全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

うちの子、音、入ってる?~乳幼児期の聴性反応の見方

 赤ちゃんが補聴器をつけて間もない頃のお母さんたち方からこんな質問を受けました。

「補聴器をつけているのに、呼んでも反応しません。大丈夫でしょうか?」

「大きな音を出しても振り向かないのですが・・」

「きこえているのか、きこえていないのか、反応があったりなかったりで心配です。」・・・

 お子さんの難聴がわかって間もない時期の親御さんは、補聴器をつければすぐきこえるようになるのでは?と思っておられる方や、音が大きく増幅されていれば音に気づくはずだと思う方も多いようです。

しかし、実際には、聴力が重ければ重いほど、子どもは音に対しての反応をそう簡単に、はっきりと表してはくれません。では、音は入っていないのでしょうか? 

補聴器の調整によっては、音の増幅具合(=利得・ゲイン)が不足しているということもありますが、音が十分に入っていても、反応をはっきりと表してくれるわけではないところが、子どもたちの初期の聴性反応(きこえの反応)の特徴です。

難聴の赤ちゃんはこれまでに音を意味のあるものとして聞いた経験がありません。極端に言うとこの世の中に音が存在しているんだということ自体を知りません。ですから、赤ちゃんの聴力と補聴器の調整から十分に音が入っていると考えられる場合は、音が入っているのは確かなので、あとはどのような関わり方をして、音の存在に気づかせていくのか、家庭でどんなことをすればいいのかということになります。

 

家庭での聴性反応の見方

さて、では、どのようにして聴性反応をみていけばいいのでしょうか。それにはまず子どもの置かれた状況を理解することが大切です。子どもは、補聴器を装用したことで、今まで入らなかった刺激=音が入ってくるわけですが、その時に理解しておかなければいけないのは、その音は、私たち聴者がきいている音とは全く違う、不明瞭で、曖昧で、歪んだ音であるということです。「たろうちゃーん」と呼んだからと言って、「た・ろ・―・ちゃーん」と一音一音(音韻)がその音の通りに明瞭に耳に入ってくるわけではないということです。そして、まだ聞き慣れない自分の名前を呼ばれても、突然、得体のしれない音の刺激に驚くことはあっても、「名前がわかって振り向く」という反応が見られないのは当然のことです。ですから、名前を呼ぶ時には、目線が合った時に、指文字やサインを付けて、近づいて肩をトントンして笑顔とともに「たろうちゃん」と自然体で呼びかけるということを心がけて行きたいものです。

次に、私たち聴者も、きこえてくる音が何の音かということについては、経験を通して学んできたということを理解しておかなければなりません。救急車の音を聞いて、救急車のサイレンを鳴らして走る様子を見ながら、「ピーポーピーポー」音が救急車とイメージできるようになってきたはずです。その時に、身近にいる大人から、「どこかで事故があったのかな?」「誰か病気で救急車を呼んだのかな?」という話を聞いたり、大人同士が「近くの○〇病院じゃなくて、××病院のほうがいいよね。」などと話しているのを聞きかじったりしながら、救急車=病院、けが、病気...というイメージが形成され、音を聞くとどこか不安な思いになるように聴覚学習をしてきているわけです。

しかし、見たこともない鳥や動物の鳴き声を聞いても、その音からその鳥や動物をイメージすることはできません。テレビで見たことがある...といった間接体験も含めて、体験したことのないものについては、イメージが持てないのです。そのように考えると、補聴器をつけて間もない子ども達にとって入ってくる音は、体験したことのない、イメージが持てない音だらけ。つまり、入ってくる音は全て‟雑音"と言えるでしょう。何の音であるかがわからないので、音を積極的に探そうといった、振り向き反応が見られないのは当たり前です。私たち聴者も、自分に関係のないエアコンの音や雑踏での他人の声等は、雑音と見なしていちいち気に留めないはずですし、人声の中にたまたま自分のことが話されているのが聞こえたりすると、思わずそちらの方向に耳がダンボになったりしますが(カクテルパーティー効果)、それと同じです。大きな音がして、それが補聴器から音として入ってきたとしても、何の音かというイメージや興味関心がなければ、子ども達は反応を示しません。

ですから、わが子がきいて楽しんでいるのかなと思われるおもちゃや楽器、太鼓、鍋、フライパン等の音で、きくあそび(音遊び)をたくさん経験した上で、子どもが楽しめた音を使って反応をみるとよいと思います。音をきいて、見て、触って、奏でて...とたくさん聴覚以外の感覚も駆使してきいたことで、その音にまつわるイメージが豊かに形成されている音を使うのです。こうした音を近い所できかせてみると、「おや?僕の知っている〇〇の音だ!」と、子どもは振り向いてくれるでしょう。こうした振り向き反応を引き出すためには、親御さんが共感しながら遊びを通して聴いて楽しむという積み重ねが必要ということです。「きこえているのか、きこえていないのかわからない」のは、子どもにとって、耳から入ってくる音がイメージの持てない音であるため、反応の示しようがない状況にあるともいえると思います。

 

補聴器が音を増幅する器械と思うと、このように「聞こえ」の様子に目がいきますが、音の反応の見方で大切なのは、実は子ども本人の「発声」です。重度難聴のお子さんであると、周囲からの呼びかけや環境音についての反応をみるのは上記に述べたように、非常に時間がかかります。そこでまず、補聴器の効果を見るためには、お子さんの発声の様子をみていただきたいと思います。個人差があるので、どの位で~とはなかなか言いにくいのですが、子どもは、補聴器をつけて数か月すると、自分の声が補聴器に届き、きこえる...それを確かめるようにスイッチを入れたとたんに「あーあー」「あっ、あっ」というように発声する姿が見られるようになります。こうした様子は見られないけれども、「声が増えてきた」という様子が見られれば、それも大事な補聴器の効果の目安になります。補聴器のスイッチを入れてすぐの発声も、自分の声に気づき確かめる声だったように、補聴器装用に慣れていくと、自分の声がよく聞こえてくるので、自分の声をたくさん出して、声を確かめ、実感し、楽しみながら発声が増えていくわけです。そして、その発声の増加の後に、『声の変化』が起こります。「あーあー、あう あうあー、うわうわ」といった母音様の声が、「バッバッ、まんまん、ダッダッダ...」という両唇や舌を使った子音を含んだ声に変わっていきます。こうした声の変化は、聴こえる赤ちゃんが喃語から音声言語を獲得していく道筋と同じです。

 下記は比較的聴力のよい赤ちゃんの育児記録からの引用です。

A児(50dB、生後4か月補聴器装用開始)

「声は、ア、ウ、エ、ンだけだったが、『バババ』『パパパ』など濁音や半濁音がついた声を出すようになってびっくりした」(9か月)

B児(80dB 、生後7か月装用開始)

「『マンマンマ~』『バババ~』などの声を出すようになった」(1歳0か月)

 

聴こえる赤ちゃんは、お母さんの声を聴いて、お母さんの声特有の声のパターンやリズムやイントネーション(抑揚)を聴いて学習していると言われています。英語を話すママに育てられた赤ちゃんは英語の音韻を身につけていくけれども、日本語を話すママに育てられた赤ちゃんが英語の音韻を発声するのは難しいというように、最初に獲得する音声言語は、生後間もない頃からの「聴く」学習によると言われています。しかし、100B以上の重度難聴の子ども達に、補聴器から音韻を聞き分けて学習させていくことはとても難しいことです。それよりは、「行こうねー(イコーネー)」という抑揚や「ワンワン」「モー」といったリズムの違い(韻律情報)を聞き分けて、聴覚を音声言語理解の助けにしていくことを大切にしていくとよいでしょう。補聴器で低音域の音の増幅を大切にすると、こうした聴覚活用に役立てやすいものです。声を育て、耳から入ってくる音声言語のパターン、リズム、抑揚の違いを学習することを育てていくことが大事です。乳幼児期の子ども達は、補聴器の効果についてことばで教えてはくれません。是非、身近にいる親御さんが、わが子の補聴器を効果的に活用していかれるように、よく観察して、気づいたことをメモしておき、補聴器の担当者に伝えていかれるとよいと思います。

 

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp