全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

ことばを伸ばす関わり方~インリアル・アプローチ

ことばの力を伸ばしたい。そのためには子どもとやりとり(コミュニケーション)する時間が必要。でも仕事をしているし、なかなかじっくり関わる時間がとれない。それなら関わる時間の量的少なさを関わりの質をあげることで補えないでしょうか? お子さんとの関わりは‟量"より‟質"。具体的にどうすればよいでしょう? 今回は当たり前と言えば当たり前の方法なのですが、ちょっと理屈っぽくなってしまいますが整理してみました。

 

〇インリアル・アプローチ

 子どもとのよりよいコミュニケーションをとることで、ことばを育てようとする方法に「インリアル・アプローチ」というのがあります。1974年に米国コロラド大学でことばに遅れのある子への言語指導法のひとつとして開発されました。その特徴は、子どもとのコミュニケーションの中で、関わり方を改善することで子どもの表現したい気持ちを育て、その結果としてことばの力を育てようとする方法です。そしてそのアプローチとして「7つの技法」が紹介されています。

 この方法は、聴覚障害教育に限らず、発達障害を含め、ことばやコミュニケーションの指導に広く使われているもので、技法の中には、保護者の方々が日々自然にやっておられることも多く含まれていますし、これまでにも聴覚障害教育の中で取り入れられてきたことも含まれており、それほど目新しいことではありません。しかし、一度、頭の中で整理して確認することで、具体的に日々の生活に‟意図的・意識的"に役立てていただけるのではと思い、紹介することとしました。

 

〇4つの基本姿勢(SOUL) 

インリアルアプローチ(基本姿勢).pptx.jpgまず、大人の基本姿勢として4つの大事なこと(SOUL)が挙げられています。子どもと関わるときの心構えのようなもので、これは聴こえない子と日々関わるときの基本ともいえることだと思います。

 

①「待つ」(Silence・・・まず初めに子どもが何かをやろうとしているとき、それをやり始めるための余裕を作ってあげることが大切です。そのためには、大人は自分の考えや意図を押し付けるのではなく、肯定的な雰囲気をつくり子どもの様子を静かに見守ります。 

②「観察する」(Observation・・・子どもを静かに見守りながら子どもが何をどのようにするかをよく観察します。単にコミュニケーション能力だけではなく、子どもの気持ち、モノや人への興味関心の持ち方、その能力などについて観察します。

 

③「深く理解する」(Understanding・・・観察し感じたことから、子どものコミュニケーションの問題について理解し子どもにどんな援助が必要かを考えます。

 

④「耳を傾ける」Listening・・・子どもに対して良き聴き手であること、それは単に耳からききとり口から出てくることばだけではなく、表情、身振りなども含め子どもの表す様々なサインを感じ取るよう努めます。

 

以上、①②はちょっと努力すればできそうですが、③④は子どもの障害や発達についての知識や経験の積み重ねが必要かもしれません。

インリアルアプローチ(7つの技法).jpg 

〇7つの技法

 以下は子どもとの具体的な関わり方の技術です。できそうなことから少しずつやればよいと思います。

 

①『ミラリング』・・・子どものやっていること(動作)をそのまま真似る

 大人が自分と同じことをしてくれることで、子どもは大人を身近に感じ、自分に歩み寄

ミラーリングの事例.pptx.jpgてくれていると実感できます。そして大人が共感してくれているとわかると、自分の動作・行為が他者に与える効果や意味について気づき、今度は自分から大人の模倣もするようになります。(右事例参照)

 

 

②『モニタリング』・・・子どもの出している音声やことばをそのまま真似る

ミラリングが動作の真似ならこちらは音声の真似。0歳後半の喃語が出てくる頃、比較的聴力のよいきこえない赤ちゃんも「ババババ」「マンマンマン」など心地良さそうに発声する姿が見られます。補聴器をつけ始めた子ども達が、自分の出した声が聞こえてくる、そしてまたその声を聞いてまた声を出そうとする。「とって」「あけて」といった要求の意味を含んだ声というよりは、単に心地よく声を出す、聞く、口唇の感覚を楽しむという、自声を楽しんでいる姿です。こんな時にそばから大人が「ババババ」「マンマンマン」と子どもの発声の後に同じような声を出してあげます。

また、子どもが犬を見て、「ワンワン」と言います(または犬の手話をした)。そうしたらこちらも「ワンワン」(「犬」の手話)をします。子どもに共感していることを伝えることで、子どもの発語や手話の表出を促します。

 

③『パラレルトーク』・・・子どもの行動や気持ちを言語化(音声・手話)する

 子どもが黙って電車を走らせているとき、大人が「ポーッ、しゅっぱーつ!」と子どものまだ言えない表現を補います。子どもの行動や気持ちをことばに表すことで子どもは「ああ、そういえばいいのか」と学ぶことができます。

 

④『セルフトーク』・・・大人自身の行動や気持ちを言語化する

 だだをこねている子どもに「あーあ、お母さん、困ったなあ。」腕組をして、困った顔で訴えざるを得ないことってありますよね。また、「お母さん、トイレに行ってくるからね。」と話してからトイレに行く・・これらは、大人が自分の気持ちや行動をことばにして伝える対応です。お母さんの考えや言い分を子どもに伝えることも大切です。また、説明してから次の行動を起こすことで、子どもを不安にさせない対応も大事です。

 

【事例】どこかに行く時は、どこに行くのか、何をしに行くのかを伝えてから行くようにしていますが、私の姿が見えないとキョロキョロして抱っこされていても探します。遠い場所からでも目が合った時、手を振って「ここにいるよ」とか手話も使って「もう少し待ってて」と言うと、少しの間泣き止んで待ってくれています。(0歳6か月)

 

⑤『リフレクティング』・・・子どもの言い誤りを正しく言い直す

 猫を見て「ワンワン」と子どもが言えば、「ニャーオ。ねこだ。かわいいね」と返します。「ワンワンじゃないよ、猫だよ」と言うと子どもは否定された気持ちになってしまいます。さりげなく正しい表現で返す、言い直しの対応です。学習途中の子どもの間違いをとがめない、表出の意欲を損なわない対応が大切です。

 

⑥『エクスパンション』・・・子どもの言ったことばを意味的あるいは文法的に広げて返す

子どもが「ミズ―!」と単語だけで言ったとき、「水を ちょうだい」と二語文で返します。発せられたことばの意味に合わせて正しい文で、不足した表現を補って返す対応です。子どもは自分の知らない表現を学ぶことができます。

インリアルアプローチ(技法の色々).pptx.jpg 

⑦『モデリング』・・・子どもの話題に沿いながら、新しいことばのモデルを示します

 子どもがおやつを食べているときに、「もぐもぐもぐ、おいしいね!」とか、特急電車を見て「デンシャ」という子どもに、「特急電車だ!ピューッ!速いね!」など、新しいことばや表現方法を伝えることを言います。


 〇自己評価の観点 

インリアルアプローチ(評価の観点①).pptx.jpg

以上7つのポイントを大人が子どもとのコミュニケーションに生かすことで、子どもは変わってきます。それから、インリアル・アプローチの基本姿勢や技法には書かれていませんが(元々、言語・発達障害の聴児への対応をベースにしているので)、きこえない子とは、必ず「目を合わせて」から話しかける、ということがなによりも大事です。見ていない時に声をかけたり手話をしたりしても、子どもに

向き合う気持ち」が伝わりません。

インリアルアプローチ(評価の観点②).pptx.jpg忙しい毎日でしょうが、子どもと関わる時間の少なさを質でカバーする!と考えてやってみていただければ幸いです。最後に自分の関わりの自己点検表を提示しておきますので使ってみてください。

【参考図書】

『インリアル・アプローチ』竹田契一,日本文化科学社

『実践インリアル・アプローチ事例集』,里見恵子,日本文化科学社



┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp