全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

難聴乳幼児の早期支援三部作~久留米聴覚特別支援学校より無料配布!!

厚労省中核機能モデル事業連携型のモデルとなっている久留米聴覚特別支援学校から、聴覚障害が発見された乳幼児の保護者のための冊子が三冊同時に発行されました(無料)。

中核機能.jpg

 一冊目は、『聞こえない私たちの声』(A5版,63頁)。これは、この数年の間に行われてきた弁論大会や人権作文、人権標語等で賞をとった22本の児童・生徒の作品が掲載されています。きこえない本人たちのナマの声は、難聴が発見されたお子さんの保護者にとっては、「聴覚障害があってもこのように心もことばも成長していくんだ」ということがわかる、貴重な一冊だと思います。

 

 二冊目は、『ようこそ聞こえない赤ちゃん』(B5版,136頁)。この冊子は、『手話で育つ豊かな世界』(全国早期支援研究協議会発行,900円)の姉妹編といってもよいもので、13人の保護者、3人の高校生・大学生、7人の社会人という当事者たちからの難聴が発見された保護者へのメッセージが掲載されているのが最大の特徴でしょう。これでも、難聴が発見されて不安や悲しみの中に置かれている保護者の方たちには大きな心の支えになると思います。

また、この冊子はそれに加えて、医療・教育・福祉それぞれの専門領域の関係者からの

久留米三部作.jpg

メッセージも寄せられており、これほど心強い冊子はほかにはないと思います。例えば、九州大学教授中川尚志先生の耳鼻科医の立場から書かれた「人工内耳のことが気になっている皆さまへ」という記事は、人工内耳を「はやくはやく!」と勧められている保護者には、冷静にそして客観的に丁寧に考えるための貴重な記事だと思います。また、そのほかにも、言語聴覚士、臨床心理士、精神福祉士、放課後デイ職員、乳幼児相談担当教員といったさまざまな立場から寄せられた数々のメッセージも役立つものばかりです。


三冊目は、『手話で子育てスタートブック』(A5版,38頁)。きこえる保護者にとっては、はじめて学ぶ手話という言語。きこえない赤ちゃんにどんな手話から使っていけばよいのか見当もつかないと思います。この小冊子はそのような保護者にとって、とても役立つ1冊となると思います。特長的なのは、掲載されている手話を動画で学べること。スマホやタブレットでQRコードを読み込めばすぐに知りたい手話の手の動きを知ることができます。

以上、これらの冊子は、中核機能モデル事業の予算で作成しているため全てということです。国の予算は全て受益者=保護者に還元という徹底した姿勢にも感心します。

ご希望の方は、久留米聴覚特別支援学校乳幼児教育相談まで。

TEL0942-44-2304FAX0942-45-0139  Eメール info@kurume-hss.fku.ed.jp

 


┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp