全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

だれでもわかる日本語の読み書き第31回~なにで名詞となにで名詞構成語

今回は、「なにで名詞」について学習します。「なにで名詞」とは聞きなれない品詞ですが国文法でいう「形容動詞」のことです。形容動詞は国文法(学校文法)で使われている文法概念です。「美しい花」も「きれいな花」も名詞「花」を修飾していますが、「美しい」は形容詞、「きれいな」は「形容動詞」です。たしかに、両方とも似たような使われ方をしています。似ているので「形容+動詞」と命名された理由のひとつです。もう一つ、後者の「動詞」のほうは、活用が文語文法の動詞「なり」「たり」の活用と同じ活用をしていることから、「形容+動詞」と命名されたのです。

なにで名詞①.jpgのサムネール画像

しかし、現在の口語文法では「なり・たり」活用はほとんど使われおらず、活用すると考えるよりは、右の図のように、名詞グループの品詞に助動詞や「な・に・で」などがくっついたものと考える方がわかりやすく、理にかなっているということで、国文法(橋本文法)を支持しない研究者は、形容動詞という品詞は使っていません(例えば新村出「広辞苑」、時枝誠記「名詞+助動詞」、江副隆秀「なにで名詞」など)。ここでは難聴児にとって最もわかりやすい「なにで名詞」という名詞グループの品詞名を用いたいと思います(なお、日本の学校教育では国文法が採用されていますが、この理論が「正しい」から採用されているわけではなく戦前からの歴史的経緯の中で採用されているだけで、現在は、この「形容動詞」だけでなく、「格助詞」や「主語」という概念などについても論争があり、未だその論争に決着はついていません)。以下、「なにで名詞について説明します。


学習で使う無料プリント(テキスト・問題)は、下記からダウンロードして下さい。

〇「テキスト・問題」ダウンロード

31.なにで名詞&なにで名詞構成語(テキスト2,問題4).pdf


また、YouTube動画は、下記からご覧になれます。

https://youtu.be/0rOn1pOqSd0


〇学習内容

1.「なにで名詞」とは?

なにで名詞(テキスト①).jpgのサムネール画像

「なにで名詞」は、形容詞のように、もの、こと、心などの様子を表しますが、名詞グル

プなので活用はしません。例文「しずか人」「しずか朝」のように、語幹(しずか)に「な」をつけて、うしろの名詞や時数詞を修飾することができます。 また、語幹(しずか)に「に」をつけて、「しずかする」「しずか歩く」など、動詞を修飾することができます。さらに、語幹(しずか)に「で」をつけて、「しずか美しい人」「し

なにで名詞接続形.pptx.jpg

ずか地味な 性格」などのように、形容詞やなにで名詞の前にもってくることもできます。ほかにも「しずかなら」(仮定)、「しずかだろう・でしょう」(推量)、「静かだ+から」(接続)などの使い方があります。




〇形容詞と混同しやすい「なにで名詞」

右図に示すように、「大きな」「小さな」などは一見すると「なにで名詞」のようにみえ

ますが、これらは形容詞の特殊な形と考えた方がわかりやすいでしょう(国文法では「連体詞」)。

また、「きれい」「とくい」などは形容詞とよく混同し、子どもの日記にも「きれいかった」などの誤りがよくみられますが、これらは「なにで名詞」ですから、「きれいだった」が正しい使い方です。


2.なにで名詞構成語

なにで名詞構成語とは?.pptx.jpg

 名詞、動詞、形容詞、なにで名詞に「~みたい」「~そう」「~よう」「~げ」「~的」をつけると「なにで名詞」と同じ働きをする「なにで名詞構成語」になります。

なお、右ファイルの一番下に似ている「きれいな」という例文がありますが、これは動詞や形容詞、なにで名詞などに「の」をつけて名詞化させたもの(例:「食べるはやめて下さい」「大きいがほしいです」)です。これを「名詞構成語」と言います。働きは名詞と同じです。

ダウンロードできるテキスト・問題の中には「なにで名詞」の反対語の問題がありますので、ぜひ、これはやってみて下さい。また、「なにで名詞」にはどんなことばがあるのか探して、絵入りの一覧表にするのもよいと思います。

なにで名詞問題.pptx.jpg

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp