全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

だれでもわかる日本語の読み書き~第7回「動詞・その2」

第7回の今回は、「動詞②~普通の形とていねいな形」(15分)です。

ユーチューブは以下のところを開いて下さい。また、学習で使う無料プリント(テキスト・問題)は、下記からダウンロードして下さい。

 https://youtu.be/Qp3FUfEaIAk


「テキスト・問題プリント」ダウンロード

⇒7.動詞②(テキスト2枚、問題3枚)

 7.動詞②(テキスト・解答).pdf

 

〇今回の学習内容

前回は「動詞」についての1回目の勉強でした。動詞の表す意味・内容と動詞の語尾の特徴について学習しました。動詞は人や生き物の動作・行動、状態の変化を表すことばです。前者は他動詞で「~が~を~する」というかたちで使うことが多いのに対し、後者は自動詞で、「~が~する」というかたちで使います。また、動詞の基本形の最後の文字は必ず、50音表の「ウ段」です。このことも頭に入れておきたいものです。

 

長い形と短い形.pptx.jpg

 さて、今回は、動詞の活用の前段階として、日本語のふつうの形(いわゆる常体)とていねいな形(同敬体)とについて勉強します。確かに、「常体」は字のごとく日常生活の中で、家族や友達など比較的親しい人との会話でふつうに使います。それに対して「敬体」は、目上の人とか教科書の文章など改まったときに使われます。しかし、丁寧な言い方といっても「昨日、行きました映画は、とても面白かったです」という言い方はしません。「昨日、行った映画は、とても面白かっ

動詞②(テキスト1).pptx.jpgのサムネール画像

です。」と使います。このように、文の途中に来る動詞は敬体ではなく常体になってしまうので、江副文法ではこのような常体・敬体という言い方はせず、単純に「短い形」「長い形」という言い方をします。こうすると、短い形(「~た」)は、文末にも文の途中にも使いますし、長い形(「~ました」)は文末にのみ使うということが的確に表わせます。

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp