全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

あひるは何匹?~発達早期に言語が必要な理由

1歳頃に言語をもつともたないのとでは、ものごとを認識する力が違ってくるという点からその理由を書きたいと思います。 あひるは何匹?.jpg

 まず、次のような実験があります。周りの大人のことばを少しずつ理解しはじめた頃の10か月の赤ちゃんを対象とした実験です(右図参照)。

舞台の上を玩具のあひる(赤ちゃんはまだ「あひる」ということばを知りません)が左から右に動いていきます。途中に衝立があって、左から入ったあひるは、衝立の後ろを通って右端から出ていくように見えます(これは実験者が手で動かしているのですが)。次に、同じあひるが右から入って衝立の向こう側を歩いて左端から出ていくように見えます。

この時、赤ちゃんはあひるが何匹いると思っているでしょうか? 同じように見えるあひるでも似ているだけかもしれないので、2匹という答えもあり得ますが、赤ちゃんは、連続して動いていくものは一つと認識することがわかっているのでこの場合、赤ちゃんは、あひるは1匹と思うはずです。 こんどは何匹?.jpg

 

 次に、隙間のある二つの衝立のある舞台の上を、さきほどと同じように左端からあひるが通っていきます(右図参照)。そして、左の衝立から入ったあひるは右の衝立の右端から出てきます。ところが、衝立の隙間からあひるが歩いていく姿は見えなかったのです。

今度は、右の衝立の右端から同じアヒルが入り、先ほどと同じように隙間からあひるは見えず、左の衝立の左端から出てきます。この場合、赤ちゃんはあひるが何匹いると思っているのでしょうか? 衝立の隙間を通っていく姿は見えなかったので、同じあひるのように見えても実は違うあひるだとわかるのです。あひるは2匹いると推論できるのです。つまり、赤ちゃんは動きの時間的な連続性と空間的な連続性を手掛かりに、いくつのものがあるのかが理解できるのです。ここまでは、言語は関係ありません。言語があるかないかに関わらずこのような認識は可能です。

 

 さて、次の実験は言語が関係してきます(右図参照)。 これはわかるかな?.jpg

 今度は2つのもの(あひると犬)が登場します(赤ちゃんは「いぬ」ということばもまだ知りません)。

最初の実験と同じように、左からあひるが入りますが、右から出てくるのは犬です。そして今度は犬が右から入って、左から出てくるのはあひるです。私たち大人は当然、玩具のあひると玩具の犬は別々に動いているはずだと思います。赤ちゃんはどう思うでしょうか? この一連の動きを見せた後、衝立を取り払います。そこにはあひると犬のおもちゃがなければならないはずです。もし、そこにあひるか犬のどちらかしかなければ、赤ちゃんは驚くはずです。ところが、1個のおもちゃしかなくても赤ちゃんは驚かないのです。

これは何を意味しているのでしょうか? ことばを知らない段階の赤ちゃんは、モノがどんなに見かけ上違っていても、それは関係なく、時間・空間上の動きが連続しているか否かによってだけ、モノが同一のモノかどうかを決めているのです。10か月であればあひると犬の見かけ上の違いは赤ちゃんにもわかっています。しかし、見かけ上の違いではなく、動きの連続性で赤ちゃんはそれが同じモノかどうかを判断しているのです。

そこで、今の実験に「ことば」を加えます。あひるが登場した時は「見て、あひるだね」と、犬が出てきたときは「ほら、犬だよ」などとそのものの名前を言います。そうすると、そのものの名前が初めてきく名前であっても、赤ちゃんはあひると犬がちゃんと別々のモノであると理解し、二つの違ったモノが衝立の後ろで動いているとわかるのです。つまり、見た目ではなく、ことばが同じか違うかを頼りに赤ちゃんは、同一のモノか違うモノかを決めているわけです。

このことから、1歳前の赤ちゃんでも、言葉があるかないかで、ものごとの認識の仕方・深まり方が変わるのだということがわかります。ことばが認識を育てるのです。これまでの聴覚障害教育の中で、きこえない子は「9歳の壁が越えられない」と言われてきましたが、それは結局、発達の初期から言語をもたなかったことが影響しているのではないかと私は考えています。聞こえない子にはまだこの実験をしたことはありませんが、手話という言語を使って、一度、「手話(言語)が赤ちゃん(子ども)の認識(思考)を育てる」ということを確かめてみたいと思っています。