全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

ろう重複教育・特別支援教育

 古い資料を整理していたら、『特別支援教育』(2013)という雑誌に掲載された武田鉄矢氏(俳優)のインタビュー記事がありました。武田鉄矢氏は、福岡教育大学聾教育課程の卒業生(中退)。その頃作られたのが、あの名曲「贈る言葉」。「3年B組金八先生」の主題歌で、それをきっかけに卒業ソングの定番としてよく歌われた歌。しかしもともとは武田鉄矢氏が好きだった女性にフラれたときに作った歌ですね。それはおいといて、今回はそのインタビュー記事の全文を紹介します。以下、転載します。

 

 

「今号では学生時代に聴覚障害教育を学ばれ、その後ご自身の出演された作品でも障害について扱われたことがある武田鉄矢さんにお話をうかがいました。

─なぜ、福岡教育大学の聾学校教員養成課程に入学されたのでしょうか?

 

他の課程は競争率が高かったということ もありますが、端っこが好きだったからです。端っこという言い方は変かもしれませんが、人間には中心にいることが好きな人と、ボーダーライン上が似合っている人がいるのではないでしょうか。私は聾学校教員養成課程の方が教育全体を見渡せるような気がしました。同級生がわずか一二人ほどの小さな集団でしたが、小学校国語課程、中学校英語課程といった大きな集団ではないところに身を置くことで教育というものの本質が見えるのではないかと思ったのです。そこでは本当によい勉強をすることができました。

 また、福岡県には、肢体不自由教育では当時から名前が知られた、しいのみ学園の曻地三郎先生がいらっしゃいます。今もお元気ですが、そういう方がいたので、福岡教育大学は障害児教育にプライドをもっていました。そのようなこともきっかけになったのだと思います。

 

教育実習はどこに行かれたのですか。

 

 大学三年のときは附属小学校、四年のときには福岡聾学校(現在の福岡聴覚特別支援学校)でした。当時の福岡聾学校は口話による教育が中心で読唇と発音指導で授業を行っていました。私は小学部二年生の学級に入りました。正直言って、授業は手も足も出ませんでした。必死になって、子どもの注意を引き付け指導したのですが、うまくいきませんでした。「ニワトリの鳴き声」という授業をすることになり「ニワトリはコケコッコー、ひよこはピヨピヨと鳴きます」という教材を扱いました。「具体的なイメージをどのようにもたせるのかがあなたの腕の見せどころです」と担当の指導教員に言われたので、ニワトリとひよこの格好をして羽ばたいてみましたが、子どもから答えは出てこなくて、授業が終わった後は落ち込んでしまいました。

 

─当時の聾学校の先生はどのような指導をされていましたか。

 

 先生たちは、皆、熱心で性根がすわっていました。「夢や憧れだけで教育を語ってはいけない、親は先にいなくなるのだから子どもが自分一人で生きていくことができるようにならなければいけない」という考 えをもって厳しく指導に当たっていました。

 ただし、単に厳しいだけではなく、夏休みには自分の家に子どもを順番に呼び、勉強や発音の練習を通して力を付け、保護者からは感謝されていました。子どものことを大切に考えていたのだと思います。

 

─原作、脚本、主演をされた映画「刑事物語」では、聴覚に障害がある女性の、発音練習の場面や手話のシーンが描かれていました。教育実習のときの経験があったからですか。

 

 この映画はかわいそうな身の上の女性に恋をした刑事の話でした。なぜ、この映画をつくったのかというと、心のどこかに「聾学校教員養成課程の友達はみんな障害児教育の道に進んでいったのに、俺は聾学校の教壇からステージ(芸能界)に逃げた。だから何らかの形で聴覚障害に関わりたい」という気持ちがあったからだと思います。このことは、自分が背負って生きていかねばならないことでしょうね。そのような思いがこの映画をつくるきっかけとなりました。

 

─特別支援教育の制度が始まる少し前のドラマ「三年B組金八先生」でも、聴覚障害、知的障害、学習障害等を扱っていましたね。

 

 「特別支援教育」は学校のドラマをつくるときに、避けて通ることができない視点です。発達障害の子はどの学級にもいます。 支援が必要な子どもを話題にすることなしに学校の話をすることは現実的ではありません。

 そういう子どもたちをドラマの中で扱うとき、教育実習をした聾学校の教壇を思い出しました。教育実習のときには未熟で指導ができなかったことをやり直せるような気がしたのです。

 支援が必要な子どもたちに対する芝居は、昔、聾学校でお世話になった先生のことを思い出しながら演じました。若い方でしたが、厳しくて、りりしくて、誰かに感謝されることがなくても、黙って自分の職務を貫く人でした。聾学校でそのような先生に知り合ったことがドラマの演技につながりました。

 

─今、学校では全ての先生が協力して支援が必要な子どもの指導に当たる特別支援教育が浸透しつつあります。それをドラマの中で率先して取り組んでいただいているようでうれしく思います。

 

金八先生はなぜこんなに好かれたのか? と思うことがあります。専門家からは、理想を描きすぎるなどと言われましたが、いろいろな課題を抱えた生徒が熱心に見てくれていたことも事実です。生徒はよい先生というものがわかっているのでしょうね。

 よい先生は必ず子どもと目を合わせます。「おまえのことを見ているぞ」というような感覚とでも言ったらよいのでしょうか。

 教育をさらによいものにするためには、制度を整える必要があります。しかし、教育はシステムを変えるだけではよくなっていきません。金八先生が勤務していた「桜中学校」では、問題のある生徒が現れると、先生方が熱心にミーティングを始めました。

 番組を見ていた生徒が「俺たちのことをこんなに熱心に話しているのかと思うと本当に申し訳ない」と言っていたという話を聞いたことがあります。目の前の子どもを教師が真剣に支えることや、細やかに子どもを「見ていく」ことが、教育にとっての基本だと思います。

 

─最後に、特別支援教育に携わる先生方に、メッセージをお願いします。

 

特別な教育的支援が必要な子どもの指導 に当たられている先生のご苦労は多かろうと思います。私は日本の特別支援教育は決して暗い方には向かっていないと思っています。一九七〇年代に障害児教育の道を一瞬だけでも歩いた人間にとっては、そのことが実感としてわかります。特別支援教育は希望に向かって進んでいるということを信じて、子どもたちのためにがんばってください。」(『特別支援教育NO502013より転載』)

 

以上です。1970年代ですから聾学校は聴覚口話法真っ盛りの時です。聾教育ひとすじという、厳しいけれど熱心な先生も多かった時代です。上記のインタビュー記事の中で、武田鉄矢氏もそのことに触れています。教育に携わる教師は、まずなんといっても大事なのは、熱意と誠意。子どものために一生懸命になることです。ただ、その一生懸命さがどういう方向を向いているかを知ることも大事なことです。この雑誌は文科省が監修している雑誌なので、それについては触れていませんが、1970年代という時代は、「きこえない子(人)は、きこえる人を目標にして追いつくようがんばらなければならない」という考え方が当たり前と思われていた時代であったのも確かです。そのために、手話や聾者は差別され、手話は言語ではないと教えられ(大学の先生たちまでもそう教えていた)、子どもが手話を使うと厳しい罰を受けるといった時代であったことも忘れてはならないと思います。もしかして、武田鉄矢氏が聾教育への道に進まなかったのは、熱心だけれどどこか違和感、を感じていたのかもしれません。

 ある聾学校に大学生を引率して見学に行きました。見学した学生の中に特別支援教育について学ぶのも聾学校を見学するのも初めて、という学生が二人いました。彼らは聾学校・聴覚障害教育をどう見たのか、聾学校見学の感想を紹介してみます。

 

〇聾学校を見学して 

「まず驚いたのは、私が思っていたよりも口話でのやり取りが多かったことである。これは集団補聴システムが各教室に設置されていることも大きいといえるが、多くの子どもが手話を用いながら自分の話し言葉で表現していた。

どの授業でも自分の考えを表現することが重視されていたと思う。国語の授業では教師の問いかけに対して、一人ひとりが声に出して答えていた。普通学校であれば「どれだと思うか?」と挙手で意思表示させるような場面でも、ろう学校ではたとえ前の人と同じ考えであっても、再度自分自身で説明をしていた。「私は~だと思います。なぜなら・・・だからです。」と発言の仕方も教師が指示していたため、互いの考えが伝わりやすいと思った。そして、聞く側への指導も徹底されていた。話す側は全員に対して話し、聞く側は話してる人の方を向く、という姿勢が大事にされており、ろう学校ではこうして授業での共通理解を図っているのだと学んだ。聴覚に障害を持つといっても、やはり子どもは多様である。滑らかに話せる子どももいれば手話で考えを伝えようとしている子どももおり、少人数学級とはいっても個別の対応が大切であると感じた。

音楽の授業では、教師が指文字を用いたり次に音を出す人の方に大きい動作で示したりして各個人に指示を出している様子が見られた。教育では個別指導も集団指導もやはり重要である。 教室のカレンダー.jpg

教室内には授業で用いた語彙カードや写真がたくさん掲示されており、視覚的に言葉が入ってくるような環境が整えられていた。観察カードには「目で見て分かったこと」には目のマーク、「触って分かったこと」には手のマークが描かれていて書くべきことがわかるようになっていた。教室内で特に印象的だったのはカレンダーである。月表示のものは「今週」「来週」「今日は一か月の中でもどのあたりか」ということがわかるようになっており、日めくりのものでは「昨日が何日」「今日は何日」「明日は何日」ということを示しているというように、何種類ものカレンダーがそれぞれ意味を持っており、目には見えない時間の流れが視覚的に感じ取れるようになっていた。視覚教材はただ提示すればよいのではなく、工夫を加えて効果的に用いることが大切だと感じた。・・・」(教育学部小学校社会専攻)

 

「学校見学では、本当に多くの子供が障害の有無に関わらず活き活きと生活する様子が見られた。先生方に加え、保護者や地域の方々が子供に寄り添うことでのびのびと学べる環境が作られていると感じた。加えて乳幼児相談や、実際に聴覚障害のある方が行う保護者への講習会など児童だけでなくその家族全体を支援する取り組みも大きな特色だと感じた。このようにろう学校では子供を支える多くの工夫があった。また、特に学習面においてはより専門的な知識に基づいた指導が行われていると感じた。いくつかの教室や授業を見学しているうちに、このろう学校では、「日本語の獲得」「聴覚障害に対する自己理解」の二点に力を入れていると感じた。

  教室環境.jpgまず「日本語の獲得」のために、できるだけ多くの言葉に触れる機会が設けてあると感じた。どの教室にも作文や習った言葉のカードなどが、特に「助詞」に意識が向けられるように展示してあった。読書コーナーも設置され子供の興味を引きそうな本が多く置いてあった。手話で獲得した概念を文字に起こしさらにそれを何回も見ることでより確立した日本語を学習していくと感じた。加えて、中~高学年に上がるにつれて文法の概念もより詳しく取り入れていると感じた。より確実に読み書きの力を高めるために、文法を意図的に学習していると感じた。例えば6年生の国語の時間では固有名詞とは何か?活用とは?といった概念を健聴の子供たちに比べてより丁寧かつ実践的に学習していると感じた。また実際に発音指導の様子を見ることができ、とても良い機会になった。発音指導は大きな鏡の前で先生と一対一で行われていた。指文字や手話を使いながら子どものペースに合わせ、できたところにはシールを貼り目に見える評価を行うなどモチベーションが続くような取り組みが多く見られた。以上のように確実な日本語を獲得するための様々な工夫が施されていると感じた。

 次に、ろう学校では自分自身の聴覚障害について考える機会が多く設けられていると感じた。例えば展示物の中には聴覚に関するものが多く見られた。スピーチバナナや聴覚の仕組みなど自分の障害に関する正しい知識を身につけるきっかけを与えていると感じた。また6年生の教室で行われていた自立活動が非常に印象的だった。その授業は「将来」をテーマとし映像を通して自分の未来について考えるというものだった。将来をイメージすることで、社会の中の自分を考え、自分の苦手なこと・できることをとらえなおすきっかけになると感じた。以上のように、ろう学校では学習面に加え児童の卒業後の人生を見通した教育がより重要になってくると感じた。」(教育学部小学校英語専攻)

 

 

〇聾学校・インテ両方経験した学生の学校観

 上記2名の学生は初めての聾学校見学でありながら、聾学校の特徴をよくとらえていると思います。ただし、あくまでも外からみた感想です。そこで、実際に聾学校での教育と普通学校での教育の両方を体験した聴覚障害学生のレポートから、「聾学校と普通校のメリット・デメリット」を紹介してみます。

 

ろう学校とインテグレーション経験の二つを通して感じたことをまとめてみました。まず、長所として、ろう学校では同じ障害を抱える子ども同士が学び合い、生活することができる場所としての一面があります。そして、共通したコミュニケーション手段を持ち、情報保障を初めとする手厚い環境整備、専門性のある教師や学校による指導の下で一人一人のニーズに応じた教育が可能であり、就職や進学に向けた支援があり、卒業後の学生生活や社会生活の見通しがあるということです。

 それに対してインテグレーションの場合、聴者と交流することで異文化の交流、優しいようで厳しい環境の中で人間的に成長することが期待されます。また、ろう学校では一県につき、片手で数える程、少ないのですが、一般学校は本人が望み、それに応じた学力があればどこでも行くことができることです。これは学校の雰囲気によりますが、競争原理があり、自主努力に基づいた学力の向上、社会参加する上で必要となるスキルを獲得することが出来ます。

ろう学校と普通学校.jpg 一方、短所というか、課題として挙げられる部分もあります。ろう学校の場合、少人数クラスで同じ障害を持った者同士が集まるため、やはり経験や機会が聴児と比べて限られています。そして、学力の問題があり、温室育ちとしての一面があることも否めません。何故なら、恵まれた情報保障、共通したコミュニケーション手段、悪く言うならば、本人が頑張らなくとも情報が自然と入ってきます。しかし、苦難を伴わないところに人の飛躍はなく、社会参加する上で必要となる自立の力が育っているかどうかと言えば、怪しいところもあります。

 また、インテグレーションの場合、聴覚障害の理解が得らればそれでよいのですが、得られなかったら実に居心地の悪い空間となります。こうしたコミュニケーション問題や情報保障の問題では課題があります。そして、全員とは限らないのですが、障害認識が弱く、自分の障害に否定的な考えを持ちやすく、ろう学校出身の聴覚障害者を見下す傾向もあります。自分は上手くやってきたんだ、あいつらとは違うというプライド、虚栄心を持ちやすいこともあります。さらに、一般学校は就職や進学の支援はろう学校と比べれば少ない上に聴覚障害者としての生き方という見通しがありませんので、卒業後は自力で乗り越えるか、あるいは聴覚障害者のコミュニティに入り、そこから生き方を学んだり、情報を集めたりしながら交流していく者もいます。

長所と短所をそれぞれ挙げましたが、ろう学校とインテグレーション経験のどちらに絶対的な良し悪しはありません。大事なことは、そこで自分が何をするか、何を学びたいかだと思います。」

 

 両方経験した上記の学生は、両方のメリット・デメリットをよくとらえていると思います。ただし、最も大事なことは、どちらの環境にせよ、自分が何をそこで学ぶかだと言っています。このような、自ら意欲的に学ぶ子どもに育てること、それが家庭での最も大事なことなのだと改めて教えられます。確かに、私がこれまでにもった3年間の授業の中で出会った5人の聴覚障害学生たちは、インテ出身、聾学校出身を問わず、自ら積極的に学び考え行動していく学生たちが多かったように思います。それら5人のうち3人はすでに大学を卒業し、教員採用試験に合格し、聾学校教員として活躍しています。

 

  ここで紹介する実践は、山口南総合支援学校小学部古谷弘美先生によって平成28年度に行われたものです。本児は聴覚障害のほかに知的障害、自閉症スペクトラムを合わせ有する児童です。手話、文字、指文字などの「記号」同士や絵(イメージ)との結びつきを図ることで、「絵カード」や指差しによって他者とのコミュニケーションが徐々に図れるようになっていきました。

  指文字の学習と平行し「絵と単語の照合」や「絵と手話表現の照合」「手話の模倣」の指導を行ない、3学期には、絵を見て指文字で表せる、あるいは絵と単語カードを照合できる言葉が20くらいに増えました。
 また、たとえば、赤ペンを指さし「丸を付けてください。」など、指さし表現による要求が増えました。さらに、学習活動に指さしを取り入れたり(「たのしいゆびもじ」の指さし等)、問いかけへの回答を指さしでさせたりすることも可能となりました。

 このような、指文字の学習や絵と単語の照合、手話の学習などの一歩進んだ認知活動により、教員とコミュニケーションを取る力や注視、集中する力(これにより、本児の特性である物への固執性、同一性保持の欲求、自己刺激行動が減少した)、スケジュール通りに見通しを持って学習に取り組む力なども伸びました。

 以下、「自立活動」で取り組んだ実践の記録(平成28年4~11月)です。

重複児の指導.pdf

 関東地方の二つの聾学校乳幼児相談に通う1歳以上3歳までの乳幼児の保護者にアンケート調査を行い、33名の回答を得た。そのうち、重複障害のある9名(15か月~36カ月、平均24か月、全回収数の27%)について調査結果をまとめた。

9名のうち初語の発語を認めたのは5名で、初語発語平均年齢は16.3か月。いずれも、初語は手話であった。5名の幼児の聴力は70~90dB3名、90dB以上2名。いずれも軽度・中度の知的障害を伴う幼児であった。(*音声初語は70~90dB台幼児1名のみ)

 このことから、知的障害が軽度・中度であれば、早期から手話を導入することで、聴力に関わらず、手話を言語として獲得できる可能性が高いことが示唆された。

以下、PDF参照。 乳相保護者アンケート調査結果報告2(2017.9).pdf

講演記録「手話でスタートすることの大切さ~

    ろう重複支援のあり方を考えるシンポジウム」(2017)

       木島照夫(元都立ろう学校教員・東京学芸大学講師)

 

う教育に関わるようなってかれこれ30年近くになりますが、そのなかで学んだきこえない子にとっての手話のもつ意味、その大切さについて話したいと思います。 

 

〇手話を使うろう学校での経験から

 私が都内の養護学校に10年間勤務して、当時のAろう学校に異動したのは、ちょうど昭和から平成になった1989年でした。その頃、都内には幼小中学部のある聾学校は6校あり、そのうちAろう学校だけが手話を使うろう学校でした。手話を使う学校ということで他の5校からさげすんだ目で見られ、例えば都内合同の研究会に出て、仮に私が何か発言したとしても、まるで私の発言はなかったかのように無視されるのが常でした。そのくらい「手話」は、口話とか日本語より下とみなされ、手話を使う教師も含めて差別され偏見の目でみられる、そんな時代でした。

ですから、ろう教育とは聴覚口話法なんだ、それにのることができないろう重複児はろう教育の対象ではないんだということで、「重複のお子さんは入れませんから」と学校見学すらさせてもらえないというのが現実でした。実際に「〇〇ろう学校を断られまして・・・」と不安げに電話をしてくる保護者は一人や二人ではありませんでした。このような現実の中で、私のいたAろう学校は、重複児だからと断ることはありませんでしたから、重複児たちも一人のろう児としてろう学校を「居場所」として育っていきました。ただ、受け入れる側の教育環境には制度的な制約があったのも事実で、実際に幼稚部の重複学級では、ダウン症の子と脳性まひの子と自閉症の子計3人を保護者付き添いではありましたが担任一人でみていたときもありました。障害の特徴がそれぞれ違うのにどうやって指導していたんだろうと今でも思います。

それにしてもなぜろう重複児は同じろう児でありながら排除されてきたのでしょうか? 壁.jpg 重複児は口話法で指導するのは困難で,必然的に手話を使用せざるを得ません。しかし、口話法で指導する側からみれば、単一障害の子たちが手話にふれると、あっという間に手話に侵されて口話法での指導が成立しなくなるという恐れたからだったと思います。といって、では、口話法で日本語の読み書きができるようになったのかというと、過去半世紀以上にわたって、いわゆる「9歳の壁」を超えるという目標は、未だ達成できていない、というのが現実です。それがこのグラフです。

それでもなお、今も、科学的な根拠がないのに「手話は日本語獲得には害になる」と言われるのはなぜでしょうか? 平成27年現在で聾学校全体の重複学級在籍児の比率は26.5%ですから、4人に1人は重複児というのが現実です。それでも日本の聾教育がなお聴覚口話をベースにおきたいのは、「きき、話す」という方法で、きこえる多数者側に、少数者が合わせてくれたほうが、きこえる側はラクだからだろうと思います。もちろん、「きき、話す」という方法が、きこえない子の日本語獲得に一定の効果があるのも確かですが、しかし、それは手話を排除しなくても同時的に成り立ちます。だから手話も口話もあってよいのです。

 

〇手話のろう学校から口話のろう学校へ

都内ろう学校の統廃合があった2003年、Aろう学校は閉校となり、私はOろう学校に異動しました。口話法を標榜していたOろう学校に赴任して私が最初に感じたのは、「なぜ、こんなに子どもたちは話が通じないのか」ということでした。手話を知らないということにとどまらず、口話では時間と空間を超えた話題はとんでもなく通じないという、手話の学校から来た私には想像ができないほどのカルチャーショックでした。そしてまた、「これでは時間がいくらあっても足りない。勉強も遅れるだろうな」とも感じました。

実際こんなことがありました。当時の校長が話してくれたことなのですが、統廃合前の都内各ろう学校で、小学部高学年と中学生を対象に、校長会が主催して学力テストを実施したのだそうです。そしてその結果は、なんとAろう学校が断トツに高かったというのです。それは誰も予想すらしなかった結果であり、口話でやってきた校長たちからみれば、それはあまりにも屈辱的な結果でした。結局、そのテスト結果は公表されず、テスト自体をなかったことにしてしまったということでした。その時の数値結果も実は私は見せてもらいました。その「幻の学力テスト」の話をききながら、ああやっぱりそうか、と思いました。手話を使うほうが日本語力や学力に貢献できる可能性が高いということは、うすうす感じていたからです。しかし、手話と日本語は言語が違います。どのような要因が関与してそのような結果になるのか、その時はわかりませんでしたが、その後、幼稚部や乳幼児教育相談に関わるようになって、その要因がどこにあるのか、だんだんとわかっていきました。 早期から手話を.jpg

 

今は、新生児聴覚スクリーニングによって、聴覚障害が発見されるようになってきています。わが子が無事生まれ、喜びの頂点にあるのもつかの間、「障害があるかも?」と伝えられた時のお母さん方のつらさはよくわかります。そして、きこえるお母さんたちは、まず100%間違いなく「奈落の底に突き落とされた」思いを語ります。「五体満足」ということばに象徴されるように、障害があってほしくないと思うのはある意味当然のことだと思います。

しかし、このお母さんの悲しみの感情は子どもにはどう映るのでしょうか? 英国の小児精神科医ウィニコットは、赤ちゃんには、お母さんが自分のことをどう感じているかがわかるのだと・・。

お母さんが自分のことを悲しんでいると知ることは、子どもにとっても悲しいことでしょう。「ぼくはここにいてはいけないの?わたしがお母さんの子であることは悲しいことなの?」ときっと思うでしょう。きっとそうだというのは実は、きこえない子たちは大きくなった時、どの子も必ずといってよいほど、この問いをもう一度、お母さんにするからです。知的な障害がある子もことばでは言えませんが、同じ思いを持っていると私は思います。といいますか、知的障害のある子たちは、かなり小さい時からそれをもっと敏感に感じていたはずです。

