全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

Jcoss~「比較表現」の指導

Jcoss(ジェイコス・日本語理解検査)の中に「比較表現」という文法項目があります。例えば「犬は ねこより 小さい」「えんぴつは ものさしより ながい」といった同様なパターンの問題文が4つあり、その4つとも正解のとき、 教科書の中での比較表現の指導.jpg「比較問題」は「通過」という評価をします。子どもが「通過」する割合(通過率)を聴児と聴覚障害児で比べると、聴児の場合は低学年(1・2年生)で70%の子が通過しますが、聴覚障害児では10%程度に過ぎません。このような何かと何かを比べる、何かと何かの関係を考えるといった思考は、聴覚障害児が最も苦手とするところで、「受動文」(する、される)とか「授受文」(あげる・もらう・くれる)なども苦手なもののひとつです。とは言ってもやはり教科書の中には、このような文は出てきます。(右図「スイミー」光村図書より) 

 

 子どもの回答パターンで非常に多いのは、例えば「犬は 猫より 小さい」であれば、 江副文法におる比較文の指導.jpg「小さい」に近いほうの単語すなわち「猫」が「小さい」と結びつけて理解するパターンです。このような子どもは、まだ 助詞がわからない子たちなので、「犬 猫 小さい」と単語だけで頭の中にイメージを描き、「猫 小さい」と理解してしまうのです。

 では、この比較表現をどう指導すればよいでしょうか?

 

「より」は、国文法では格助詞に分類され、一つは「正門より入る」といった起点「~から」と同じ意味があります。もう一つは、比較するときに使います。

 右図にある例文「犬は猫より大きい」は、述部が形容詞で終わる「形容詞文」です。『日本語チャレンジ!』(51頁)にもあるように、文の最後が形容詞で終わる「形容詞文」には、基本の文型は2つあり、「Bが大きい」「太郎が正しい」「水が冷たい」などのいわゆる「主語+述部(形容詞)」の第1文型と、もう一つは「太郎はパソコンに詳しい」「次郎はゲームに熱心だ」「花子は地理に疎い」など「~に」を必要とする「主語+~に+述部」の第3文型の二つです(「太郎は詳しい」だけでは何に詳しいのかがわからないので「詳しい」という形容詞には、「~に」にあたる情報がもう一つ必要です)。

 

さて例文「犬は 猫より 小さい」の基本文型は、「犬は 小さい」でほかに情報を必要とせずこれだけで意味的に成り立つので第1文型(主語+形容詞)です(「犬は ~に 小さい」とはなりません)。つまり、この例文で最も言いたいことは「犬は小さい」ということであり、「猫」は、あくまで「犬は小さい」ということを言いたいがために、その比較の対象として持ち出された文を詳しくする「情報」と考えればよいわけです。

そこで、この比較表現を扱う前に、まずこの形容詞文をしっかりと練習することです。

「お湯は 熱い」「水は 冷たい」「りんごは 赤い」「馬は 速い」「熊は 強い」等々。そのうえで、「犬は 小さい」に「~より」という情報を加えます。

この基本がわかれば難しい構文ではありません。

 

因みに江副文法では、「より」を『時数詞構成語』とよんでいます。時数詞とは、期間や範囲をあらわす名詞で、「明日」「来年」「3時」「春」「夕方」などがあり、これらは「明日、行きます」「夕方、雨が降った」のように助詞を省略した使い方が可能です。

時数詞構成語.jpg『時数詞構成語』とは、時数詞と同様な性質をもったことばで「~より」(3時より開始)、「~だけ」(一つだけちょうだい)、「~から」「~まで」(朝から晩まで)、「~くらい」(3分くらいしたら開けて)、「~ずつ」(一つずつ配る)、「~ながら」(食べながら飲む)、「~ばかり」(5分ばかり行くと)、「~きり」(一つきりしかない)などがあり(ほかにもあるが省略)、これらの「時数詞構成語」は、「時数詞」と同様に期間・期限・数量・範囲などをあらわします。

また、「時数詞構成語」のカードの空欄に入る語は、名詞だけでなく、動詞も可能です。例えば「食べるより 飲む方が いい」など。またついでですが、例文「およぐの」は、『名詞構成語』で、動詞に「の」がつくと一つの名詞として扱うことができます。