全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

共働きでどうやって日本語を身につけたか?~二人の大学生の体験談から

 私は都会に住んでいて都会の聾学校に行く機会も多いですが、地方の聾学校に行く機会も年間、何回かあります。どちらに行っても最近増えてきたなあと感じるのが共働き家庭。聾学校幼稚部に通いつつ保育園も併用している子どももいますし、下校時に合せてデイケアから迎えが来て、夕方、親はそちらに迎えに行くという子たちも多いです。なかには聾学校の校舎を借りてデイが開設されている久留米聴覚特別支援学校のようなところもあります。ここでは、子供たちは同障・異年齢集団の中で放課後を楽しく過ごしています。放課後保障も進化しているのですね。かつて聴覚口話法の時代は、母親に仕事をやめて聾学校に付き添うよう求め、下校後も一緒に過ごして「ことばを入れる」ことを求めてきましたが、今は、そのような学校は少ないかもしれません。シングル家庭なども含め生活の厳しい家庭もあるでしょうし、企業で活躍されている方もおられます。

 

 ただ、かつての聾学校が母親に付き添いを求めてきたのはそれなりに理由があるのも確かです。両親が就労することによって時間的に親子で生活を共にする時間や会話の時間が減少し(兄弟が多いとなおさら)、そのことによって言語とくに日本語習得が疎かになることへの危惧です。結局は、聴覚障害が言語・コミュニケーションの障害であり、口話・手話に限らず、家庭でのルーチンな会話だけでは、「日本語」習得の問題がどうしても残ってしまうという問題です。そこが聴児とは違うところです。

 

〇二人の大学生の体験談より

 では、どうやってその問題は解決できるでしょうか? 私が担当している、ある国立大学の授業には二人の聴覚障害学生がいます。二人とも100dB以上で補聴器装用ですが、そのうちの一人A君は私立の名門の大学からの聴講生で、特別支援教育免許の取得のために来ています。もう一人のB君は今年、聾学校から大学に入った1年生です。

 先日、この二人にこれまで自分がどのように育ってきたのかという体験談を語ってもらい、そこから「聴覚障害とはどういう障害なのか?」について皆で考えるという授業を2時間行いました。その中でのテーマの一つが、「幼少期にどのように日本語を獲得したのか?」ということでした。

 

A君は地方の療育施設に時々通いながら保育園通園。そして小学校から普通校に通い、中学でいじめにあい、高校は聾学校です。そこから大学に進学しました。

一方、B君は、聾学校乳幼児相談から幼稚部へと進みそのままずっと聾学校です。ただ、幼稚部は厳しい口話法だったそうです。

この二人に共通点が二つあって、一つは当時は聴覚口話法の時代でしたが、家庭では手話を使っていたということです。もう一つの共通点は共働き家庭だということです。それでどうやって日本語を身につけたのでしょうか?

 

A君はお母さんが公務員。彼が語った幼児期の記憶は以下のようなことでした。

・指文字は年長になる前に全部覚えた。

・手話は、毎週15個の単語を日本語と結びつけて覚えた。

・母が毎日、絵日記を書いてそれを見て言語化して話しながら手話で表現していた。

話し終わった後に文章の主語、接続詞、助詞など教えてもらい、内容について質問されてそれに答えるという学習を毎日やった。

・文章の書き方を学ぶため、毎週1週間の出来事を自分で日記に書いた。

こうしたことを毎日積み重ねることで文章力や論理的思考力の土台を作るのに重要な役割を果たしたと思うとも語ってくれました。

  

では、毎日、どのくらいの時間やっていたのかと質問したら、夕食後にだいたい1時間半くらいはやったということでした。特徴的なのは、①手話・指文字も文字も音声も全部使ったということがあげられます。これは、ことばを覚えるための方略としては大事なことです(多重符号化)。ことばを覚える手掛かりが曖昧な音声だけでは覚えられないからです。また、語彙を増やすという活動を手話と日本語でやっています。毎週15語ということは1年間では800語。馬鹿にならない数です。また二つの言語を使うということは、学習言語につなげるためのメタ言語意識を高めることにも役立ちます。また、②絵日記という文字による言語化を中心に学習していることです。しかも、内容は主述関係や助詞、接続詞といった文法指導と書かれた文章読解の指導。ちゃんと文を読むための基本の力を幼児期から育てていたことになります。③さらに自分で作文する練習です。「まるで学校」と思われた方もいらっしゃるでしょう。では、「保育園ではどうしていたのか?」「まだ聞こえていないことを意識することもなくとにかく遊ぶのがただただ楽しかった」と。昼は保育園で元気に遊び、夜はお母さんと「言語指導」の日々。それにとくに反発を感じることもなく、本人にとってはそれがふつうの生活だったようです。

 

B君はどうでしょう? 

・聾学校幼稚部と保育園に並行して通園。また療育機関にも時々通い、発音指導や言語指導を受けていた。

・家族や自分の行動を写真にとり、カードを使って文を覚えた。

・日本語の文法を覚えるために助詞に丸を付けてひとつずつ役割を確認して覚えた。

 ・毎日、絵日記をお母さんと一緒に書いて、内容のやりとりや助詞などの使い方を学んだ。

 「では、B君は、毎日、どのくらいお母さんと一緒にそうした時間を過ごしたのか?」という質問には、やはり夕食後の2時間くらいとの返答でした。そして、その時間がとても楽しかったと応えてくれました。本人にとってはその日の出来事をきいてくれる時間、一緒に考えてくれる時間、絵本を読んでくれる楽しい時間だったようです。また、家族で手話を覚え、お父さんは、B君が地域の野球チームに入ったとき、一緒に手話通訳兼コーチとしてチームに入ったそうです。家族皆で協力し合ってB君を育てたことが伝わってくるエピソードでした。

 

二人の体験談から、大事だと思ったことです。

①共働きであっても家族で協力し合って(協力がないと難しい)、日々親子で関わる時間を確保し(1時間は必要かと思いますが、できなければ15分でも。それを習慣化することが大事かと)、そこでやりとりし、日本語を身につける時間がもてていることでしょうか。

 

②次に子どもが苦痛を感じていないことも大事でしょう。親子関係が安定していないと子どももなかなかいうことをきいてくれませんし、いやいややっていることは身につきません。そのためには大人の側の創意工夫や子どもを楽しませる演技力も必要かもしれません。そして、

③それが継続されること(両君とも小学校低学年くらいまで継続)。ここが一番難しいかもしれません。「石の上にも三年」と言いますが、そのくらいの時間が必要なのかもしれませんが、前回のSちゃんの事例は1年間でかなりの成果が上がっています。他児の例などからも1年あればかなり違うのは確かでしょう。

 

これからの時代、AIがますます進化してくることや外国からの労働力が導入されることなども考えると、いまある聴覚障害者の仕事(例えば自動車生産工場のラインの仕事など)もいつまでもあると考えない方がよいかもしれません。では、その時に必要なことはなんでしょうか? 人間関係に上手に対応できる対人関係能力(そのための障害認識)、そして読み書きのできる日本語の力、論理的にしっかりと考えられる思考力でしょうか。その土台をつくる時期はやはり幼児期なのだと思います。