全国の難聴児のための早期支援、聴覚障害教育の情報提供、教材などの紹介を発信します。

「宙に舞う」「宙で舞う」「宙を舞う」~文を正確に理解するための文法知識

〇場所を表す「に・で・を」の意味

 「宙舞う」「宙舞う」「宙舞う」これらはいずれも意味が違います。ではどのように違うのでしょうか? 

 場所に関わる格助詞にはいくつかの種類(に、で、を、より、から、まで等)がありますが、きこえない子に難しいのは、一文字の格助詞「に、で、を」を、どのようなときに使うのかということでしょう。これらの助詞には以下のような使い方があります。

 (1)場所の「に」

①その場所が行先・到達点をあらわす(行先・目的地の「に」)【例】「風呂入る」

②その場所が存在する所をあらわす(存在の「に」)【例】「風呂ある」

(2)場所の「で」

その場所で行為・動作をすること(場所の「で」)【例】「風呂あそぶ」

(3)場所の「を」

①その場所を通過するとき(通過の「を」)【例】「風呂通る」

②その場所を離れる・出発点をあらわす(出発点の「を」)【例】「風呂出る」

 

助詞手話記号~チャレンジより.pptx.jpg上記の場所に関する助詞の意味を視覚的にわかりやす表したものが「助詞手話記号」です。またこれらの助詞の意味は手話のない「助詞記号」でも表すことができますが、少し抽象的な記号になるので低学年には、「助詞手話記号」を使うほうがわかりやすいです。

このような助詞の違いから「宙 舞う」「宙 舞う」「宙 舞う」を考えると、

・「宙 舞う」⇒宙が「行先・目的地」な

宙に・で・を舞う.pptx.jpgので、ファイルの右端の図のようなイメージになります。

・「宙 舞う」⇒「宙」は舞う「場所」なので一定時間持続してそこ(宙)で舞い続けるという意味になります。

・「宙 舞う」⇒「宙」を比較的短時間の間に通過して行ったということになります。*対象の「を」と考えると「で」に近い動きと考えることも可能です。  


〇教科書の文章を正確に読み取るために小4上国語『白い帽子』から

白いぼうし冒頭.pptx.jpgこうした違いがわかって初めて、教科書に出てくる文の意味を正しく理解し、その情景がイメージできることになります。では、教科書の中の次の文はどのような情景になるでしょうか。光村図書や学校図書の4年上の国語に出てくる『白いぼうし』(あまんきみこ作)から取り出してみます。(  )の中にはどのような助詞が入るでしょうか?(*漢字使用) 

・・・「これは、レモンですか」。堀端(  )乗せたお客の紳士が、話しかけました。

 作品の冒頭の部分です。堀端は「場所」で、その場所でタクシーに乗せるという行為が行われていますから「堀端 乗せたお客の紳士」です。

②・・・信号が青に変わると、たくさんの車が一斉に走り出しました。その大通り(  )曲がって、細い裏通り(  )入った所(  )、紳士は降りていきました。

 タクシーに乗って移動中、大通りに差し掛かり、タクシーは曲がって行きますから、「その大通り 曲がって」。通過の「を」が使われています。 場所の「で」でも間違いとは言えませんが、「で」の場合は、そこで一定時間なにかをしているというイメージが強くなります。ここはタクシーで移動している場面ですから、通過の「を」のほうが場面に合っていると思います。

 次の「細い裏通り(  )入った所(  )紳士は降りていきました。」はどうでしょう?  ここは、「細い裏通り 入った所、紳士は降りて」となっています。前者は、通過点として考えれば「を」もあり得ると思いますが、ここはタクシーの行先・目的地ですから行先の「に」が使われています。また、後者はその場での行為ですから、場所の「で」が使われています。

 

③・・・もんしろちょうです。あわてて帽子をふり回しました。そんな松井さんの目の前(  )ちょうはひらひら高く舞い上がると、並木の緑の向こう(  )見えなくなってしまいました。

白いぼうし1.pptx.jpg

 前者は「目の前 ちょうは・・舞い上がる」もあり得ますが、ここでは「目の前 ・・まい上がる」で、通過の「を」が使われています。「目の前」であれば松井さんの目の前でしばらく舞っていたことになりますが、通過の「を」なので、比較的短時間でその場(=目の前)を通り過ぎたことになります。蝶は常にひらひらと舞い、移動しているのです。そして、「並木の緑の向こう 見えなくなってしまい」ます。ここは行先の「に」です。

 

④・・・そこは、小さな団地の小さな野原でした。白いちょうが、二十も三十も、いえ、もっとたくさん飛んでいました。クローバーが青々と広がり、綿毛と黄色の花の交ざったたんぽぽが、点々の模様になって咲いています。その上(  )踊るように飛んでいるちょうをぼんやりと見ているうち、松井さんには、こんな声がきこえてきました。「よかったね。」「よかったよ。」「よかったね。」「よかったよ。」それは、シャボン玉のはじけるような、小さな小さな声でした。

白いぼうし2.pptx.jpg

 ここで使われているのは「その上、・・飛んでいるちょう」で、通過の「を」です。その上、・・飛んでいるちょう」でもよいのかなとも思いますが、ひらひらと舞い、移動している蝶なので、やはりこの場面も野原の上移動しているという統一された蝶のイメージで描かれているのだろうと思います。

 

〇助詞の意味・用法を身につけることの大切さ

新・日本語チャレンジ表紙.jpgのサムネール画像助詞は使い方で大きく意味を変えてしまう場合もあれば、ここでの使い方のように、微妙に意味が変わる場合もあります。とくに文学作品の中では、微妙な使いわけがなされています。そこまで深く読み取ることは、きこえない子にはかなりハードな作業です。しかし、助詞の使い方を意識的に取り上げ指導することで、その意味の違いを理解させることは可能です。

まず、基本的な助詞の意味・用法をきちんと学習することが先決ですが、きこえる子に準拠した国語の教科書ではそのような指導は行われませんし、扱う時間も設定されてはいません。日本語の基本的な語彙・文法は自然獲得しているということが前提になっているからです。ですから、きこえない子には、まず、助詞などの用法を意図的に取り上げ、しっかりと身につけさせる指導が必要だと思います。上のテキストは日本で唯一の助詞学習用テキストです。CDと併せて購入すると割引になり、たくさんの練習問題やテスト問題をダウンロードできます。(難聴児支援教材研究会発行,1,600円) 

┃難聴児支援教材研究会
 代表 木島照夫

〒145‐0063
東京都大田区南千束2-10-14-505 木島方
TEL / FAX:03-6421-9735

mail:nanchosien@yahoo.co.jp