全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

だれでもわかる日本語の読み書き~第10回「動詞の活用その2・2グループ動詞」

前回もお話ししましたが、2グループ動詞というのは、国文法でいう「上一段活用」と「下一団活用」の両方をまとめたものです。国文法は、日本語という言語がどのようなしくみになっているのかを学問的に解明した理論です。そのため、日本語を身に付けていない子どもたちがその理論を使って日本語を習得しようとするとかえって混乱します。国文法は微に入り際に渡って細かく分析しているため、日本語が不十分でかつ抽象的思考力も十分に育っていない子どもたちには難しすぎるのです(そのため文科省学習指導要領でも‟日本語を十分身に付けた"中学段階で国文法を学習することになっています)。

しかし、文法理論をシンプルにし、視覚教材を使って、日本語の文のしくみを可視化する工夫を加えることで、きこえない子に日本語をわかりやすく的確に教えるための武器になります。

 

〇学習内容

動詞活用その2~2グループ動詞テキスト.jpg

前回は、1グループ動詞(国文法五段活用)の活用について学習しましたが、今回は2グループ動詞(国文法上一段・下一段活用)について学習します。2グループ動詞の活用は、1グループと比べるとずっと単純ですから、1グループを学習していれば、2グループ動詞の活用はすぐに理解できます。

以下、動詞「食べる」と「着る」を例に、YouTube動画で説明しますので、下記のURLを開いて下さい。

⇒第10回「動詞の活用その2~2グループ動詞」

 https://youtu.be/5BDMVxbzuQA

動詞活用その2~2グループ動詞問題.jpg

 

また、学習で使う無料プリント(テキスト・問題)は、下記からダウンロードして下さい。

「テキスト・問題プリント」ダウンロード・・・本時で使用します。

10.動詞の活用その2~2グループ動詞(テキスト2枚、問題3枚)PDF 

10.動詞の活用2(テキスト・解答).pdf

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp