全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

新・日本語チャレンジ

どうすればきこえない人・きこえない子の読み書きの力を伸ばすことができるのか? 

ある地域で成人聴覚障害者の日本語の学習を担当されている言語聴覚士の方から、大きなヒントになるようなメールをいただきましたので紹介したいと思います。

 

〇成人聴覚障害者の日本語の学びなおし

「私が行っている施設では、成人聴覚障害者を対象として、現在、30代から50代の方が日本語を学ばれています。聾学校を卒業していても、日本語の獲得語も生活言語や自分の興味の範囲などに偏りがちです。そのため、使用するテキストにも解説が必要です。子どものときに習得する語彙が未習得であっても、実社会では字幕やメール、ラインなどで使用する文字言語が溢れており、わからない言葉に出会った時に誰かに詳しく説明してもらえる機会はあまりないため、語の意味に関する質問がとても多いです。

 

文の読み書きに助詞は避けて通れませんが、手話に交えて助詞を指文字で提示しても認識されません。(筆者注:その助詞がどのような意味をもち、どのような時に使用するのかわからないからです)そこで、「助詞手話記号・助詞記号」などを使って意味・用法を説明すると、そこで初めて視覚的に、その助詞の使い方について意識することができます。また、 「品詞カード」も、自分でそのカードに言葉を記入し、自分で操作することを通して、言葉そのものに注意が向くようになります。(傍線筆者)

 

時間の経過とともに消えてしまう音声や手話では、言葉そのものに注意が向かず、気づきのないまま進んでしまっているようです。「助詞手話記号・助詞記号」や「品詞カード」など、視覚的に提示し続けられると、そこでじっくり思考でき、理解や疑問に結びつき、更に理解が深まっているように感じます。(同上)

 

通常使う文は動詞文が多く、名詞文・形容詞文は馴染みが薄いようなので、一緒に例文を作りながら増やしたいと思っています。主語述語、5W1Hなどは会話レベルでも脱落が多く、他の教材を合わせながら学習しています。成人の方は、このようなテキストを使用して、日本語にはルールがあるという事が少しずつわかっていくようです。」(某県・言語聴覚士)

 

以上がいただいたメールですが、聾学校を出ていても日本語の読み書きが十分にできない という成人の方は少なくありません。聾教育の根本的な問題がそこにあるわけですが、その問題は横においておくとして、成人の方の学びのプロセスがきこえない子どもたちの日本語を身につけていくプロセスときわめて似ていることに驚かされます。上の言語聴覚士の方も言っておられるように、消えてしまう指文字や音声ではなく(頭の中に長い単語や文を覚えていることは難しい)、消えることのない文字や記号・カードを使って、その人のペース 使用教材2.JPGで、それらのカードを実際に動かしながら、手と目を使って操作しつつ、基礎的な文のしくみを学ぶのがいちばんよいということです。短い文の中で、自分で「見て(読んで)」「意識して」「動かして」「理解して」「書いて」覚えていきます。その時に大事なことは意味が「わかる」ということです。意味が「わかる」ためには、わかるための具体的な教材・教具、手立てが必要です。それが「助詞手話記号・助詞記号」「品詞カード」です。このようなツール(道具)を使って視覚化することで、文がどのようなしくみ(構造)をもって成り立っているのかがとてもわかりやすくなります。

 

〇 発達障害のある子に・・

使用教材.JPG実は今年、ある聾学校で、①発達障害のある小3の児童二人に、動詞の活用や文のしくみの基本を、上記のような視覚教材を使いながら1年間指導したところ、一人の児童はそれまでJcoss(日本語理解テスト)で名詞だけ1項目通過でしたが、一挙に5項目まで通過。もう一人の児童もJcoss2年間、通過はゼロでしたが6項目まで通過しました。二人とも「厳しい児童」と先生方から思われている子たちですが、課題を明確にして「わかる!」という経験を積み重ねることで、どの子も伸びるということを証明した事例だと思います。(写真は使われた文法指導教材)

 

 

〇幼児にも教材を使うことで・・ 

以下は、ある年長幼児に1年間にわたってこのような家庭学習を積んでこられた保護者から、年長修了にあたって送って下さったメールです。このお子さんは、このホームページでも紹介しているお子さんです。以下のURLをご覧ください。

http://nanchosien.com/papers/04-4/

 

「・・・年中の途中に、ジェイコス7項目通過を目指した日を思い出します。諦めそうになった時、このHPを何度読み返したか分かりません。100%の力を出し切って子どもと向き合いました。とても濃い時間をすごせました。わが子の現状を受け入れるのが苦しく・・でも、それ以上に成果が出ると嬉しく、もう進めないと泣きながらも、やっぱり少しでも進もうと心に決めて真正面から、こどもと、自分自身と、難聴とはどういうことなのかと、向き合う日々をすごしました。・・・文法なんてどう教えたらよいのか迷ってばかりでした。助詞カードや大きな名詞ゲームなど、私には思いもつかない良い方法を教えていただき、本当に感謝の思いです。先日やったJcoss18項目の通過でした。」

 

 Jcoss18項目通過という数値は聴児の小3~4年レベルです。幼児でもこのような教材を使って指導すればそこまで伸びる可能性があるということです。「可能性は空の極みまで」(日本聾話学校長・故大島功先生)。ほんとにそうだなと思います。

『日本語チャレンジ』を使っていただいている聾学校の先生方から、時々、テキストを使用していただいた感想をいただくことがあります。今回は2人の先生からの感想を紹介します。

 

「日本語チャレンジ」で指導してみました!

自立活動の指導で日本語チャレンジをもとに文法の勉強を少しずつ進めています。 IMG.jpg

文法力には個人差がありますが、ほとんどの子が時間ぎりぎりまで「もう1枚プリントやる!」と言ってくれています。すごいです。子どもと取り組みながら、こんな風に考えるのか、こんな風に理解していくのか、と私自身にも毎回発見があります。(聾学校小学部自立活動担当教員)

 

 「レディネステスト(助詞)」のあとに

レディネステストを使って助詞の理解を調べたあと、その結果をもとに個別指導をしました。

助詞のテストでは、ひとりひとりの苦手ポイントが気持ちよいほどはっきりしました。

70~80%の正答率の子もいますが、その子たちにも使い方があいまいな助詞があり、ほとんどの子が混乱していたのは「に」「を」「で」の使い方でした。その程度の間違いは、手話記号を使って整理したあと練習プリントに取り組むと、「ああ」という感じであっという間に苦手をクリアしていきました。手話記号はとても有効でした。

 

受動文の指導

その他に多かったのは「れる」「られる」の受動文の文型と助詞の使い分けの混乱でした。これはウサギとカメが走っている絵カードを動かしながら「追いかける」「追いかけられる」を確認したあと、文を読んで文の表している通りにカードを置く練習をしてから、助詞の確認をすると、理解がスムーズになりました。 vcm_s_kf_m160_160x108.jpg

vcm_s_kf_m160_160x109.jpgのサムネール画像

まだまだ試行錯誤をしながらの取り組みですが、効果を実感したので、言語通級教室の先生方にも紹介したところ、発達障害の子たちにも助詞があいまいな子が多いので使ってみたい、言われました。いろいろな子に役に立ちそうです。(ろう学校小学部2年教員)

教科書の文章を、「品詞カード」を使って品詞分解することができます。そうすることによって、文の構造を視覚的に把握できます。ここでは、「国語」小1上(学校図書)の最初に出てくる物語文を使って品詞分解をしてみたいと思います。以下が教科書の文です。

 

         いいもの みつけた(題) 

