全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

子どもへのことばかけ、どうしてる?~1,2歳児ママの育児記録から

「きこえない子との会話、どうしてる?」 ママたちの悩みの一つです~最初から誰もが上手にことばかけができるわけではありません。周りのお母さんのことばかけの様子をみたり、スマホで子どもとのやりとりをしているところを家族に撮ってもらい乳相担当の先生にみてもらってアドバイスをもらったり、よりよいことばかけを工夫していきたいものですね。その時に、シャワーのようにただことばをたくさん浴びせればいいのではなく、子どもの興味関心に添って、ことばを豊かに使う、子どもの目線を必ずとらえてからことばかけをするという基本は守っていきたいものですね。「ことばかけした」という大人の自己満足に終わらないようにしたいものです。以下、あるママの育児記録を紹介しつつ考えてみたいと思います。

 

【事例A君(1歳10か月)】  Mはママ。口話に手話併用 

「朝食に玉子を焼こうと冷蔵庫を開けると、牛乳が目に入りA「牛乳」サイン。M「牛乳飲

牛乳 電子レンジ.jpg

みたいの?」A「うん、うん」(激しくうなづく)M「じゃあ牛乳飲もう!」A「バー(ジャーと言っているつもり)M「ジャーして飲もうね。コップ持ってて。」(持って待つM)「ジャー」A「バー」そのまま、飲むかと思ったら、耳に手を当てA「んー、んー」と声を出す。(レンジのピーピーをまねしているらしい。A流の電子レンジサイン)M「レンジ ピーピーしてあったかくして飲みたいの?」A「うんうん」(うなづく)抱っこすると自分でレンジの扉を開けてコップを入れ、ママが時間をセットすると自分でスタートボタンを押して、A「待ってるよ」サイン。少し待って、すぐ耳に手を当てA「んー、んー」M「ピーピーきこえたかな。まだあったかくならないねー。」といっぱい会話ができて楽しかった。」


毎日繰り返される生活場面で、A君とママが豊かに会話している様子が描かれていますね。何気ない【牛乳を飲む】といった場面でも、これだけ豊かにおしゃべりができることが伝わればいいなあと思います。子どもの、牛乳が飲みたい意図がお母さんに伝わり、「はい どうぞ」と牛乳を渡すだけのかかわりでは、ことばが豊かに育つことは難しいと思います。子どもに関わる大人が、A君のママがしているように、丁寧なことばかけができるよう慣れていきたいものですね。A君とママは、このように今はやりとりが成立していますが、ここまで来るまでには、ママの一人芝居の時間が長かったわけです。ママはA君が赤ちゃんの頃から応答のないA君に手話も使って「牛乳 飲みたいの」という代弁をしたり、「ジャー」とつぐ際に声をかけたり、温める時には電子レンジの音にも傾聴させたり、一緒に温まるまで待っている間も子どもに話しかけたり、という一人芝居を重ねてきました。その結果、A君の表出が育ってきたわけです。種をまき、水をやらない所に花は育たないように、お母さんはじめ、身近にいる大人の豊かな「ことばかけ」という種まき、水やりが行われないと、子どもの手話や音声言語といったことばは育ちにくいといえるでしょう。芽が出るのを楽しみにしながら、小さければ小さいほど、その時期を丁寧に過ごしていただきたいものだと思います。

 

【事例Bちゃん(2歳6か月)】   Mはママ。口話に手話併用

「・・・クマが水遊びする池を、ガラス張りの囲いから見ていた所、クマが猛突進で池に

動物園の熊.jpg

飛び込んできた!「ザッブーン!」といったん水に入った後、ガラス越しに見ているBに向かって襲いかかってきた!さすがのMも一瞬顔がこわばりB「ウェ~ン!」と泣いた。家に帰って、M「今日はたくさん動物見たね。○と△と・・・」M「クマはこわかったねー。ガオーッて襲いかかってきたよ。」と話したら、B「クマこわい、こわい」といつまでもやっていました。私が続けてM「でもクマさん、もう眠っているかな。」と話すとBも「クマ ねんね。」と安心した様子でした。」

 

動物園で、心動かされる体験をたくさんしたBちゃんです。Bちゃんのママは、その体験を振り返るお話をしています。「○や△見たね。」という見た動物について話しをし、特にクマが襲いかかってきたという一番印象深いお話をしてあげました。もちろん、こわかったクマ体験でしたから、Bちゃんも食い入るように話を聞いたようです。そして、そんなクマで頭がいっぱいのBちゃんに投げかけた「クマさん、もう眠っているかな」の一言。これがママの上手なことばかけでした。体験していない想像の世界についても、Bちゃんとの会話に盛り込んだところがとても良かったと思います。「クマさん、今頃何しているだろう。」「クマさんどうしているかな。」といったことばかけも同じ「考えさせる」「想像を働かせる」類のことばかけですが、こうしたことばかけが子どもの気持ちや状況に応じて的確に投げかけられることで、子どもの思考力や想像力が育っていきます。そのためには、子どもが、お母さんに何を語りかけられているかがきちんと理解できるようになっていることが必要ですが、その素地は、親御さんによる一人芝居の時期の丁寧なことばかけの積み重ねによって作られていくのです。Bちゃんのママは、高度難聴のBちゃんのためにしっかりと手話を学び、会話で使ってきたので、Bちゃんがお母さんの話すことはだいぶ理解できるようになってきています。A君も、Bちゃんも、親子の間でやりとりが成立する素地をこれまで作ってきて、今があるということですね。小さい時からの年齢に合わせたことばかけ、大切にしていきたいですね。

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp