全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

「⼈⼯内⽿・難聴児⽀援の動向」 ―医師の⼩児難聴への役割を中⼼にー(8.21ろう・難聴研オンライン講座)

ろう難聴研オンライン.jpgのサムネール画像のサムネール画像
 ろう難聴教育研究会では、オンライン講座の第6回目として、九州大学医学部教授中川尚志先生がお話しされます。以下、中川先生の講座内容の紹介文から。
 
 ⽣れてすぐに聴こえない・聴こえにくいことが判明した⼦どもたちは、医師からその事実とともに⼈ ⼯内⽿装⽤を勧められる時代になりました。その結果、⼈⼯内⽿装⽤児が増加しインテグレートを⽬ 指して、⾳声⽇本語習得が求められたり、ろう学校への紹介を敬遠されたりする状況があります。 講師の中川先⽣は⽇本⽿⿐咽喉科学会の理事でもあり、聴こえない・聴こえにくい⼦どもたちと直 接かかわっておられます。⽿⿐咽喉科の医師としてろう教育現場とかかわりながら、広い視野でコミ ュニケーション・⾔語・教育などをとらえておいでの先⽣です。 本オンライン研究会では、『⼈⼯内⽿・難聴児⽀援の動向』―医師の⼩児難聴への役割を中⼼にーの テーマに加えて⾃尊⼼や⾃分のことを知るセルフアドボカシーなどについてもお話しいただけます。

詳細は、下記のPDFチラシをご覧ください。申し込み締め切りは8.19


┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp