全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

手話からスタートして日本語はいつ頃?

 手話からスタートして、日本語の獲得はどのような過程をとるのか? 

大きく分けて2つのタイプに分かれます。一つは前にも書きましたが、聴覚活用と発語を通して音声言語で日本語を獲得するタイプです。これは中等度難聴の子どもや90デシベル台の高度難聴の子たちに多いです。もちろん、100dB台でも口話併用の手話を使い、家庭が音声に意識的であれば、それは可能です。例えば以下のような例です(育児記録より)。

 

事例1(17か月)100dB 日本語獲得の時期は?.jpg

「のどが渇くと、手をグーにして口に当てて飲むサインをするが、その度に『お茶ほしいの?お茶飲むの?ちょうだいなのー?』と問い掛けていたら、『おちゃー』とたまに言うようになった。二階に行きたい時は『うえー』と言うようになった。毎日のように踏切に電車を見に行くが、最近両手の人差し指を使って踏み切りのまねをするようになった。『シュー』と閉まる音つきなのがおもしろい。」

 

また、音声で発語することばは、ほとんどが手話ですでに獲得された語ですから、一度、手話で意味・概念を獲得した語を音声日本語でもう一度獲得しなおしているということもできるでしょう(言語の二重符号化)。ただ、音声言語が出てくる時期は、1歳代の半ば以降が多いので、まだまだこの時期に「あ」「か」「い」といった日本語の音韻(音節)一つ一つが区別されているわけではありません。音韻意識が出てくるのは、きこえる子でも通常は4歳以降と言われていて、その頃になると『しりとり遊び』(語尾を取り出せる)ができたり『あのつく言葉さがし』(語頭が取り出せる)ができるようになります。こうした音韻意識が持てることは読み書きにはとても大切なことです。

 

では、聴力が厳しく、音声言語からではなく、指文字や文字から日本語獲得するタイプの子たちは、いつごろから獲得が始まるのでしょうか? この子たちの聴力は100dBとか110dB以上といった子どもが多いです。こうしたタイプの子たちは、手話を身につけ、人の名前など限定されたものに指文字を「手話的に」使うようになるのが2歳代の前半あたり、さらに、例えば「電車」が自分の知っている手話という言語とは別の言語(指文字や文字で『でんしゃ』と表せる視覚日本語)であらわせることに気づき(メタ言語認知)、そのことに興味・関心をもち、指文字や文字でさかんに尋ねたり、自分で表現しようとする時期が3歳頃にあります。例えば以下のような例です。

 

事例2(2歳10か月)100dB

「学校の帰りにYが上を見上げて、『さくら』の指文字をしていた。ちょっと曖昧でしたが・・下の方にあったツツジを見て、『さくら』とやるので『ちがうよ。これはつつじ』と返すと、何度も繰り返して指さして『さくら』『つつじ』の指文字を私にやらせていた。」

 

では、指文字や文字で音韻が分解できるのはいつ頃でしょうか? 音声での音韻(音節)分解は平均的には4歳なのですが、指文字や文字で視覚的に日本語を習得している子は、意外に早いのではないかと感じています。例えば、以下のような例です。

 

事例3(30か月)100dB

「A子が指文字表の「ろ」を指して「ケロのろ」、「め」を指して「ヤメピ(ケロとバムシリーズのキャラクター)のめ」、「こ」を指して「B子、C子のこ」と言っていた。"指文字ブーム到来!」

 

日々、指文字や文字で視覚的に日本語の単語を見ているA子は、一つ一つの音韻(音節)の"ならび"によって単語が構成されていることに気づいたのでしょう。音韻分解を自分でやったわけです。濁音や半濁音などどこまでちゃんと音韻分解ができていたのかわかりませんが、もしかしたらこの年齢の頃に文字を紙に書いて『しりとり遊び』をしたり、指文字で『あのつくことばさがし』をしてみたら、意外とできたかもしれません。いつか機会があったら指文字や文字の獲得時期と関連して調べてみたいものです。