全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

「イヤイヤ期」~行きつ戻りつ成長する子どもたち 

 前回(3/29)、一語文から二語文への手話での言語発達について書きました。子どもは2歳頃になると、記憶する力も伸び、楽しかった過去の経験が語れるようになってきます。そして頭の中にある楽しかった思い出をありったけの単語を羅列して語るようになります。しかし、経験したことを伝えきるにはまだ語彙数が十分とは言えません。「今、ここ」でのことなら実物や身振り、表情、指さしなどの手掛かかり(非言語情報)も使えますが、「あの時、あのこと」を語るためには、名詞の羅列だけでは伝えきれません。叙述表現には文の述部を構成する動詞形容詞が必要になるからです。  

 しかし、「ものには名前がある」ことがわかるようになった子どもたちは、外界への関心をさらに高め、「語彙の爆発期」を通して次第に語彙力と文で伝える力を獲得していきます。それが2歳から3歳の頃です。ちょうどこの頃、子どもは「自我の芽生え」の時期を迎えます。そこで今回は、2歳から3歳代にかけての心の面での発達について書いてみたいと思います。

 

 〇自我の芽生える頃

魔の2歳児1.jpgきこえる子もきこえない子も2歳頃になると自我が芽生えてきて、なんでも自分でやりたがるようになります。「自分」という意識が高まり、大人の言うことをすんなりとはきいてくれません。そのためにママやパパ、兄弟などとの衝突も増え、癇癪を起してひっくり返り泣きわめくことも少なくありません。そのためにこの時期は「イヤイヤ期」とか「魔の二歳児」などと呼ばれることがあります。この時期をどう乗り越えればよいのでしょうか? 


子どもは1歳を過ぎると写真や鏡に映っている自分やパパ、ママなどがわかるようになってきて、他人と違う「自分」という存在に気づき始めます。また、自分のしたいことや嫌なことがはっきりしてきて、ほしいものを要求し嫌なことは拒否しますが、まだ自分の欲求や衝動を抑える脳の機能も育っていないので我慢することができません。

2歳になるとその傾向はますます強くなってきます。そのために大人の側もついイライラすることが生じがちですが、でもこれは裏を返せば「自分でやり通したい、がんばりたい」という子どもの積極性・意欲のあらわれでもあるので、この気持ちを大事にしてあげることが大事です。しかし、やりたい気持ちとは裏腹に、まだまだ運動機能も不十分であったり、やりたいけど自信がないという心の揺れを感じたりするために、自分でやり通せず、癇癪を起したり泣いたりなど感情が揺れ動きます。その子どもの心理を読み取り、子どもの自我をはぐくむ大切なチャンスととらえ、子どもの気持ちにまず寄り添い、「~をしたかったんだよね」「大丈夫。だんだんとできるようになるよ」と上手に受けとめて自信をもたせていくことが必要な年齢です。

 

〇どのような対応が必要か?~肯定先行

とは言っても朝の時間がない時に「イヤイヤ」が始まるとついついイラっとして「時間がないから早くして!」「今日はママがやるから、もうっ!」と叱りたくなったりしますが、それはかえってドツボにはまりかねません。そこで一工夫。これから行くところの写真カードを見せて「この前のこの遊び、楽しかったねえ。またやりに行く?」とかスマホを取り出して「あっ、〇〇先生が早くおいで~ってメールくれたよ」などと演技をするのもありかもしれません。ともかくいちばん大事なことは、まず子どもの気持ちを受けとめること。頭から指示・命令・禁止・叱責ではなく、「〇〇ちゃんは自分でやりたいんだね」、嫌がるときは「いやなんだね。じゃあ、やりたくなったら言ってね」などと本人の意思を尊重することで、子どもは自分が認められているとが実感できます。まず何より肯定先行が大事です。


〇比べる力の育ちを手掛かりに~対概念

また、2歳は、「同じ・違う」「良い・悪い」「上・下」「出来る・できない」「大きい・小さい」「長い・短い」「たくさん・少し」といった対比的な概念が育ってくる時期です。このような概念が育ってくると、「大きくなった自分」「良い子の自分」というイメージを子どもの内面に育てることができるようになってきます。うまくできた時に「大きくなったね」「お兄ちゃん(お姉ちゃん)になったね」「良い子の〇〇ちゃんになったね」と「成長した自分」というイメージを子どもの中に育てていくようにします。そうすると癇癪を起して泣きわめいているときなどに「良い子の〇〇ちゃんはどこに行っちゃったのかな?」「おーい、お兄ちゃんの〇〇ちゃーん」などと子どもに「成長した自分」に気づかせていくこともできるようになってきます。

このような繰り返しの中で、3歳を過ぎると「少し待ってみようかな。がまんしようかな」と徐々に自分の気持ちをコントロールできるようにもなってきます。

 

〇きこえない子たちの心の育ち~心の発達を支えるには言語が大事!

魔の2歳児2.jpgこの成長の過程はきこえない子もきこえる子と基本的には変わりません。心の発達の系とことばの発達の系は別ですから難聴のためにことばの発達が遅れても心の発達は遅れません。ことばを獲得してきた聴児でもまだまだ自分の要求や主張をきちんとことばで伝えることができませんし、できなくてかんしゃくを起こしてもことばで行動をコントロールすることが難しいわけですから、言語を持たないきこえない子への対応はなおさら難しい。だったらどうしましょう?この時期に使える言語、それが手話なのです。以下、聾学校乳幼児相談に来談している保護者の育児記録の中からいくつかの事例を紹介します。

事例A~Dは、2歳前後の「自分」を主張し始めた頃の子どもの事例です。やりたがる子どもの気持ちを尊重し、最後まで見守り、できたことをほめることで上手に子どもに満足感を与え自信をつけさせています。「肯定先行」の大切さがわかります。そして伝えあえる言語の大切さも。

魔の2歳児3.jpg事例Eは、2歳代で育ってくる対比する力(対概念)を使い、二つの具体物から子どもに選ばせ、自分が選んだという満足感をてこにして自分から着替えをやろうとする気持ち育てています。

事例Fは、子どものやりたい気持ちを優先するなかで、母親が率先して地域の人たちにあいさつしているのをみて、子どもも自分から挨拶するようになっています。2歳後半~3歳頃になると、大人の使っていることばを

魔の2歳児4.pptx.jpg真似て使いたがる子も出てきますが、挨拶のことばは理屈ではなく躾としての面が大きいので、このような時期にうまく習慣化するのがよいと思います。

事例Gは、家庭の中でのそれぞれの役割を「仕事」という概念で理解し、率先して自分の仕事=身の回りのことを自分ですることと考え、家族の中での自分を位置付けており、心の成長を感じさせる事例です。


┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp