全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

だれでもわかる日本語の読み書き第22回~助詞「と」の2つの使い方

このYouTube日本語講座では、これまでに

①「が」のみを使う文  ②「が」と「を」を使う文  ③「が」と「に」を使う文について学んできましたが、今回は、④「が」と「と」を使う文について学びます。

助詞「と」には、いわゆる格助詞(江副文法では「関係助詞」「情報助詞」に分けています)と接続助詞の二つの種類があります。

助詞「と」の用法.jpg

接続助詞というのは、「春が来ると、花が咲く」などのように、単文と単文をつなぐときに使われ、「~が来ると」のように動詞基本形+「と」のかたちで使われます。この接続助詞はまた別の機会に譲り、今回は、「関係助詞」と「情報助詞」の使い方について学びます。

右のファイルを見ていただければわかりますが、二つの「と」の位置と、使っている手話記号・手話助詞記号のかたちが異なります。意味・用法が違うからです。では、どのように違うのでしょうか?


◎学習内容 

○関係助詞の「と」~「相手」の「と」

まず、右図の上「友だちと話す」の「と」は、これまで学習してきた「を」「に」などの助詞と同じ位置にある「と」です。これは、手話記号はひし形の中に「と」の記号を使っています。また、手話助詞記号は「人差し指を立てて向かい合わせた記号」です。この意味は、相手を必要とする動詞(述部)に使う「と」という意味です。例えば、以下のような動詞は、相手を必要とする動詞で、一人だけでは意味的に十分に成り立ちません。

*意味的に相手を必要とする動詞・・「けんかする」「たたかう」「競う」「けっこんする」「付き合う」「話し合う」「ぶつかる」など

 

助詞「と」の用法(テキスト).jpg

このような動詞に使う「と」を「相手の『と』」と言います。また、助詞「を」や「に」と同じ「関係助詞」です。関係助詞というのは、情報と述部との関係をあらわした助詞ですから、必ず情報と述部をつないで読んでみた時に、意味的にすんなりつながります(つながらない時に使い方が間違っています。例えば、テキストの例文「一郎が二郎とけんかする」では、「一郎が(情報)けんかする(述部)」「二郎と(情報)けんかする(述部)」と結んでみて正しくつながっていれば使い方は正しいことになります)

 

○情報助詞の「と」~「一緒に」の「と」

 これに対して、情報と述部の間ではなく、情報(名詞)と情報(名詞)のあいだをつなぐ「と」というのがあります。テキスト例文(図の下)の「ママが りんごとバナナを 買った」がそうです。

この文では、動詞「買う」に必要な助詞は「を」ですから、かたちの上では、「ママが~を買う」になります。しかし、買ったものが複数あるためこのまま買ったものを入れると「ママが りんご、バナナを買った」となります。必ずしも間違いではないのですが、一般的には、複数のモノを「と」でつなぎ、「りんごバナナ」とします。この時の「と」は、情報と助詞の関係を言っているのではなく、情報間の関係を言っているので「情報助詞」と呼んでいます。

そしてこの「りんごとバナナ」をまとめて一つの大きな名詞としてくくると「ママが~を買う」という「が・を」を使った文型になることがわかります。

助詞「と」の用法(問題).jpg

 

以下、YouTube動画は下記のURLを開いて下さい。

第22回「助詞「と」の二つの使い方?」(11分・字幕付)

 https://youtu.be/BIsSHLeize8

また、今回のYouTube動画の無料テキスト・問題は、以下のURLからダウンロードできます。

22.助詞「と」の使い方(テキスト1・問題1).pdf


┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp