全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

比較表現「~より」(助詞)の指導法は?

 ある聾学校の先生から質問をいただきました。以下に引用します。

 

 先日、「AはBより~」が理解できていない児童に、「~より」の表現の指導をしようと教員間で話し合い、算数や普段の生活の中で「~より~」の文章をできるだけ使って(手話と文字表現を一緒に使う)話すように心掛けました。そうすると、児童の手話表現の中に「~より~」の手話が出てくるようになってきました。

 しかし、まだ「AはBより~」という文章の時、AとBを逆にしてしまうことがあります。どちらを基本にして比べるのかというところで、躓いているように思います。

 今は、文型を覚えて、そこに当てはめて考えているように思われます。なので、少し応用させた文章になると間違ってしまいます。どうやって教えてあげようかと悩んでいます。比較の「~より」のよい指導方法があったら教えて下さい。

 

 「より」は、国文法では格助詞に分類され、一つは「正門より入る」といった起点「~から」と同じ意味がありますが、もう一つは、今、ここで問題となっているような比較の意味があります。難聴児の多くが混乱するのは、「AはBより大きい」などの文で、どちらが大きいのかがわからなくて、「より」の前(近く)にある「B」のほうが大きいと答える子どもたちが少なくありません。どう指導すればよいでしょうか? 比較表現の指導1.jpg

 

 右図の文はJcossという検査にある問題文の一例です。

「包丁は鉛筆より長い」は、述部が形容詞で終わる「形容詞文」です(『日本語チャレンジ!』51頁参照)。文の最後が形容詞で終わる「形容詞文」には、適用可能な基本文型は2つあり、「A大きい」「太郎正しい」「水冷たい」などのいわゆる「主語+述部(形容詞)」の第1文型と、もう一つは「太郎パソコン詳しい」「花子地理疎い」など「~に」を必要とする「主語+~に+述部」の第3文型の二つです(「太郎は詳しい」だけでは何に詳しいのかがわからないので「詳しい」という形容詞には、「~に」にあたる情報がもう一つ必要です)。

 

さて例文「包丁は鉛筆より長い」の「長い」は、「~に」にあたる情報を必要としないので(「包丁は~に長い」とは言わない)基本文型は第1文型の「主語+形容詞」で、「包丁は長い」がこの文の基本となる文型です。 自動詞.jpgつまり、この例文で最も言いたいことは「包丁は長い」ということであり、「鉛筆」は、あくまで「包丁が長い」ということを言いたいがために、その比較の対象として持ち出されたと考えればよいわけです。言い換えれば、助詞「が」(は)は、「が」(は)が指し示しているそのものについて言っているので、それを指し示す視覚教材(品詞カード・右の写真のようなカード)を作るとわかりやすいです。

  比較表現の指導2.jpg

因みに江副文法では、「より」を助詞として扱わず、『時数詞構成語』として扱っています。時数詞とは、期間や範囲をあらわす名詞で、「明日」「来年」「3時」「春」「夕方」などがあり、これらは「明日、行きます」「夕方、雨が降った」のように助詞を省略した使い方が可能です。

『時数詞構成語』も、時数詞と同様な性質をもったことばで「~より」(3時より開始)、「~だけ」(一つだけちょうだい)、「~から」「~まで」(朝から晩まで)、「~くらい」(3分くらいしたら開けて)、「~ずつ」(一つずつ配る)、「~ながら」(食べながら飲む)、「~ばかり」(5分ばかり行くと)、「~きり」(一つきりしかない)などがあり(ほかにもあるが省略)、これらの「時数詞構成語」は、「時数詞」と同様に期間・期限・数量・範囲などをあらわします。 比較表現の指導3.jpg

また、「時数詞構成語」のカードの空欄に入る語は、図の例文のように名詞だけでなく、「食べ終わるまで」など、動詞も可能です。

 

さらに、文が複雑になったり、比較の対象が増えるときには、右図のように構文図の右端に関係がわかるように線分図を書き込み、比較しあうモノの名前を線上に書き込んで、理解しやすくします。

 

このような方法をとることで、「比較3問題」(本ホームページ>発達と診断>「この問 比較表現の指導4.jpg 題できますか?」参照)の3つ目の問題(下の問題) も比較的に容易に解くことができます。

A町、B町、C町、D町、4つの町がある。A町はC町より大きく、C町はB町より小さい。B町はA町より大きく、D町はA町の次に大きい。大きい順番を書きなさい。」

 

最初の質問に戻りますが、比較を表す言い方を学習するときに、ただ文で言わせるだけでは子どもにはわかりにくいので、視覚的な教材を準備し、「見てわかる」方法を使うとよいと思います。 比較カード.jpg 比較学習教材.jpgのサムネール画像 上の写真は、ある幼児の保護者が作った教材です。このようなカードを使うことで、子どもは、ラクに楽しく興味を持って比較文について学ぶことができます。 比較文.jpg

また、右の写真は、都内のあるろう学校で比較表現を指導するときに使われていた「比較表現お助けカード」です。分からなくなった時に、このお助けカードを使って学習するわけです。このような工夫も大切だと思います。