子どもは問います。「お母さん、なぜ、わたしをきこえない子に産んだの? どうしてぼくはみんなと違って障害があるの?」 

この唐突な問いに、多くのお母さん方はとまどい、泣き、そして子どもに詫びます。「ごめんね。あなたをきこえない子に産んでしまって・・。」「お母さんのお耳と変えてあげたかった」等々・・・。この時、子どもはとても複雑な気持ちを味わっています。一つは「お母さんが自分のことを一生懸命愛し育ててくれたのだ」ということ。と同時に、「お母さんは、自分をずっと悲しい存在と思ってきたのだ」ということも。

障害への思いは単純ではありません。「障害はないにこしたことはない」という親の気持もよくわかります。私には脳性麻痺の孫もいますから実感としてそう思います。しかし、子どもにとってはその障害も含めて自分自身であり、そのままの自分として周りからも認められて生きていきたいというのが本当の気持ではないかと思います。だから子どもは私たちに問いかけるわけです。

障害があることは、誰が悪いわけではありません。事実を事実として認める、そこから出発するしかないと思います。ですから親御さんたちには、こう語ってほしいと思います。

「あなたの耳がきこえないのは誰にもわからないことなの。世の中には、耳のきこえない人、目の見えない人、車いすに乗った人、病気で運動ができない人、いろんな人がいるでしょう? いろいろな人がいるなかに、あなたもお母さんもいるのよ」と。「でもね、どのようなあなたでもあなたのことを精一杯愛しているよ」という言葉も添えて抱きしめてほしいと思います。

 

〇手話でスタートする

さて、話を少し戻しますが、障害を告知された親御さんたちは、 手話は関係を変える.jpg「きこえない」わが子を前に「この子とはもう通じ合えないんだ」という絶望的な思いになります。そこで、私たちは子どもと通じ合うために手話を身につけましょうと勧めます。そして、そこから手話の学習が始まります。大事なのは、直接、きこえない人から手話を学ぶことです。聞こえない人と出会うことで、きこえない人にとって手話はかけがえのない言語であることと同時に、きこえないということはどういうことなのかを学ぶことができるからです。その過程で親たちも徐々に変わっていきます。悲しみや不安は安心と少しの希望へと変わり始めます。きこえない手話の先生は、冗談も好きで、明 手話のメリット.jpgのサムネール画像るく生きていることも知っていきます。わが子の将来をそこに重ねてみることもできるようになってきます。このことを実感できたとき、わが子を見つめるまなざしも変わります。

  きこえないということを親が受け入れられるようになると、 その気持ちは子どもに伝わります。子どもはそれを感じ取ります。「ぼくはこのままでいいんだ」。自己肯定感が子どもの内面にも芽生えてきます。子どもは母親と共にいることが喜びとなり、自分がこの世界に存在してもいいんだと感じられることで、親との信頼関係を築いていきます。親子の関係が子どもにとって楽しい関係になっていくと、お母さんが指さしたものの見ると か、子どもが何かを指さしてお母さんに知らせるといったいわゆる「共同注意」とか「三項関係」といった、言葉の獲得になくてはならない人間関係が築かれていきます。言語は人と人が何かを共有し伝え合うためにあるものなので、この共有関係が成立しているかどうかは大切なことなのです。

都内2校の乳幼児相談保護者アンケート調査では、1歳から3歳までの定型発達児21名全員に指さし行動による三項関係(母親・子・モノ)の成立が観察され、その後全員に手話初語の表 手話は獲得しやすいか?.jpg出がみられています。また、重複児9名では指さし行動が観察された6名のうち手指による表出が困難な脳性まひ児2名を除く4名に、その後、手話初語の表出が観察されています。これらのことから言語獲得の前提として母子で互いに何かを伝え合う関係が成立していることがわかります。

また、手話は知的障害のある子を含めて、子どもにわかりやすい言語です。ものごとの一部や動き・様子などを象徴的に表した「写像性」をもった語も多いことは、言語獲得に必要な象徴的機能をもちやすい言語だとも言えるでしょう。例えば、重複児9名のアンケート調査のうち手話が出ている子4人の初語はそれぞれ「水」「電気」(2) 獲得しやすいか?2.jpg「美味しい」です。

それから知的障害のある子たちの手話は、必ずしも、社会で通用している手話のかたちがそのままのかたちで使われているとは限りません。手の形や動きが同じようにつくれないことも多いです。ですから、出ている手の動きが何を意味しているのか、しっかり見取ってあげることが大切です。子どもは自分が表出したいことが、だれかに理解されたとき、変わり、成長します。また、例えばマヒがあるから手話は無理と最初から思わないでほしいと思います。表出は無理でも手話を日々使うことで理解できるようになっていくことも多いですし、自分から手を動かせなくても、相手の手話を見て、眉を動かして「Yes-No」を表出できるようになった脳性まひの子もいます。

それから、手話は、赤ちゃんの単純な手の動きであるグーやパーで伝えられる語も多く、調査結果からは、初語の8割以上がグーとパーの手型でした。このことは、運動障害があってもその子のできる手の動きや形、位置、向きなどに合わせて、語を獲得し広げていける可能性を示唆していると思います。 手話は共通言語.jpg

重複児を含めて初語を獲得した子たち25名は、まず全員が最初に手話で初語を獲得していました。つまりきこえない子の共通言語は手話であると言ってもよいと思います。

ただ、聴力が相対的に軽い定型発達の子たちの中には、手話初語だけでなくやや遅れて音声初語も出ている子たちがいます。しかし、その後の語彙獲得過程をみると、手話による急激な語彙の獲得が実感されている子は12名に対して、音声による急激な語彙増加が実感された子は2名で、手話のほうが語彙獲得システムが有効に作動するということがわか 語彙爆発.jpgります。この差は、音声入力の曖昧さによるものではないかと考えています。曖昧な音の塊では、語として認識・記憶できず、カテゴリーをもった語彙として脳内に辞書(心的辞書)が構築できないのではないかと思います。

 これらのことから、手話は聴力の軽重に関係なく1歳前後から獲得できるれっきとした言語であることがわかりますし、知的障害のある子にとっても、獲得ペースこそゆっくりですが、獲得可能な言語であることは確かだと思います。

 最後に、ろう教育の中での研究と言えば、今でも日本語や学力に関連するものが中心であり、手話や重複障害に関する研究はほとんど見当りません。そのことが手話やろう重複教育を、ろう教育の中でマイナーな位置づけにしてきたことも否定できないと思います。研究予算をつけて積極的に研究を奨励するなどの措置も必要と思わます。

以上述べてきたように、手話は、母子愛着関係を築くことを側面から支え、きこえない子の自己肯定感の形成を支え、概念形成や知識の獲得、思考力や認知、対人関係や社会性の発達を促すことを可能にします。このように、手話はきこえない子にとって欠かせない言語でありながら、なぜこれまで、いや今も一部の人たちから、日本語獲得の邪魔になると思われているのでしょうか?

 聾学校の多くは「手話も認めています」と言います。では、発達早期から手話を積極的に使い、成人聴覚障害者との出会いを保障しているのかといったらごく少数の聾学校を除いてそうではありません。「手話を認め、使っている」ことと「手話からスタートする」ということは似ているようですが、子どもの内面に育つものが違うと思います。手話からスタートするから、親子のコミュニケーションが早期に可能になり、そのことによってよい親子関係が作れるのです。よい親子関係が作れるから子どもも楽しくなります。乳幼児期においては、親との楽しい生活やあそびの中で、のちには同じ言語を持ち自由に伝え合える集団の中で、子どもは積極的に外界に関心を広げ、世界を広げていきます。その結果として、日本語の読み書きや論理的思考、対人関係能力や社会性の発達にもつながっていきます。

 もちろん、日本語獲得の課題もあります。それは、音韻の弁別・認識が可能になる3歳前後から始まりますが今日の主たる話題ではないのでまた別の機会に譲りますが、このような発達早期から手話言語環境が保障される中で、ろう重複障害をもつ子どもたちも安心感を持ち自分を否定されることなく、共に成長発達を遂げていくことができると思います。