全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

聴覚は上手に育てなければ育たない

「聴覚」障害児にとっての「聴覚」という感覚は、いわゆる五感の中で最も苦手な感覚であることは誰でもわかることです。その苦手な感覚を伸ばそうというのが聴覚学習であるわけですが、苦手さのある感覚を自分で自覚して「苦手さを克服してがんばろう!」などとは幼児はまだ考えることはできません。ですから周りの大人(家庭の親御さん)は注意深く配慮をしながら、子どもの中に「聴きたい気持ち」を育てていくことが最も大事なことです。

高度難聴児にとって、補聴器をつけて(人工内耳を装用して)最初に入ってくる「音」は曖昧で意味の分からない単なる雑音にすぎません。「聴きなさい!」と押しつけられても聴く気にはとてもなれない。「あれっ? この音なんだろう?」という気持ちが動かなければ、そのうちだんだんと聴く気持ちが失せ、しまいには音を拒否する、ということにもなりかねません。ですから、子どもが自ら「聴きたい!」と心を動かせるためにどのように家庭や学校で工夫していかれるだろうかを考えることがまず第一に大切なことでしょう。 

では、幼児にとって「聴く」楽しさとはどんなことでしょうか? それは、とにかく楽しい遊びを通して、また、子どもにとって意味のあることを通して「聴く」ことを育てることです。また、子どもがその人(家庭ではまずママ、そしてパパや兄弟など)の言っていることを聴きたいと思うかも大事です。子どもが期待してしっかりと「見ている」時は実は「聴いている」時でもあるのです。例えば、好きなままごとにお母さんがいっしょに遊んでくれている時、大好きなお母さんがお話してくれる手話に合わせた声は、子どもにとって、手の動きと合わせて耳に入ってくる音声は、聴きたいと思って聴くことばになると思います。「そろそろパパが帰ってくるよ。」そんなママのお話を見・ききながら、大好きなパパの帰りを待っている時に鳴ったチャイムの音は、大好きなパパが帰ってきたという合図の音であり、子どもにとって意味のある音だからこそ、聴きたい気持ちで待ち、聴くこともできる音なのだと思います。このように、子どもの能動的な気持ちを育て、聴覚を活用していく働きかけをたくさん見つけてほしいと思います。

 

さて、補聴器をつけて間もない時期の子どもたちにとって、耳から入ってくる音はどの様にきこえていると思いますか?救急車の音は、救急車の音として果たして聴いているのでしょうか。実は、私たちは耳で「聴いている」ようで、実は「脳で聴いて」います。そのため、頭の中にイメージがないと「何の音(声)が聞こえた」という理解にはつながっていかないものです。つまり、救急車を見たことのない子どもにとって、サイレン音から救急車をイメージできないのは、きこえる子どもも同じです。

補聴器をつけて(人工内耳をして)間もない時期の子ども達は、どんなに意味のある音が聞こえてきても、聞こえてきた音すべてが雑音(意味のない音)としてしかとらえようがない状況にあることを理解してほしいと思います。つまり、聴覚を活用するということは、一つ一つ音や声に意味があることを知り、そのイメージがその子に応じて豊かに描かれたり、音声言語や環境音を理解する際の手掛かりになったりするような使い方ができるようになることです。そして、学習を積み重ねなければ、聴覚を活用することは難しい。先ほどの救急車の例で言えば、パトライトを赤く照らして、サイレン音を発する救急車を実際に近くで見て、聴いて、お母さんに「ピーポーピーポー、救急車ね。ピカピカ赤く光ってるね。」などというようにお話ししてもらって初めて、「ピーポーピーポー=救急車の音」として子どもに取り込まれていくわけです。このように、チャイムの音も、犬の鳴き声も、好きな音の出るおもちゃも・・・すべて、1回どころか、何度も何度も音源を見て確認して、お母さん始め身近な大人が共感しながら、いっしょにかかわってもらうことを通して、ようやく「きこえた」という反応が始まります。そして、それからまた時間を経て、サイレン音を聞いて救急車サインをするというように、「何の音であるか」「なんと言ったか」がわかるようになるわけです。か細く、不明瞭な音・音声情報であるだけに、学習はかなり頻度高く積み重ねられないと聴覚を活用することは難しいものなのです。

 手話が入ったことで、視覚優位になるため、聴覚を活用できなくなるのではないか?」という質問もよく受けますが、考えてみて下さい。子ども達が傾聴している時には、必ず同時に「見ている」はずです。「見て聴く」ことで情報が増え、より学習の効果が上がることは「記憶の二重符号化」として認知心理学の分野ではよく知られています。また、補聴器のゲイン(利得)や人工内耳の電流の強度が、子どもに合っているかどうかも確認する必要はあると思います。そして、聴力が非常に厳しい子どもにとっては、「聴くこと」の限界もよく理解しながら、無理に音を聞かせようとしない見極めも大事です。太鼓のように、確実にきこえるであろう音を振動と共に楽しむといった、それぞれの「聴く」楽しさを育んであげることも大切です。一人一人の子どもにとって意味のある、聴きたいと思う音声情報の与え方をしているかどうか、ぜひ大人の側で振り返ってみてほしいと思います。子どもの生活や遊びの中に、聴覚を活用するヒントがたくさんあることを意識しながら、丁寧に、継続的に関わってほしいと思います。

おとをきく楽しさを育てたい①.jpg

 

右のファイルの事例R2歳5か月)は、「きこえた」という子ども気づきに対して、ママは、「きこえたね」と共感してから、一つ一つ「何の音か」ということをRちゃんに丁寧に伝えています。入ってくる曖昧な音情報を、一つ一つ「何の音なのか」と音源を見せ、「・・・・」ときこえてくる音は○○の音、と子どもがイメージを持てるように積み重ねたことで、聴覚が活用され始めました。救急車の音→救急車→病気、こうしたイメージが持てるようになったのも、「聴く」ことと合わせて、手話でその音にまつわる意味を伝えてきたママの関わりによるものです。

おとをきく楽しさを育てたい②.pptx.jpg

 

事例S2歳6か月)は、コーヒーメーカーの音は毎朝繰り返し体験する音。これまでにもママは「気付かせ、きかせる」対応をしてきています。自分から気づいたSちゃんへの、音源確認の働きかけ、これこそ自分から聴きたい気持ちを活かす聴覚活用への働きかけです。

 

事例T1歳7か月)は、Sちゃんが電車が大好きなのでいつも踏み切りへのお散歩も欠かしません。好きなことにじっくりと付き合う姿勢は、聴覚活用も育んでいます。

 

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp