全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

だれでもわかる日本語の読み書き12~形容詞その1・形容詞はどこで間違うの?

〇形容詞の誤りはどんな誤りが多いか?

形容詞の誤り.pptx.jpg

形容詞もきこえない子の苦手な品詞のひとつです。日記の中には、使い方の間違いが時々見られます(右図参照)。ここでは、「古い」のタ形(過去形)が、「ふるかった」なのか「ふいかった」のか、「長い」のタ形(過去形)が「ながったのか」「ながかった」なのかなど、形容詞の最後の文字「~い」があるのかないのかがわからなくなった例、また、「~ので」や「~から」という接続助詞とのつながり方がわからなくなった例などいくつかあげてみました。また、ここには出ていませんが、「なにで名詞」(国文法の形容動詞)の「きれい」を「きれいくな

」とか「きらい」を「きらいかった」など形容詞と混同する間違いもよくありますが、これは「なにで名詞」を取り上げるときにまた勉強したいと思います。

 

〇形容詞の活用の勉強の仕方

形容詞の活用.pptx.jpg

形容詞の活用は、「いい」を例外として、残りは全て同じ活用をしますので、この活用表ひとつで間に合います。これを使っていろいろな形容詞をその都度とりあげて書き込み、例文を作ることでだんだんと活用の仕方が身につきます。とりあげる形容詞は、日々の生活や学習の中で出てきた形容詞や日記などで間違えた形容詞を取り上げていくのがよいと思います。

形容詞の誤り2.jpg

また、その時に単に活用表を書きこんで終わりではなく、必ず、どれかの活用を使っていくつか例文を作ってみることです(最低1つは)。例文作りの中で、実際にどのように使うかが学べます。また、日記の中での間違いは、添付ファイルのように、小さな活用表を準備しておき、間違えた形容詞を再度、自分で書いてみることです。こうすることで、自分でその誤りに気付くことができます。そして、その用紙を日記帳に貼り付けておくとよいでしょう。

 

以下、YouTube動画は下記のURLを開いて下さい。

第12回「形容詞はどこで間違うの?(6分30)

だれでもわかる日本語の読み書き12~形容詞その1・形容詞はどこで間違うの?

 https://youtu.be/znfRcEG6KPk

 

活用おたすけシート(最終版).jpg

また、図のような形容詞と文末「です」の活用を含めた『活用おたすけシート』(最終版)

以下のURLからダウンロードできますので、ラミネートフィルムなどでパウチして使うとよいと思います。

活用おたすけシート.docx

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp