全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

「助詞カード」であそぼう!~幼児も楽しめる助詞の教え方

こえない子たちにとって苦手な品詞のひとつが助詞です。理由はいくつかあります。

①日常会話の中で助詞はしばしば落ちてしまいます(「ねえ、学校?」「いや、病院」など互いに文脈が共有されていれば日本語は単語だけで会話できるからです)。

②助詞には一文字のものが多く(が、を、に、で、と・・)瞬間的に発音されかつ音圧も弱いため聞き取れないことがあり、また、口形がほとんど同じ助詞もあります(「ママ」「ママ」「ママ」、「学校」「学校」など)。

 ③助詞は名詞や動詞などと違って、前の語と後ろの語との関係を表示する機能を持つ品詞(機能語)です。そのため、「が」なら「が」という助詞だけを単独で取り出して使用方法を学ぶことができません。必ず文の中で学ぶことが必要です。

 

では、文の中で助詞は、どのように教えればよいのでしょうか? 助詞にも格助詞とか副助詞とか接続助詞とかいろいろありますが、まずは、きこえない子が躓きやすい一文字の格助詞「が、を、に、と、で」を取り上げて指導します。

 

助詞カード.JPGのサムネール画像のサムネール画像

〇助詞カードで遊ぼう!

 まず、助詞を視覚化した助詞カードを作ります。助詞の「見える化」です。これを使って遊ぶだけで、ある程度音声で会話が出来ている子には助詞の使い方の間違いを少なくすることができます。以下、教材の作り方と使い方を説明します。 

①「助詞カード」の作成

 まず、助詞のカードを作成します。割りばし付きとそうでないものと二種類準備します。厚紙であればラミネートはしなくてもOKですが、長持ちさせるにはパウチしたほうがよいでしょう。大きさは5~6cm四方。10cmの大き目

助詞カード棒つき.JPGのを作ってもいいでしょう。

*下記より助詞カードの印刷用原版(PDF)がダウンロードできます。

助詞カード.pdf

 ②絵本の中で助詞カードを使おう~助詞「が」の例

 まず、絵本を読み聞かせをするときにこのカードを使ってみましょう。助詞を意識させるのに最も適した絵本は、かがくいひろしの『だるまさんが・の・と』の3部作。この絵本の中の『だるまさ

だるまさん三部作.pptx.jpgんが』をひらき、助詞カード「が」を使いながら読み聞かせてみましょう。

 絵本の各頁の文、例えば「だるまさんが・・」と読みながら、だるまさんの絵に助詞カード「」をあてます。頁をめくるとおならをしている絵です。「ぷっ」と言って、だるまさんの絵にカードをあてて、「だるまさん ぷっ」「あっ、だるまさん おならしちゃった。くさいくさい」などと言って

だるまさんが.JPGだるまさんがプッ.JPGしみます。このように助詞カードを絵にあて「が」を強調しつつ読み進めます。

助詞カード「が」を使って絵本を読もう!.pptx.jpgのサムネール画像このような繰り返しのある絵本は、何度かターゲットになっている助詞が出てくるので

その助詞を強調しながら読み聞かせを楽しめます。例えば『誰かしら』『きんぎょがにげた』『おおきなかぶ』なども「が」を強調しながら読み聞かせが出来ます。こうした絵本の中で「が」は、動作・行為の主体(=動作主・主語)であることを示します。

 だるまさんシリーズでは、助詞「と」や「の」も同様使って読み聞かせができますが、ここでは省略します。

ポストが.JPG

②助詞カードを使って遊んでみよう!~助詞「が」の例

 次は助詞カードを使って、いろいろなもの(具体物)にあてて文を言ってみましょう。

例えば、今、ポストに「が」があたっています。どんな文を作りますか? 上の写真なら「ポスト赤い」「ポストある」「ポスト立っている」、下の写真なら「ポストバタン」「ポスト倒れた」「ポスト寝てる」等々。

 また、写真下のような人形を使ったり(「リ

ポスト2.JPG可愛い」など)、実際に身の回りのもの、自分のからだなどにあてながらいろいろと「が」を使った文を作って遊びます。自分のおなかにあてて「おなか痛い」とかおやつにあてて「おやつ食べたい」など楽しめます。

 

リボンが.JPG








③その他の助詞カード(「を・に・で・と」など)を使って

 

助詞カード「を」を使って絵本を読もう!.pptx.jpg同様に助詞カード「を」を使って絵本を読みます。これも図のような繰り返しのある絵本がよいでしょう。絵本の次は、具体物や人に助詞カードをあてて同様にあそびます。

 

④助詞カード「が」「を」を使って

それから絵本『おおきなかぶ』で、助詞カード「が」「を」を一緒に使い、文にしたがって絵にあてた助詞カードを順次動かしながら読んでみましょう。右ファイルの例は『おおきなかぶ』を使った例です。

 そして絵本の次はまた具体物を使って動作しながらやってみましょう。

 

〇助詞カードを作ってあそんでみたら・・

助詞カードを使ってみたら2.pptx.jpgうしたあそびを、実際に聾学校年中児さんにやってみた保護者がおられます。果たしてその効果はどうだったのでしょうか? 右のファイルをご覧ください。

 *右記のお子さんはこうした活動の中で助詞をマスターし、療育のSTさんにも「最近、急に助詞がわかるようになりましたね」と驚かれたそうです。

 

 



┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp