全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

ことば絵じてんの使い方~実践編

 ことば絵じてんを子どもと一緒に作ったもののどうやって使ったらよいでしょう?という質問をいただくことがあります。そこで今日は、使い方の具体的な例を実際に使っている方の育児記録から引用して紹介してみたいと思います。

 

実践例1「年末大掃除」(乳幼児相談2歳児クラス)

 年末の大掃除をみんなで一緒にやった。ことば絵じてんに「掃除」というページがあるのでその頁をひらいて「どれをやりたい?」ときいてみたら、窓ふきを選んだ。絵の通りに三角巾とエプロンをして掃除を開始。パパにも手伝ってもらい、パパ「わあ、真っ黒だね」などと言いながら窓の内側と外側を一生懸命拭いていた。

バケツに水を貯め、雑巾が汚れたら自分で洗って絞るのにも挑戦。ママ「Cちゃん、どう?雑巾見せて?わーっ、黒いね。汚れたね」C「黒い! 汚れてる! 洗う!」と自分も濡れながら楽しそうにやっていた。

ママ「どうして、雑巾は黒くなったのかな?」C(窓を見ながら)「汚れがついたから」。ママ「そうだね。ほら、窓の汚れがこっち(雑巾)についたんだね。窓はピカピカ。雑巾は真っ黒。ありがとう、Cちゃん」C「どういたしまして(/かまわない/の手話)」

次ははたきをかけたがる。絵を見てC「マスクちょうだい」とマスクをつけてパタパタと

はたきをかけていた」(31か月)

 

一緒に作ったことば絵じてんを上手に使っています。大掃除の意味や概念も絵をみて、自分で実際にからだを動かすことでしっかりと身についていきます。また、途中でママが上手に声掛けをして、窓の汚れが雑巾についていることを窓と雑巾を比較しながら理解させているのも上手です。ママが「どうして?」と問うことで子どもは因果関係を考えながら「~だから」と応えています。

 

次の事例は「絵日記」を使っていますが使い方は同じです。「ゆうびんごっこ」の取り組みが整理されている頁です。

 

実践例2「郵便局」(幼稚部年少クラス)

幼稚部で「ゆうびんごっこ」に取り組んでいるので、学校の帰りに郵便局で手紙に貼る切手を買うことにした。手紙やはがきはポストに投函したことがあるが、 郵便ごっこ絵日記.jpg切手を買うのは初めて。ママ「手紙に貼る切手を買いたいと思うけど、一緒に行ってくれる? どこで売っているのかなあ?」絵日記には「ゆうびんきょく」の頁に、手紙、切手、ポストの絵や写真はあるが郵便局の写真はない。一緒に日記の絵を見ながら、わかるかなあと思っていたが、帰りに「郵便局、ここだよ。切手もあると思う」と教えてくれた。(4歳)

 

同じような事例をもう一例。これは乳幼児相談2歳児さんの記録。

 

実践例3「はがき」(乳幼児相談2歳児クラス)

先日はがきを書いてポストに投函した。出かけた帰りにM「はがきを買いに行こう。でもどこにあるかなあ?ママ忘れちゃった。辞典も持ってきてないし・・」と言うと、「ン?」と考えている。M「パン屋さんに売っているかなあ?」C「・・・」。とにかく探しながら帰ることにしてとりあえずパン屋さんをのぞいてみた。探したがない。M「じゃあ、となりの八百屋さん?」さがしたがそこにもない。そのうちCがはっと思い出した。C「はがきは郵便局にあるよ。」というので、ビルの中にある郵便局に行き、無事、購入できた。帰ってから、もう一度、ことば絵じてんの「ゆうびん」の頁を開いて一緒に見ながら、はがきを買ったこと、切手も売っていて、切手は手紙に貼ることなどを話した。

 

 次は、「ままごと」の中で使った例。

 

実践例4「デザート」(乳幼児相談2歳児クラス)

 ままごとをした。「ママはデザートに果物がいいな。果物はどこにあるのかな?」というと、A子「本ある」とことば絵じてんを持ってきた。M[あったあった、これだね?]とスパゲッティーの絵を指すと、A子「違うよ!」M「あ、間違った。これだ」とステーキを指さすと、「違うよ!」M「え~っ、わからない」と言うと、A子「いちご、りんご、ばなな、ぶどう」と自分で選んで指さした。(2歳9か月)

 

以上の事例は、ことば絵じてんや絵日記で過去に書いた頁を使って、実際の生活やあそびと結びつけ、作った頁をより具体的なイメージがもて、概念が広がるよう取り組んでいます。

 

実践例5「クイズ」(幼稚部年中クラス)

最後はクイズに使っている例。これは写真をご覧ください。「秋の味覚」の頁です。

これは年中さんがママと作った頁です。年中さんなら、 ことば絵じてんでクイズをしよう.jpgこうした頁を使ってクイズを楽しむことができます。「ことばを使ってことばを説明する力」「頭の中にことばやかずを思い浮かべて頭の中で動かすことができる力」は幼児期後半に育てたい大切な力で、それが将来の読み書きの力や学力を支えます。その力を、このような絵を手掛かりにして育てることができます。