは使ってほしいです。

  

 ある年長児のお母さんは、この表の中のことばを使って、家で「たしざん」「ひきざん」 足し算.jpgのポスターを 作って壁に貼りました。こうした教材も具体的な場面と併せて使うとよいでしょう。

 因みに、子どもには「のこり」(求残)を求める引き算は、ものが消えてしまうので残りはイメージしやすいですが、「ちがい」(求差)を求める引き算はモノが消滅しないので、なぜ引き算を使うのか理解しづらいです。

 そこで実際に、例えばプラレールの新幹線とトーマスを横に並行に並べて、「新幹線とトーマスはどっち 引き算.jpgが多い?」「数えてみよう」「新幹線は、1,2,3,4両。トーマスは・・3両。」「新幹線のほうがトーマスより1両多いね」など、「ちがい」「どちら」「多い」「少ない」などのことばを使って、ことばの意味をイメージできるように比較する体験をするとよいと思います。

 

 聾学校幼稚部では、「ことば」については意識的に指導していますが、意外と意識してい 01-3203_01[1].jpgないのがこのような「かずのことば」です。そのために、小学校以降の算数の文章題が解けないということが起こりがちです。生活の中での数量のことばを扱う経験が、小学校以降の数量認識・数的能力の基礎を育てるので、意図的に取り上げてほしいものです。

 また、右の絵本は、「はじめてであうすうがくの絵本」シリーズ1~3(安野光雅著、福音館、各1,728円)です。このような絵本をお子さんと一緒に読むのもよいと思います。このような算数に関わる絵本はほ 51QhnTu915L._SX378_BO1,204,203,200_[1].jpgのサムネール画像かにもいくつかあります。「さんすうだいすき」シリーズ1~10(遠山啓著日本図書センター、各2590円)は、子どもにとてもわかりやすく書かれています。ただ、1冊が高価なので図書館などで借りてきて読むとよいと思います。