全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

日本語に文型はあるの?

 私達が日々、話したり、読んだりしている文は、決まった文の形でできているのでしょうか? もしそうだとしたら、その文型はどのようなものでしょうか? 

 きこえる人は幼い頃からの自然な会話の中で、その基本の文型を自然に身につけていきます。しかし、きこえないというハンディをもっていると、なかなか自然に身につけるということが難しくなります。では、その文型とはどのようなものでしょうか?  bunnkei.jpg

 

 日本語の基本文型は、だいたい下の5つと言われています(右図は動詞文のみ)。そして名詞で終わる文型は1のみ、形容詞で終わる文型は1と3、動詞で終わる文型は5つで、文の文末は動詞になることが圧倒的に多いことがわかります。そしてこの基本の文型に様々な修飾語句が加わって長い文ができあがっています。

 

1.「~が+動詞・形容詞・名詞」例「雨が降る」「空が 青い」「これがレモンです」

 2.「~が~を+動詞」 例「私が 窓を あけました」

 3.「~が~に+動詞・形容詞」例「弟が 幼稚園に 行った」「姉は 妹に 優しい」

 4.「~が~と+動詞」 例「兄が 同級生と 結婚した」 

 5.「~が~に~を+動詞」 例「父が 母に おみやげを 渡した」

  白い帽子.JPG

 では、実際に使われている文がどの文型なのか、調べてみましょう。以下は、国語教科書4年上(光村図書、学校図書)に出てくる「白いぼうし」(あまんきみこ作)の最初の部分です。実際には、修飾語句が沢山使われているので一見複雑ですが、骨格は、上の5つに収まります。(漢字使用、数字は筆者がつけたもの)

 

(1)「これは、レモンのにおいですか?」

(2)堀ばたで乗せたお客の紳士が、話しかけました。

(3)「いいえ、夏みかんですよ。」

(4)「信号が赤なので、ブレーキをかけてから、運転手の松井さんは、にこにこして答えました。

(5)今日は、6月の始め。

(6)夏がいきなり始まったような暑い日です。

(7)松井さんもお客も、白いワイシャツのそでを、腕までたくし上げていました。・・・

 

以上の文は、どの文型に当てはまるでしょうか。

まず(1)ですが、「これ、レモンのにおいですか?」 

「~は+名詞(+です)」の文型にあてはまりますから、文型1ですね。 

(2)(堀ばたで 乗せた) お客の紳士、話しかけました。=文型1

(3)「(いいえ)、(「これは」が省略)夏みかんですよ。」=文型1(文末は名詞)

(4) 信号が赤なので)、(ブレーキをかけてから)、運転手の松井さん、(にこにこして)答えました。=文型1(「松井さんは答えました」が、文の土台です)

(5)今日、6月の始め。=文型1(文末は名詞)

(6)(「今日」が省略)(夏がいきなり始まったような)暑い日です。=文型1(文末は名詞)

(7)松井さんお客、(白い)ワイシャツのそで、(腕まで)たくし上げていました。  =文型2(~が~を+動詞)

 

 この物語の冒頭の部分はほとんど文型1で、文型2が一つだけです。そして、これらの文 基本文型.jpg型は「主語」(だれ・なにが)、「目的語」(なにを)、「述語」(どうした・どうだ)、という文の主要なパーツ(必須成分)で成り立っていて、これらのパーツに「修飾語句」が掛かって、文が詳しく、そのぶん長くなっているわけです。しかし、私たちは文を読むときに、自然にそのパーツを頭のなかでほとんど無意識に読みとり、文の構造を読みとって解釈しています。例えば、「食べたよ~」ということばを聞いた時、自動的に「なにを?」とききたくなります。つまり、「食べた」という動詞には、「~を」ということばがセットになっていて、「~が~を+動詞」のかたちで使うのが普通なのです。ですから「食べた」という動詞をきくと、「なにを」という部分を補いたくなるのです。また、「ごはんを」ときくと、次にどんな動詞がくるかを私たちは予想しています。普通は「食べた」が多いですよね。もちろん、「ごはんを」の次に来る動詞は、「食べる」だけではなく、「とぐ」かもしれないし「捨てた」かもしれません。それはこの「ごはんを」が使われた時の文脈があるので、それらを手がかりにどんな動詞が来るのかが予想できるわけです。 基本文型で分解.jpg

 しかし、きこえない子は、動詞の数も少なければ、このような文型に慣れてもいません。日本語には省略も多いです(上の「白いぼうし」でも省略がありますね)。ですから自然に身につけるのはけっこう難しい。そこで、基本の文型を意識的・意図的に指導する必要があるわけです。教科書の文を指導するときも、このような文型分けをしながら指導するとよいと思います。右図は国語教科書単元「ごんぎつね」を文型分けして模造紙に書いたものです。どの文型にあてはまるか考えてみてください。いずれもちゃんと、上の5つの文型のどれかになるはずです。