全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

だれでもわかる日本語の読み書き~第8回「動詞の活用の勉強って必要?」

○動詞の活用の勉強ってホントに必要?

動詞の誤り~児童日記より.jpg

きこえない子になぜ「動詞の活用」の勉強が必要なのでしょうか? 「そのような指導は必要ない」「日本語の力のないきこえない子に、中学の時にやったような文法の学習は難しい」といった意見もあります。

 では、右図上のようなきこえない子の文法の誤り(ここでは動詞に関する誤りのみ)をどのように指導すればよいのでしょうか? また、右図下のような成人の方の誤りは、高等部まで聾学校に通いながら、なぜ、だれにも指導されなかったのでしょうか?  このような文法上の誤りは、本人がそれがなぜ誤

動詞の誤り~成人の文章より.jpg

りであるのかを理解して訂正しない限り決してなくなりません。何度でも同じ間違いを繰り返します。

しかし、きこえない小学生でも、日本語の文法を理解し、正しい文を書けるように指導することは可能です。それが日本語文法指導であり、動詞の活用の指導は、そのうちのひとつです。子どもがわかるように指導方法を工夫することで、子どもの文法的な誤りは確実に減ります。

ここからは、動詞の活用の具体的な指導を紹介していきます。

YouTube動画は下記のURLを開いて下さい。

⇒第8回「動詞の活用の指導って必要?」(YouTube9分)

http://youtu.be/Rr1raz17Pwo


また、動詞の活用の学習に使う教材は下記からダウウンロードしてください。

動詞活用練習用紙.pptx.jpgのサムネール画像

この中には、「おたすけカード」として使う「動詞活用50音表」、1グループ動詞「~て・~たルール」表、右図のような動詞活用練習用紙も入っています。

動詞活用おたすけ表・練習用紙.docx


┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp