全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

だれでもわかる日本語の読み書き~第18回「自動詞・他動詞の使い方」

動詞は自動詞と他動詞という二つの種類があります。自動詞は、そのものの動きをあら

自動詞・他動詞の指導①.pptx.jpg

わすときに使う動詞他動詞は、そのものを動かす動きについて使う動詞です。

自動詞は、「まわる、ころがる、かくれる、われる」などのように「~が+自動詞」のかたちで使います。助詞「~を」をとることはありません。

一方で他動詞は、「まわす、ころがす、かくす、わる」など、これらは「~が~を+他動詞」のかたちで使います。


以下、YouTube動画は下記のURLを開いて下さい。

第18回「自動詞・他動詞の使い方」(17分・字幕付)

https://youtu.be/RmQo6H23i5s

また、今回のYouTube動画の無料テキスト・問題は、以下のURLからダウンロードできます。

 18.自動詞・他動詞の使い方(テキスト2・問題4).pdf


〇学習内容

(1)ペアになる動詞をさがそう! 

自動詞他動詞の使い方テキスト1.jpg自動詞・他動詞の中には、よく似た形でペアになるものが沢山あります。関連付けると理解しやすかったり覚えやすいということもあるので、まず、ペアになる動詞をさがしてみましょう。また、それらの動詞には、どんな特徴があるかを考えてみましょう。





★自動詞・他動詞の音韻的・形態的特徴         

 今回とりあげた自動詞・他動詞は特徴がつかみやすいものを選んでいます。ペアになるものを対にして図表(添付ファイル右枠)の中にならべていくと、動詞の音韻的・形態的

自動詞他動詞をさがそう(問題).pptx.jpg

な特徴に気づくと思います。自動詞はいずれも語尾が「る」で終わるものを取り上げています。また、他動詞の多くは語尾が「す」となるものを取り上げています。こうして並べていくと、自動詞は「る」で終わり、他動詞は「す」で終わるものが多いのではないか?と気づきます。もちろん単純にそうではなく、以下のような基本ルールがありますし、細かいルールがあるのですが、以下の3つの基本ルールを知っておくだけでも便利ですのでぜひ一度、「自動詞・他動詞さがし」をするとよいと思います。この動画の無料テキスト・問題にもそのような問題の頁をつくってみました。

①動詞の語尾が「~ア段+る」(例:集る、ある、まるなど)となる動詞は自動詞。

②動詞の語尾が「~れる」(例:かくれる、ぬれる、離れるなど)となる動詞は自動詞。

③動詞の語尾が「~す」(例:うつ、出、残、冷まなど)となる動詞は他動詞。

 

自動詞・他動詞の意味の違い・特徴

自動詞・他動詞の特徴のもう一つは、自動詞はものそのものの動きや変化、他動詞はだ

手話による自動詞・他動詞の区別.pptx.jpg

れかの動作で動作の対象となるものがあるということです。ですので、手話でそれを表現すると、自動詞はそのものの動きをあらわす手話表現(CL表現)になります。

また、他動詞は、ものを動かしている主語の動作になります。前者の表現方法をSASS(サス)といい、後者の表現をHandle(ハンドル)と言います。例えば、「車」の手話表現には、四指と親指を向き合わせて前に進む動作をする手話表現があります(SASS)。これは自動詞のもの(主語)そのものの動き・変化の表現と同じで、これに最後に指差しを入れます。主語を示す手話表現です。「車走っている」という意味ですね。

 また、ハンドルを握って車を運転操作しているような「車」の手話表現もあります(Handle)。これは他動詞の手話表現と同じです。これに最後に自分に指差しをすれば「ぼく運転している」という意味になります。他動詞ですね。このような手話の区別によって、それが自動詞か他動詞かを区別できます。

 

(2)「が」のみをとる自動詞、「が・を」をとる他動詞

自動詞他動詞の使い方テキスト2.jpg

 自動詞は、これまでこのYouTube動画でも学習してきた助詞「が」を使う動詞のことです。 他動詞は助詞「が・を」を使う動詞のことです。ですから、自動詞・他動詞の見分け方から、「ア段+る」の語尾になる動詞と

「~れる」になる動詞は自動詞ですから、常に「~が+自動詞」のかたちで使うた、語尾が「~す」の動詞は他動詞ですから、常に「~が~を+他動詞」というかたちで使うということがわかります。

絵でわかる動詞の学習.pptx.jpg

右上のほうの問題ファイルの解答には、それらがどんな動詞なのかかがわかります。ファイルの図の左側は自動詞、右側は他動詞です。

あと、右のファイルは『絵でわかる動詞の学習』(本会発行)に掲載されている問題です。こちらも参考になりますのでぜひ使ってみてください。

 

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp