全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

豊かな語彙と考える力を育てるには?~小学生のWISCから

聾学校小学部の高学年のWISC知能検査をやっていて、この子たちの幼稚部年長の頃のWISCはどうだったかなあと比べてみると、非言語性の「知覚推理」(非言語的な情報を基に推論する力や新しい情報に基づく課題処理能力を測定)や「処理速度」(単純な視覚情報を素早く正確に順序良く処理したり識別する能力を測定)、「ワーキングメモリー」(聴覚もしくは視覚情報を一時的に記憶にとどめ、その情報を操作する能力を測定)といったところはそれほど大きな違いはありませんが、「言語理解」(言葉の概念をとらえ、言葉を使って推論する力を測定)では伸びている子どもが多いことに気づかされます。言語理解は経験によって左右されるといわれる尺度ですから特段驚くこともないのですが、どこが伸びているのかというと、とりわけ大きいのは「単語」(提示された語の意味や概念を説明できる力を測定)です。この尺度はどの子も年長の時は最も苦手な尺度の一つだったのですが(この項の下の記事をご覧ください。TOP>発達と診断の評価>WISC>豊かな語彙と・・・)、こうしてみると、年長の時にWISCをやって、そこから出てきた課題を保護者に返し、意識して取り組んでもらったことがよかったのかなと思います。では、その頃どんなことに取り組んでもらったのか、いくつか紹介してみたいと思います。

豊かな語彙と考える力を!.jpg

 一つは語彙の拡充です。日常生活で使う言葉は限られています。ですから意識的に子どもが知らない言葉を使うことです。例えば、コップにもいろいろな種類があります。「コップ」だけでなく、グラス、湯呑、ジョッキ、カップ、ワイングラス、コップにもいろいろあることを教えたいものです。

 二つ目は拡充模倣。日常生活は単語だけのやりとりでも成り立ちます。「水!」「ごはん!」だけではなく、きちんとした文で話すことが子どもの構文力を育てます。単語だけで話す子どもはま

二語文を引き出そう.jpgのサムネール画像ずは二語文で話すことから始め、だんだん長く話せるように、また、助詞を正しく入れて話せるようにしてしましょう。

見たものを説明しよう.jpg
 三つ目は、子どもが目を向けているものの様子をしく話すことです。もちろん一方的にではなく子どもとやりとりしながら。ものごとを観察したり描写する力が育ちます。

絵本をたくさん読もう.jpgのサムネール画像四つ目は絵本をたくさん読むこと。絵本にはたくさんのしらないことばが出てきます。でも、そこで出てきたことばは初めてのことばも多いです。頭の中で知ることだけでなく、再現あそびをしたり、そのことばを生活の中で実際に使ってみることです。ことばの意味や概念や使い方を学ぶことができます。再現あそびでは登場人物になりきって演じることでいろいろな立場での気持ちなども知ることができます。

 五つ目は、日常生活の中でのいつもやっていることなどを「なぜ、やるの?」とか「どうすればいい?」とあえて質問してみます。ものごとをしっかりと深くみて、論理的に話す力が育ちます。

考える子どもに育てよう.jpg 

 六つ目、七つ目は、ことばで説明する習慣をつけましょう。出来事をちゃんと説明できるようにしましょう。こうした言語経験の積み重ねを家庭で意識して取り組んでもらったことが、5,6年後の今、小学部高学年のWSCの「言語理解」の伸びにつながったのだろうと思います。

出来事を説明できるようにしよう.pptx.jpgことばで説明する習慣をつけよう.jpg