全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

乳相保護者アンケート調査(ろう重複児9名)からわかったこと

 関東地方の二つの聾学校乳幼児相談に通う1歳以上3歳までの乳幼児の保護者にアンケート調査を行い、33名の回答を得た。そのうち、重複障害のある9名(15か月~36カ月、平均24か月、全回収数の27%)について調査結果をまとめた。

9名のうち初語の発語を認めたのは5名で、初語発語平均年齢は16.3か月。いずれも、初語は手話であった。5名の幼児の聴力は70~90dB3名、90dB以上2名。いずれも軽度・中度の知的障害を伴う幼児であった。(*音声初語は70~90dB台幼児1名のみ)

 このことから、知的障害が軽度・中度であれば、早期から手話を導入することで、聴力に関わらず、手話を言語として獲得できる可能性が高いことが示唆された。

以下、PDF参照。 乳相保護者アンケート調査結果報告2(2017.9).pdf

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp