全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

研究会代表(HP管理人)

〇難聴児支援教材研究会代表 木島照夫(兼HP管理人)

 東京都在住。鳥取県出身。孫6人(うち脳性麻痺の孫一人)の祖父。孫の保育園等の送り迎えに日々忙しくしている。 自己紹介.JPGのサムネール画像

 

〇経歴

 青山学院大学・同大学院で心理学を学んだ後、川崎市及び文京区等で子どもの教育相談に5年間従事。その後、教員として発達障害10年、聴覚障害教育30年経験。

 退職後の現在は、都立ろう学校早期相談員として乳幼児相談を担当したり、国立東京学芸大学で毎週、聴覚障害教育・心理関係の授業を担当している。

 

 

○主要論文

「聴覚障害へのアプローチ~ろう学校での実践から」大正大学カウンセリング研究所紀要,1992

「障害受容とは何か?(1)(3)」『トータルコミュニケーション研究会会報』19961997

「聴覚手話法の実践」『聴覚障害』2001 

「よりよいコミュニケーション環境を求めて」足立聴覚障害教育研究会,2002

「コロラド家庭訪問支援プログラム」厚生労働研究報告書,2006

「家族との連携―臨床訓練マニュアル」厚生労働研究報告書,2007

「小学部児童の日本語文法力の把握と指導の試み」全日本聾教育研究会,2007

「日本語文法指導の実践」聴覚障害児支援夏季研究大会,2009

「日本の人工内耳~調査報告(1)(2)」『ろう難聴教育研究大会報告書』20102011

「人工内耳事例報告(1)(2)」全国早期支援研究協議会,20102011

「乳幼児期のよりよい保護者支援をめざして」全日本聾教育研究会,2014

 

○主要著作(含共著)   

「聴覚障害者の心理臨床」,村瀬嘉代子編,日本評論社,1999

「リファーとなったお子さんのお母さんと家族の方へ」,全国早期支援研究協議会,2005

「『お子さんの耳がきこえない』と言われたら」,同上,2006

「きこえにくいお子さんのために」同上,2007    

「たのしいゆびもじ」同上,2007

「パパと一緒にハッピーサイン」同上,読書工房,2008

「おやこ手話じてん」同上,東邦出版,2009

「わが子と人工内耳」同上,2009

「難聴児はどんなことで困るのか?」難聴児支援教材研究会,2011

「難聴理解かるた」同上,2011

「障害児・者の理解と教育・支援」金子書房,2012

「新・お子さんの耳がきこえないと言われたら」全国早期支援研究協議会,2012

「きこえない子のための日本語チャレンジ」難聴児支援教材研究会,2013

「どうすればことばが育つか?」全国早期支援研究協議会,2014

「ことばのネットワークづくり」難聴児支援教材研究会,2015

「新版・きこえにくいお子さんのために」全国早期支援研究協議会,2015

「絵でわかる動詞の活用」難聴児支援教材研究会,2016

 

○主な放送番組出演

NHKラジオ「NHKジャーナル」『新生児聴覚スクリーニング検査』2005

NHKETV「ろうを生きる難聴を生きる」『今、人工内耳を考える』2009

NHKETV「同上」『どう育む?日本語力』2015

 

○主な講演・講義(2016年度~17年度)

浜田ろう学校、松江ろう学校、岡山聾学校、佐賀ろう学校、大塚ろう学校、葛飾ろう学校、宮城聴覚支援学校、小倉聴覚特別支援学校、大宮ろう学園、平塚ろう学校、久留米聴覚特別支援学校、旭川聾学校、札幌聾学校、東京学芸大学、群馬大学、ろう・難聴研究会大会、ろう教育を考える全国討論集会、大阪府「こめっこ」ほか