全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

ことば絵じてんの作り方と使い方

最近、あちこちで「ことば絵じてん」作りの話をすることが多いです。子どものことばの概念を拡げるには「ことば絵じてん」がとても有効だということはこのホームページの中でことあるごとに書いてきました。そのことがだんだんと理解されてきたように感じます。 そうすると保護者の方からもいろいろな質問が出てきます。「ことば絵じてんって市販されていますがそれではだめなんでしょうか?」いえいえ、それはそれで子どもが興味をもって見るのであればとてもよいと思います。辞典にのっている絵をみながら、お子さんといろいろと想像の世界を拡げていけるでしょう。それは絵本でも図鑑でも同じです。じゃあ、なんのために作るのでしょうか? 

 

○ことばを覚えるということは・・・

 ことばを育てるために大事なことは、「子どもと一緒に生活すること」です。一緒に生活するということは、いっしょに体験を積むということです。体験するということは、イコール、本物に触れることです。本物に触れることは、視覚からだけしか情報として入らない絵や写真と違って、嗅覚や味覚、触覚、聴覚といった様々な感覚からそのものの属性を情報として得ることができるということです。例えば、りんごがどんなものか子どもに知ってほしいと思ったら、「今日はりんご買いに行こう。どこに売っているのかなあ」とスーパーのパンのコーナー、魚のコーナー、野菜や果物のコーナーなどを一緒に探し、見つけたりんごにもいくつかの種類があることを知ったり、みかんなどと比べながら色や皮、重さの違いに気づいたり、買って帰って皮をなが~くむいてみたり切り口の蜜や種を取り出したり、味や香りの特徴に気づきながらりんごを食べてみることで、自分のことばとして「りんご」を獲得していくわけです。また、ワンワン!と激しくほえる犬の様子や声にびっくりしたり、かわいいしぐさや柔らかい毛並みを触ったりする経験を通して、どんなタイプの犬を見ても「いぬ(ワンワン)」をことばとして獲得できるわけです。いかに子ども達にとって本物に触れること、その際に「見る」だけで終わらずに、様々な感覚を使って、ものをとらえることができるようにすることが大切であるかがわかります。このような体験を日々積み重ねながら、さまざまなモノの概念を知っていくのが1歳代から2歳代です。もちろんそこに手話ということばがあってその経験が言語化され、子どもの頭の中に知識として定着していきます。

 

○一つ一つのことばの概念はもっているのに・・・

 このような経験を積み重ねて子どもは一つ一つのモノの名前やそのモノの概念を身につけていきます。みかん、りんご、バナナ、ぶどう、もも、すいか、パイナップル・・と子どもが知っていくことばも増えていくでしょう。そこで、3歳を過ぎたある日、子どもに質問してみます。「○○ちゃん、バナナは果物でしょう? じゃあ、ほかに果物でどんなものがあるかな?」聴こえる子どもで3歳を過ぎた子どもは、この質問に「りんごでしょ、みかんでしょ・・」と、自分が知っているいくつかの果物を具体的に最低2つか3つはあげることができます。ところが、同じ3歳のきこえない子たちはこの質問に応えることができない子が多いのです。なぜでしょう? きこえる子なら起こり得ないことがきこえない子には起きるのです。きこえる子は、例え大人が意図的に「果物」と教えなくても、どこかで「果物」という言葉を聞きかじって知っているのです。園で、テレビで、絵本で・・・親から、兄弟から、祖父母から、友達から、先生から、あるいはお店の人や知らない人から・・・。 

 

  積み上げのしくみ.jpgゼロデシベルのきこえる子ときこえない子のこの差は、本当に驚きます。頭に入って知識として獲得している情報量の差です。モノの名前がカテゴリーで括られ、そのカテゴリーに名前(上位概念)がつけられ(例えば「野菜」「果物」「穀物」)、それらのカテゴリーがさらに集まってさらに上位の概念で括られて(例えば「農産物」)いる。だから小学校5年生で「日本の農業」が学習できるわけですが、こうしたカテゴリーの積み重ねができるかどうかは、将来的に抽象概念の獲得の差になって表れてきますから、ことば獲得のスタートの時からことばをまとめて整理し、頭の中に記憶していくことはとても大切なことなのです。そこで、それを絵 ともくんのことばえじてん~2歳半.jpgや写真でまとめて視覚的に整理するのが「ことば絵じてん」です。といっても実際に生活の中で絵辞典を使って、いろいろなモノ同士の関係が見てわかるようになるのはだいたい2歳以降。この頃になったらことば絵じてんを作って生活の中で使っていくとよいでしょう。右の例は、『子どもとママと担当者と35か月の軌跡』に出てくるとも君の例です。

 

 

○夏休みの体験を「ことば絵じてん」にまとめてみては?

さて、もうすぐ夏休み。子ども達はどのような本物体験を重ねることができるでしょうか。夏ならではの体験をいろいろ思い浮かべてみてください。海に行って、ほどほどに熱い砂の上を裸足で歩かせてみてはどうでしょう。海水と混ざった砂で泥んこ遊びを楽しみましょう。波に作っては崩される山を見て、波の不思議、海、を実感することでしょう。海のしょっぱい水をなめてみるのもびっくりする経験でしょう。岩場があったらカニや貝も探し 夏.JPGてみましょう。山に行けばきれいな星をみることができます。うっとりと空を見上げてみて下さい。蝶やカブトムシ、セミ、トンボやバッタを捕まえて見せてあげるのもいいですね。虫網を持って、童心に返って追いかけてみてはどうでしょう。普段見たことのない大きな飛行機に乗って空から地上を見る体験、フェリーと青い海の上を旅する体験。子どもがワクワクするような体験をぜひしてみて下さい。そして、その時に、「絵日記」にまとめるのもいいし、もう一つの方法として「ことば絵じてん」としてまとめてみるのもよいでしょう。テーマはいろいろ。「夏」「海」「虫」「星」「雲」「飛行機」「旅行」。子どもが実際に経験したことはきっと興味を持つでしょうし、そこからさらに話が広がっていくのではないでしょうか。