もりの なかに、いえが あります。 りすの おやこが います。

わたし、たねを みつけたの。 ぼく、どんぐりを ひろったよ。

いい ものを みつけたわね。 かあさんりすが いいました。

ふたりは、たねと どんぐりを、つちの なかに うめました。

あたたかく なると にわに、ちいさな めと おおきな めが でました。

みんなは、うれしそうに、 みどりの めを みました。

 

1.タイトル「いいもの みつけた」

この単元は全体が会話調になっているので、助詞がしばしば省略されています。タイトルからして、すでに「を」が省略されています。また、「いいもの」は一括りで名詞として表示してもよいと思いますが、ここでは、「いい」(形容詞)+「もの」(名詞)とに分け、さらに一括り(名詞句)にしました。形容詞とか動詞は名詞を修飾するときにも使われ、小1下あたりから複文構造になって沢山出てくるので、それに慣れる必要があるので、そのように表示してみました。また、このくくり方は、この単元では、ほかに「ちいさなめ」「大きなめ」でも使われています。 文法指導.jpg

 

2.次に、助詞「の」ですが、これは、前の名詞と後ろの名詞を繋いでいろいろな関係をあらわします。これは「名詞」+の+「名詞」として分けて、さらに大きな括りにしました。この単元では、「もりのなか」「りすのおやこ」「つちのなか」「みどりのめ」などがあります。

 

3.文章全体を品詞分解してみるとわかるように、まだ複雑な文型は使われていませんし、それぞれの文末は全て動詞です。途中1カ所だけ形容詞につながって「あたたかくなる」+「と」という箇所 文法指導_0001.jpgがありますが、この「と」は、接続助詞「と」で、その前の「あたたかくなる」という時間的変化の結果として、「にわに ・・・が出ました」に繋がっています。読み方としては、この「と」のところで一呼吸入れるとよいと思います。

 

4.「ちいさなめ」「と」「おおきなめ」の「と」は格助詞の「と」で、二つの芽を並列に繋ぐ「と」です(「東京と大阪で開かれる」などの使い方と同じ)。上記3の「と」とは意味が違います。江副文法では「情報内の助詞」と言います。

 

5.「ふたり」「みんな」は時数詞(江副文法)といい 文法指導_0003.jpg、ピンクで表示しています。時間や数量をあらわす名詞です。「みんな、うれしそうに」のように、「みんな」のあとの助詞を省略する使い方ができます。

 

6.「うれしそうに」の「~そう」は、「高そう」「嬉しそう」「苦しそう」など形容詞に「そう」がついて、そのあとに「~そうな」「~そうに」「~そうで」となって形容動詞的な使い方が可能です。これを江副文法では「なにで名詞構成語」といって、はたらきはなにで名詞と同じです。

 

7.動詞では、「いえが あります」と「りすのおやこが います」の、「あります」「います」の使い方に、指導が必要でしょう。物(無生物)は、「あります」ですし、人や動物(生物)には「います」を使います。これは例文を作って指導するとよいと思います。

 

8.動詞で難しいのは、「みつける」(他動詞)と「みつかる」(自動詞)の違い。「みつける」は、「わたし(が) たねを みつけた」「(あなたが) いいものを みつけた」などのように「だれが」「なにを」が必要な動詞ですが、「みつかる」は、「わたしがみつかる」「さいふがみつかる」などのように、「なにを」を必要としません。

また、「うめる」(他動詞)と「うまる」(自動詞)も同様です。また、「うめる」には「お湯を水でうめる」などの別の意味もあるので、この際、指導しておくこともできます。

 

9.その他として、「ひろう」の反対の「すてる」。「ある」の反対語「ない」、「いる」の反対語「いない」なども、この機会に指導できるでしょう。ことばを増やすためにはこのような機会を逃さないことです。

 

10.最後に、構文ですが、冒頭の文は、「もりのなかに いえが あります」と、通常の文とは逆の語順になっています。物語の冒頭は、「昔、ある所に、おじいさんと・・・」などのように時間→場所→何・だれの順になることが多いですが、この単元でも、場所→何の順に場面の設定をしています。

 

このように、一見、簡単な文章のようにみえますが、文法的に注意が必要なことは沢山あります。これを全部指導する必要はありませんが、知っておきつつ、今、この単元で何をどう指導するかが大事なのだと思いますし、日本語を指導する上では、このくらいの文法的知識をもっておく必要があります。 教科書品詞分解例.jpg

最後に、ここでは教科書の上でそのまま品詞分解してみましたが、「情報」「助詞」「述部」の構造図の中で、横書きにして、ひとつひとつの文を模造紙等に書き出すほうがずっとわかりやすいことは言うまでもありません。(右図例参照)

ここでは、「品詞カード」の作り方について説明します。品詞カードは、黒板上にはって

提示する文の構造を視覚化してわかりやすくすることができます。まずは、色方眼紙で品詞カードを作成する方法について。 「品詞カード」の作成.jpgのサムネール画像

 

1.準備するもの

 まず、準備するものは、色方眼紙(黄色=名詞、ピンク色=時数詞、黄緑色または薄緑=動詞、水色=形容詞、ペール色=なにで名詞・形容動詞)です。

色方眼紙はネット販売も利用できますが、まとまった枚数でないとなかなか買えないので、厚紙に色画用紙を貼るのでもかまいませんが、凹凸ができやすいのでできるだけ色方眼紙を使うのがよいと思います。

それから、図書館の本などに貼り付ける時に使う透明のカバーフィルム(ブックカバー)。わたしはニチバンの粘着剤付きロールタイプ(2m×35cm)を使っています。アマゾンで461円(送料なし)で購入できます。

 マグネットシート、カッターナイフまたははさみ、セロテープ

  品詞カードの種類(例).jpgのサムネール画像

2.作り方

(1)色方眼紙の黄色(名詞)、ピンク色(時数詞)、ペール色(なにで名詞)は、長方形に切ります。サイズは通常の教室の黒板で使用するのであれば、9cm×21cmくらいに切ります(個別指導など小黒板で使うのであればその3分の2くらいの大きさ)。

(2)色画用紙の黄緑色(動詞)、水色(形容詞)は、まず名詞などと同じ長方形に切った後、長い辺の端から5cmくらいのところに印をつけ、短い辺の真ん中から切って、横長ベース型にします。

名詞と動詞は多く使うので10枚くらいあるとベストです。形容詞、時数詞、なにで名詞は5枚くらいあれば足りるのではと思います。足りなければまた作ればよいでしょう。

(3)それぞれの色方眼紙の色面全面を覆うようにカバーを掛け、内側に1cmくらい織り込みます。その時にしわがよらないように気を付けます(携帯の画面に保護フィルムを貼り付ける要領で)。粘着剤は付いていますが、端っこは、必要に応じてセロテープ等で補強しておくとよいでしょう。 品詞カード使用例.jpgのサムネール画像

(4)カードの裏面にマグネットシートを適当な大きさに切ってはりつけ、黒板等に貼っても落ちないようにします。これで完成です。

あと、「情報」「助詞」「述部」といったカードも作っておきます。これは普通の厚紙にマグネットを貼り付けたものでよいです。

  文の構造図.jpgのサムネール画像

以上で完成です。ホワイトボードマーカーなら何度でも文字を書き、消して使えますが、油性マジックは消えないので注意が必要です。

 また、模造紙上で使用するには、色画用紙を同様に切って品詞カードを作ります。ただ、これは、マジック等で書いて使うので(上図「ごんぎつね」例)何度も使用することはできません。

さらに、児童用としては付箋紙をカットして品詞カードを作成すると、児童が机上の紙面上またはホワイトボード上で、カードを操作しながら文の構造を学ぶことができます。

 

 

*なお、品詞カードを使った日本語文法の指導方法については、このHPの「日本語文法指導」の各カテゴリーを参照してください。

 

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp