全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

抽象語句の指導法は?

『難解語句をどう指導するか?』を再度整理しなおしました。

 

〇手話を使って説明する方法

辞書をひいてそこに書かれていることが理解できるためには一定の思考力と日本語力が必要です。生徒たちはまだ抽象的な思考ができる段階に到達していない、つまり「9歳の壁」を超えることができていないので、自分で調べてもわからないわけです。

 では、どうすればよいのでしょうか? まず、日本語がわからなくても手話を日常的に使っている聾学校の生徒であれば、手話で説明すれば理解できることがかなりあります。

例えば、「配慮」ということばの意味の説明は、儀式のときに手話通訳や字幕等の情報保障があるときとないときのことを想定させ、そのうえで、「問題を解決するためにいろいろな方法をとったり、相手の人に心を配ること」などと手話で説明すれば理解できますし、「配慮」という手話は「思う+世話」で表しますから、その手話を使って説明できるでしょう。同様に「個性」は手話では「個人+性格」で表しますから、その手話を使って生徒一人ひとりの特徴的な性格を考えさせることから「個性」を理解させることができるように思います。

 

 このように日常生活の中での具体的な場面から手話を使ってさまざまな例を出して、語句の意味を説明することができます。これが手話というもう一つの言語をもっている子どもたちのメリットです。かつて聴覚口話法の時代、このような抽象語句も日本語を使って説明しなければならなかったため、生活言語レベルでの日本語もあやしい子どもたちに説明するのは本当に大変でした。これは英語の単語の意味がわからない子に英語で説明しなければならないジレンマと同じです。

私自身、手話を日常的に使っていた聾学校から口話法の聾学校に転勤した時、「これでは『理解』までに時間がかかりすぎる。勉強が遅れるのは当然だ」と、その時思ったのを覚えています。

 

〇ターゲットの語句について分析する方法

 もう一つは、その語句についていろいろな側面から分析して考えさせる方法です。

たとえば「新鮮」ということばに使われている漢字「新」「鮮」という漢字から、生徒が知っている語例えば「新しい」、「鮮やか」(=手話では、「はっきり」または「派手」)などから意味を予想させることができます。また、似たような言葉(類義語・同意語)を探したり、反対の意味の言葉(対義語・反意語)をさがしたりすることでターゲットとする語句の意味を想像することもできます。

 

 さらに、抽象語句を上位概念とする語句には、その下に下位概念として位置づけられるような具体的な例がいくつかあるはずで、それを探します。「新鮮」であれば、朝どり野菜、釣ったばかりの魚、新しく魅力的な服などです。また、「新鮮」の対義語である「陳腐」などの抽象語句にもその下に下位概念としての具体例があるはずです。こうした上位・下位概念からターゲットになっている語句の意味を考えさせ、同時に語彙を広げることも同時にできます。

 

 ついでに言うなら「新鮮」というのは一見名詞のようですが、実は「なにで名詞」(=形容動詞)です。

「なにで名詞」を学習した経験を思い出させることで、その使い方が理解できるでしょう「新鮮」の次には名詞が来るのがルールですから「新鮮野菜」と例文を作れます。「新鮮」には、「動詞」が次に来るのがルールですから、「新鮮感じる」と例文が作れます。「新鮮」には、形容詞やなにで名詞が来るのがルールですから「新鮮さわやかな空気」と例文が作れます。


〇必ず、例文づくり抽象語句の指導.jpg

 意味が理解できたら、上記のように例文を必ず作ります。例文を実際に作ることで、その語句の使い方(運用)を知ることができます。

 以上のことをまとめると右図のようになります。このような図式のノートを作って、そこに言葉を入れていく『ことばノート』を作ってみてはどうでしょうか?